プロが動画で教えるゴルフメディア

プロゴル

プロゴル上達法ヘッドの加速に欠かせない理想的なスイング方法について

ヘッドの加速に欠かせない理想的なスイング方法について

上達法

  • 動画あり
  • 1

ゴルフスイングに大切な要素、「ヘッドスピード」を上げるには、
インパクトの直前から直後にかけてヘッドを加速させることが重要になります。

ヘッドスピードを上げて
フォロースルーを大きくとれば飛距離が出る!

そう聞いて力いっぱいフルスイングしてみたけど、
全然飛距離が出なかった・・・

ゴルファーあるあるですね。

力いっぱい振ることと、ヘッドを加速させるという事は少し違うんです。

力いっぱい振っても飛距離は出ませんが、
ヘッドが加速すれば飛距離は確実に伸びます。

フォロースルーで左腕が窮屈に縮こまってはいませんか?

窮屈なスイングでは力も上手く伝えられず、飛距離は出ません。

窮屈なフォームを改善し、ヘッドスピードを上げることができれば、
飛距離を稼ぐことが出来、スコアアップの大きな武器となります。

スイングを加速させるための、効果的な練習法を伝授します。

インパクトの直前から直後にかけて
ヘッドを加速させる

ヘッドスピードを上げるための練習法

クラブヘッドがインパクトの直前から直後にかけてしっかり加速して、
スイング出来れば、フィニッシュまでの一連の動きが大きくなります。

大きいフォロースルーを身に付けるために、
インパクトの直前から直後にかけて右手をグリップから離し、左手だけで行ってください。

最後は左手一本で振り終わる感じです。
右腕が離れた分、左手一本で大きなフォロースルーが出来るはずです。

そして遠心力で大きな軌道を描きながら、
ヘッドが加速してく感覚も分かると思います。

このイメージを大切にしましょう。

飛距離が出ない最大の原因は、インパクト前にスイングの
最速スピードが出てしまう
ことです。
インパクト直後に最速スピードを出せればヘッドスピードは飛躍的に上がります。

ヘッドスピードが出ない窮屈なスイングの原因は右腕にあった

インパクトの直前から直後にかけて、右手をグリップから離し左手だけでフォロースルーを行うと、
左手とクラブが一直線という理想的な状態になります。

実は、フォローが窮屈になる原因は右腕にあったのです。

 

フォローを右腕で振ると、左腕が窮屈になりヘッドスピードが下がって飛距離が出なくなります。

右手を放すエクササイズで、左腕をまっすぐ伸ばすスムーズなフォロースルーを
するためのイメージを体に植え付けましょう。

そして最後は素振りの余韻を残したまま、右手を元に戻しスイングすれば、
スイングスピ-ドを加速させる理想的なフォームに近づいていくはずです。

まとめ

  • インパクトの直前から直後にかけてヘッドを加速させる
  • フォローを右腕で振ると、左腕が窮屈になり飛距離が出なくなる
  • 右手をグリップから離し、左手だけでスイング練習することでクラブスピードを上げる感覚が身に付く

シェアする

この記事を書いたライター

プロゴル編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

プロゴル編集部

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。神奈川県茅ヶ崎を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。