ゴルファボ TOP上達法中度のラフからのアプローチショットの打ち方

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

中度のラフからのアプローチショットの打ち方

ラフに埋まったボールを確実に打つにはコツがあります。力任せに打ってしまうとダフって全く寄らなかったり、逆にトップして反対側のハザードに飛び込んだりします。ヘッドをしっかり加速させて確実に寄せるための秘訣のご紹介です!

ラフからのアプローチは非常に難しいショットの一つです。
ラフよるクラブへの抵抗力が加わることで、通常のアプローチとは違った感覚が必要となります。

ボールを打つ時の力加減が分からず、強く打ち過ぎてオーバーしたり、逆に弱すぎてグリーンにまったく届かなかった経験ありませんか?
グリーン周りにはラフが必ずあり、深さの度合いは違えどラウンド中は何度もアプローチを打つ機会が来ると思います。
このラフからの一打を一発で決めたか否かで、スコアに大きな差が出てきます。

今回はボールが半分程度埋まった状態のラフからのアプローチショットに特化したレッスンをご紹介いたします。

ラフからのアプローチの打ち方

ラフからのアプロ―チの注意点

ラフからのアプローチではダウンスイングでヘッドが失速しないように気を付けなければいけません。

しかしインパクトにかけて草の抵抗力もありクラブは失速、または止まってしまいがちです。

クラブが失速してしまうとボールはしっかり飛んでくれません。

ヘッドをしっかり加速させてインパクトするように心がけましょう。

ヘッドを加速させるときの注意点

アプローチでは、ヘッドを加速させようとするときに上から下に打ち込みすぎないよう気を付けてください

一見すると打ち込んだ方がスピードも加速して打てそうですが、打ち込んでしまうとロフト角が立ってしまいライナーのような弾道になってしまい、ラフから上手く寄せることはでません。

適切なロフト角で打つためにも打ち込み過ぎには注意しましょう。

アプローチのコツ

①通常のアドレスから少しだけフェイス面を開いて構える
フェイス面を開くことでロフト角が寝るので、バウンス角を使いやすくなりフワッとした球が打てる。

②ダウンスイングで適度にボールの下をくぐらせて打つ
ラフから打つときは、クラブのヘッドをボールの下にくぐらせるようにしてショットしてください。
クラブのバウンスを使って滑らせて打つようなイメージが大切です。

ラフ埋まっていない時は?

ボールはラフにあるのだが草の中に埋まらず、上に乗っていた場合(浮き過ぎている場合)は通常のアプローチの打ち方で対応しましょう。

埋まっていないボールの下をくぐらせるようにショットすると、ダルマ落としの様な状態になり、球が上がるだけでがまったく飛びません。

まとめ

  • クラブヘッドをしっかり加速させる
  • ラフからのアプローチは打ち込まない
  • バウンスを滑らすように打つ
  • 球が浮きすぎている場合は通常のアプローチショットでOK

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。神奈川県茅ヶ崎を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

特集一覧