ゴルファボ TOP上達法転がしアプローチの練習で注意すべきポイントとは?

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

転がしアプローチの練習で注意すべきポイントとは?

転がしアプローチをマスターできれば、大きなミスを極力減らすことができます。100切りできない要因などはグリーン周りでの、行ったり来たりです。スコアに直結するのアプローチのコツや、普段の練習で気を付けるべきポイントをご紹介します。

せっかくグリーンの近くまでいったのに、そこからホームランやダフリなどのミス…。スコアもかさんで気も滅入りますよね。

転がしアプローチ(ランニングアプローチ)が打てるようになると、大きく距離がずれたり左右にミスをしたりといったことが減らせます。寄せたいと思って打ったらさらに遠くなる、そんなつらい状況もなくしていけます。

今回はグリーン周りから転がして寄せる方法についてご紹介します。ぜひコツを意識しながら練習をして、自信を持って狙えるようになってください。そして寄せて1パット、気持ちよくホールアウトできる回数をどんどん増やしていってください。

転がしアプローチ練習のコツ

転がしてアプローチをするためには5つのポイントがあります。

ピンを狙うにはさまざまなシチュエーションから打たなくてはいけません。そうした状況のうちでも、特にグリーンエッジからピンまで距離があるときには転がして寄せていくことをお勧めします。

(1)アドレスについて。ボールはいつもよりも少し右足寄りに置くのがお勧めです。

(2)クラブのフェースも少しかぶせ気味に構えてください。ボール位置を右足寄りにしてフェースをかぶせることで低く転がしていくボールが打ちやすくなります。

(3)スイングはパターを打つときと同じような感覚でOKです。テイクバックも低く上げて、低くおろす、そういうイメージで打ってみてください。

(4)スタンスの幅は、普段よりも狭くとります。

(5)ハンドファーストはいつもよりもきつめにしてください。これもボールを転がしていくためです。

この打ち方を覚えると大きなミスなくゴルフができるというメリットがあります。

転がして寄せるために適した状況

ゴルフでは転がして寄せるのに合う状況と合わない状況があります。

たとえばグリーンまでの間にバンカーや池など障害物がある場合には転がして狙うことはできません。それ以外のシチュエーションで、浮かしても転がしても狙えるときには、転がしていくほうを選択するようにしましょう。

転がしていくメリットは、大きくターゲットを外すミスが減らせることです。さらにグリーンを転がるボールを確認して傾斜を把握できること、場合によってはチップインもあり得ます。

↓↓↓プロゴルファーのようにピッタリ寄せてバックスピンをかけてキュッと止める練習法です。

転がして狙うためのコツ

確実に転がしてピンの近くまで運ぶために必ずチェックしてほしいスイングの要点が3つあります。

左足への荷重

スタンスの幅は普段のアイアンスイングよりも狭くします。その際に、左足に体重をかけるようにしましょう。何十ヤードも飛ばすことが目的ではないので、体重移動は必要ありません。余計な体重移動を防いでスイングを安定させるためにも、重心を左側にかけておきます。

グリップ

転がして狙うときにはクラブはいつもよりも短く握りましょう。グリップの真ん中のあたりを持つくらいでもOKです。短く持つことでコントロールしやすくなり、再現性が高いショットをすることができます。

手首

グリーン周りから狙うときには、手首を使ってはいけません。手首を使って打ってしまうと、球を手前からすくうような動きになってしまい、手前にヘッドが入ってダフリなどのミスになります。練習のときから、手首を使わずに低いスイングをすること意識してください。

低いスイングでボールをとらえられると、フェース面も長く使えてミスも少なくなり、スピンがかかる球を打てるようになります。

↓↓↓アプローチが上達して安定して打てるようになるための練習ドリルです。詳しい解説をぜひご覧ください。

↓↓↓初心者の方にもわかりやすいアプローチの基本を紹介、スコアメイクに役立ててください。

まとめ

今回は転がして寄せるためのポイントについてご紹介しました。正確にピン近くまで運ぶためのアドレスやスタンスなど細かな要点を解説しています。一つ一つ、順を追ってチェックをして練習をすれば、必ず身につけることができる内容です。小技を磨いていつものゴルフでスコアを安定させて、さらにプレーを楽しみましょう。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧