ゴルファボ TOP上達法スイングプレーンを大きくするためのフォローの作り方【右腕編】

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

スイングプレーンを大きくするためのフォローの作り方【右腕編】

飛ばし屋の間で流行中の新ドリル!お手軽なのに効果抜群!ドライバーの練習といえば練習場で行うイメージですが、自宅でもできるドリルもあります。右腕が伸びフォロースルーが大きくなるドリル。気軽にできるのに効果抜群のトレーニング方法をご紹介します。

フォロースルー…これが決まればドライバーの飛距離はアップします!スイング中は体が連動して動いているので、微調整がしにくいですよね。だからこそ、フォロースルーの作り方を体の覚えこませる必要があります。右腕を伸ばす方法を身につけ最高のスイングを手に入れましょう!

ある調査によりますと、最近のアマチュアゴルファーは右脇が開き、左肘が引けている人が多いことが判明しています。なかにはスイング中、腕が1回も伸びない人もいるとか…

フォロースルーで腕が伸びない人は、ほとんどインパクトの前から肘が曲がっていて、そのままスイングしてしまうから腕が伸びない小さなフォロースルーになっています。

今回はヘッドカバーを使って、右腕を伸ばしドライバーの飛距離をアップさせるドリルをご紹介します。ぜひ試してみてください!

大きいフォロースルーで右腕を伸ばす方法

腕が伸びないスイングは、曲がるし飛ばない!

フォローで腕が伸びない人は、インパクト直前で肘が曲がっているので、フォロースルーで腕が伸びないままスイングをしています。その原因は、右脇が開くからです。特に右手でボールを当てにいくとタメができずに右脇があき、左腕が邪魔になるので、左肘を引いてしまいます。

肘が曲がったままのスイングは、スイングプレーンが安定しません。とても効率の悪いスイングなので、本来出るはずの飛距離を殺してしまっています。

肘を伸ばすには下半身の動きも大切になります。特に右足の粘りが必要です!

実践!フォローの作り方習得ドリル

①ドライバーのヘッドカバーをご用意ください。クラブを持たずにヘッドカバーを右脇に挟んでください。最初はクラブを持たずにシャドウスイングを行っていきます。

脇に挟んだ状態から、トップのポジションを作り、ダウンスイングで腕を降ろしてきてください。

②ダウンスイングでヘッドカバーを落とさずに、フォロースルーにかけてヘッドカバーを落としていきます。

右脇に挟むドリルの注意点

ヘッドカバーを右脇に挟むドリルは、以前に聞いたことがあると思いますが、多くの方は、ダウンスイングだけで終わってしまっています。ヘッドカバーを使ったドリルでは、ダウンスイングのみで終わらないようにしてください。

トップのポジションからダウンスイングで右脇のヘッドカバーを落とさないようにして、フォロースルーまで粘ってヘッドカバーを地面に落とします。フォロースルーでヘッドカバーを落とすことによって、大きいフォロースルーを作ることができます。

フォロースルーで右腕が伸びた状態になると、右脇に挟んだヘッドカバーは、自然に地面に落ちるようになります。慣れてきたら、シャドウスイングのスピードを徐々にアップして行ってください。

正しいヘッドカバーの落ちる場所

自分の体よりも左側、左足側に落ちるのが理想的になります。例えば、右側にヘッドカバーが落ちる場合は、ダウンスイングで右脇が開いてしまっていることになります。

ダウンスイングのときにはヘッドカバーを落とさず、フォロースルーにかけて、ヘッドカバーを体の左側に飛ばしていく感じになります。ヘッドカバーの落ちる場所が左側になればなるほど、フォロースルーにかけてしっかり加速ができて、右腕が伸びているということになります。

フォロースルーをさらに大きくする裏技です。劇的な飛距離アップが期待できます!↓↓↓

まとめ

右脇にヘッドカバーを挟んでする練習ドリルは、やり方を間違えて自分の右側に落とすと逆効果になります。今回ご紹介した方法を試していただき、できるだけ遠くにヘッドカバーを落とすことを意識して練習してみてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

特集一覧