ゴルファボ TOP上達法ラフからアプローチ打ち方のコツとシーン別の注意点

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

ラフからアプローチ打ち方のコツとシーン別の注意点

初心者も要チェック!ラフからのアプローチのコツをお伝えします!ラフから打つとどうしても飛距離が合わない人は必見、寄せるためのポイントをまとめて紹介しています。小技の腕も磨いてゴルフの上達とスコアアップにつなげていきましょう!

ラフからのアプローチで力加減が分からず、強過ぎてオーバーしたり、逆に弱すぎてグリーンにまったく届かなかったりした経験はありませんか?

ラフからのアプローチはゴルフのプロでも難しいショットの一つです。芝が絡むことでゴルフクラブへの抵抗力が加わり、通常とは違った感覚での練習が必要となります。

グリーン周りにはラフが必ずあり、状況は違えどラウンド中は何度もアプローチを打つ機会が来ると思います。この一打を寄せられるか否かで、スコアアップや100切りに大きな差が出てきます。

コース上のラフに入ってしまったボールを確実に打つにはコツがあります。今回は、ヘッドをしっかり加速させて確実に寄せる上達レッスンを紹介します。

ラフからのアプローチのスイング

通常のショットとの一番の違いは、ラフの場合クラブに対する抵抗が大きくなることです。ボールとフェース面の間に芝が入るため、たとえば通常の感覚で打つと、ラフからでは同じ飛距離が出ないことになってしまいます。

スイングのポイント

 

ラフからのアプローチではダウンスイングでヘッドが失速しないように気を付けなければいけません。インパクトにかけては芝の抵抗力もありクラブは失速したり、あるいは止まってしまいがちです。クラブが失速してしまうとしっかり飛んでくれません。

ダウンスイングでは適度にヘッドを加速させて打てる、というのが理想的です。しっかり加速させてインパクトすることが上達の秘訣です。

ラフからのショットの注意点

ラフからのアプローチショットでは、ヘッドを加速させようとするときに上から下に打ち込みすぎないよう気を付けてください。

一見すると上から下に打ち込んだ方がスピードも加速して打てそうですが、打ち込んでしまうとロフト角が立ってしまいライナーのような弾道になってしまい、グリーン上に上手く寄せることはできません。

適切なロフト角を保つためにも打ち込み過ぎには注意しましょう。

アプローチを寄せる為のコツ

前述したようにラフからのショットには芝の抵抗があるため、アドレスやスイングに通常とは違ったポイントがあります。そちらのレッスンについて紹介していきます。

アドレスのコツ

まずは、通常のアドレスから少しだけフェース面を開いて構えてみましょう。フェース面を開くことでロフト角が寝るので、バウンス角を使いやすくなりフワッとした球が打ちやすくなります。

スイングのコツ

また、ダウンスイングで適度に下をくぐらせることを心がけましょう。ラフから打つときは、ゴルフクラブのヘッドをボールの下にくぐらせるようにしてみてください。クラブのバウンスを使って滑らせるようなイメージが大切です。

グリップのコツ

ラフからのアプローチの場合、どうしても芝の抵抗の問題があります。そのためグリップについてもある程度、しっかり握る必要があります。力の入りすぎは禁物ですが、普段よりも少し意識して握るようにしましょう。また、その際にグリップを短めに持つことも大切です。草の影響に負けないようにこうした点も意識しておきましょう。

ラフの状態に合わせたアプローチ

ラフの中からアプローチをすると一言で表しても、実際の状態はさまざまだと思います。同じくらい沈んでいたとしても季節や草の状態によっても抵抗は変わってきます。そのために状況をしっかり見極めることも大切になってきます。

ラフの中に入ってしまった場合は、打つ前に状況をしっかり確認しましょう。ボールがあるところの近くで一度、素振りをしてみて芝の状態などを確認してみましょう。

浅いラフ

浅いラフに入ったのであれば、それほどスイングは難しくありません。状況をよく確認して通常のアプローチと同様に打つことを心がけましょう。ただ、注意をしてほしいのがフライヤーです。これはボールとクラブの間に芝が挟まり、バックスピンがかからなくなり、飛距離がいつも以上に出てしまうこと、さらにスピンがかからないために止まりにくくなってしまいます。

ただ、フライヤーはある程度のヘッドスピードがある状態で生じるものなので、ゆったりしたスイングを心がけること、あるいは番手を落としたクラブを選択することで防ぐことができます。

深いラフ

深いラフに入った場合は注意が必要です。しっかりと状況を見極めるようにしましょう。まずは芝の向きが順目か逆目か。また球がどれだけ沈んでいるかどうか。この2つの要素によって対応が変わってきます。

ラフが順目の場合は芝がそれほど絡まないため、心配はありません。また、球が半分以上見えているようであれば、浮いている状態なので当てにくいということはありません。

問題なのは半分以上、ボールが沈んでいてかつ逆目の状態のときです。PWやSWなどでまずは脱出することを最優先に考えて打ちましょう。

深いラフから脱出するためのさらに詳しい解説はこちら!動画でわかりやすく解説します。↓↓↓

状況に合わせた打ち方

ラフからのアプローチについては浮かせるか転がすかという、2通りの考え方があります。基本的には転がせる状況であればうまく転がして寄せることを考えるのがベターです。浅いラフに入っている場合や、多少、沈んだ状態であっても順目であれば浮いた状態から転がして打つことができます。

逆目の場合は気をつけなくてはいけません。それほど深くボールが沈んでいる状態でなければ転がすことも可能ですが、半分以上沈んでいると、そこからランニングでアプローチすることは困難になります。こちらもまずは出すことが最優先。SWやPWなどを使ってラフから脱出することを第一に考えましょう。

使用するクラブ

ラフにつかまった状況であっても、浅いラフに入った場合やボールがそれほど沈んでいなければ、ミドルアイアンを使用することも可能です。まずは状況をしっかりと把握して対応をしましょう。逆に、深いラフにつかまってボールが沈み、芝が逆目になっているような状況では無理はできません。SWやPWを使用して確実に出すことを考えます。

さらに上達したい方はこちら!バックスピンをかけてボールを止めるかっこいいアプローチの仕方をこちらで身に付けてください!

まとめ

ラフからのアプローチショットを上達させるコツは、まずヘッドをしっかり加速させる事、打ち込み過ぎないことです。また、フェース面を少し開いてバウンスを滑らすようにすることもポイントとなります。

また、ラフから打ち出すときには状況の見極めがもっとも大切になります。それに合わせて打ち方やクラブの選択も工夫してみてください。

実際に試してみないとなかなかイメージがわかないということもあるかと思います。そうした練習ができる環境がある方は何度か試してイメージをつかんでもらうのもいいでしょう。ラフでの感覚を習得して実際のラウンドに役立ててみてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

特集一覧