プロが動画で教えるゴルフメディア

プロゴル

プロゴル上達法ゴルフスコア100切りに必要なアプローチのスキル

ゴルフスコア100切りに必要なアプローチのスキル

上達法

ゴルフのスコア100切りのためにはアプローチの安定がもっとも効果的です。

 

グリーン周りで行ったり来たり・・・
ダフったりトップしたり・・・そんな経験ありませんか?

 

ゴルフではドライバー、アイアン、アプローチとショットが小さくなるにつれさらに正確な打ち分けが要求されます。100切りを達成するためには正確な打ち分けが欠かせません。

 

ドライバーでは1ヤード程度の左右の誤差はほとんど問題にはなりませんが、アプローチではそのたった1ヤードを縮められるか縮められないかで100切り出来るが出来ないかが分かれます。

 

しかし短い距離だからこそ途中でスイングを止めてしまったり、寄せたい気持ちが強すぎてダフってしまったりしてしまいます。

 

今回は100切りゴルファーにおすすめのアプローチを正確に打つための効果的な練習方法をご紹介します。

 

スコア100切りに効果的な練習法とは?

 

アプロ―チに必要なイメージ

アプローチではクラブの歯を上記画像の赤のエリア「ゴールデンアングル」に入れて打つことが安定したショットの条件になります。このエリアにしっかり歯を入れて打つことが出来ればボールをクリーンに打つことが出来ます。

 

イメージとしては真横から打っていく。右から左に打っていく感覚で「ゴールデンアングル」にゴルフクラブの歯を入れることが理想的なアプローチショットを打つためのコツです。

 

~アプローチでやってはいけない事~

  • 上から打ち込む
  • 下から煽って打つ

 

短い距離で使用するゴルフクラブにはボールを上げる為のロフト角がしっかり備わっています。無理に上げようとしたり、しっかり当てようと上から打ち込むとダフりやトップの原因となってしまいます。

 

アプローチでは真横から打っていくイメージが大切です。

 

実践!100切りアプロ―チ練習法

①ガムテープを切る

まずは2cm程度に切ります。ガムテープには紙製と布製がありますが、このアプローチ練習法では布製を使用することをおすすめします。

 

おまり大きく切ってしまうと練習ドリルで使用しにくくなってしまうので、約2cm程度がベストです。

 

②切ったガムテープを地面に貼ります。

 

③ボールを乗せる

ボールの右端とガムテープの右端が重なるように置きましょう。上記写真の様にテープの両端が少し見えるような形が理想的です。

 

④ショットする

打つときにはこのガムテープが見える部分にゴルフクラブの歯を入れていくイメージを持ってください。冒頭でご紹介したボールと地面の間に出来たエリア「ゴールデンアングル」を打ってく感覚を身につけましょう。

 

ゴールデンアングルにしっかり歯を入れてショット出来れば、打ち終わった後にクラブにガムテープが付きます。

 

このドリルは普段の練習メニューやラウンド前練習に取り入れるとミスショットを防ぎ、思い通りの距離を打ち分ける確率をぐっと高めてくれます。100切りゴルファーになるためには必ず習得しておきたい技術です。

 

まとめ

  • アプローチは上から打ち込んでもダメ。 下から煽り打ちしてもダメ。真横から打っていく事が正解。
  • アプローチショットでは「ゴールデンアングル」に、クラブの歯を入れていく事が大切
  • ボールを右から左に打っていくことで、100切りに必要な安定性が身に付く

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

アプローチに欠かせないピッチングウェッジのロフト角について

シェアする

この記事を書いたライター

プロゴル編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

プロゴル編集部

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。神奈川県茅ヶ崎を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。