プロが動画で教えるゴルフメディア

プロゴル

プロゴル上達法パターのイメージで打ち分ける距離感と方向性

パターのイメージで打ち分ける距離感と方向性

上達法

パターを安定させるにはどんなイメージで打つかが非常に重要です。

 

今回は思い通りのパターストロークのための“2つのイメージ”のご紹介です。

 

パターでは安定した距離感と方向性が重要視されますが、実際10.8センチのカップを見てしまうと入れなければ!という強迫観念が体を固くしフォームをおかくしていまいます。

 

明確なイメージをもって自分の思った通りにストロークすることで体はリラックスし、再現性の高い1打が打てるようになります。あなたはどんなイメージを持ってパターを打っていますか?

 

おそらくパターンは2つあります。

①流して打つ

②カツンと打つ

 

①はその名の通りインパクトでフェースをボールにカツンと当てる感覚で、②はほうきで掃くようにボールをさらう感覚です。

 

普段はどちらかのイメージを持ってパッティングしていると思いますが、実はこの2つのイメージを状況に合わせて使うことによってパターに必要な距離感や方向性が向上します。

 

さっそく違いについて解説していきましょう。

パター上達に効果的な2つのイメージ

 

 

流して打つ

 

【特徴】
フィーリングや感覚を重視するような場面で効果を発揮します。長い距離のパッティングなどに向いていて、タッチが合わせやすくなる感覚が掴みやすいという特徴があります。

 

カツンと打つ

距離感よりも方向性重視に向いており短いショートパットなどの場面で効果を発揮します。パターでは安定がもっとも大切です。インパクトのフェース面の向きが安定するのでカップイン率が高くなります。

 

パター:シチュエーションごとの打ち分け

パッティングにおいて長さが残った場合、重要になるのは・タッチ・フィーリング・距離感です。こんなシチュエーションで効果的なのは、流すような打ち方です。ロングパットでは方向性よりも距離感を大事にし、次の1打のための寄せを意識することが大切となります。

 

逆にショートパットでは方向性をより確実なものにしてカップインを狙わなければいけません。こんなシチュエーションで効果的なのは、パターをカツンと当てる打ち方です。インパクトのフェース面を意識してコンパクトに当てることで方向性が向上します。

 

パターの精度を上げる為に、どちらのイメージを持つかはゴルファーごとに違いますが、最終的には自分の感覚で「この長さなら流すように打つ」という感覚を身につける事が理想的です。

 

まとめ

長いロングパットでは流すようにストロークする

短いショートパットではカツンとストロークする

自分に合った打ち方の感覚を見つける

 

この記事を読んだ人におすすめの記事

パター上達!グリーンの傾斜を読む2つの方法とは?

シェアする

この記事を書いたライター

プロゴル編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

プロゴル編集部

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。神奈川県茅ヶ崎を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。