ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP上達法ゴルフ左肘の向きでヘッドスピードを劇的に上げる方法

上達法

ゴルフ左肘の向きでヘッドスピードを劇的に上げる方法

ゴルフでナイスショットして、飛ばすためには左肘の向きがとても重要です。アドレスからフォロースルーで腕をしっかり伸ばして強く振り切るためのコツとは?習得するための練習方法とおすすめのアイテムをご紹介します。

ヘッドスピードを上げるために注意すべきポイントが『左肘の向き』です。

ゴルフクラブをしっかりと振り抜くためにも重要なポイントで、速く振れない人の多くはこの左肘の向いている方向が悪かったりします。

その原因は、力み過ぎやグリップを強く握り過ぎにもありますが、普段の姿勢が悪かったりするとそもそものアドレスの時点で速く振れないまま構えてしまっている可能性があります。

今回は、ゴルフの動きをスムーズにして、ナイスショットを増やすためのポイントをご紹介します。スライス防止にも効果的ですので、ぜひ試してみてください。

ゴルフの左肘の向きを改善する方法

ヘッドスピードが遅い原因

飛距離が出ない=ヘッドスピードが遅い、という法則があることはご存知かと思います。

しかし、スイングが遅い=パワーが無い、という法則は必ずしも正解ではありません。ゴルフクラブのしなりを最大限生かすことが出来れば、あまりパワーがないゴルファーでも大きな飛距離を生み出すことが出来ます。

トップや、インパクトなどいろいろな原因がありますが、根本的な原因の一つとして『左肘の向き』があります。

左肘の向いている方向がアドレスの段階で悪いために、強く振れない形のままやみくもにショットして、飛距離や方向性もなかなか安定しないといった悪循環に陥ってしまのです。

速く振るためのマル秘アイテム

この練習法では、ヘッド無しのシャフトを使用します。

そんなのどこで売ってるの?と思いますが、実は、ゴルフショップやゴルフの工房などで、古くなったものを無料でもらえたりします。ゴルフ上達のために色々な効果がありますので、お近くの店舗等で聞いてみてください。

もし、いらないゴルフクラブを持っていれば、そのヘッドを外してもらってもOK。どうしても手に入らない場合は、アライメントスティックやドライバーと同じ長さの棒状のものがあれば代用可能です。

代用品を使う時は、飛んで行ってしまわないようにグリップ部分にテープを巻くなど工夫してみてください。

シャフトスイングのメリット

軽いものを使う事で、『速く振る』といったイメージをカラダに覚えさせることが出来ます。通常よりも重量がない分、速く振る事に重点を当てましょう。この時、カラダの中心よりターゲット方向でビュン!となるように心がけてください。

体の右側でなってしまうとインパクト前にスイングが最大速を迎えていることになるので、飛距離はでません。先の方で音がなるように意識してください。

ヘッドスピードを上げる3ステップ

ゴルフクラブを速く振るためには、グリップ、左肘の向き、リラックスの3つのポイントが重要です。力任せに振ることなく1つ1つのポイントにアドレスから意識して確認しながら、練習を繰り返してください。

グリップはソフトに握る

グリップをギュッと思い切り握ると、ゴルフクラブのヘッドの重みを感じる事が出来ないので、遠心力をうまく使えません。グリップはソフトに握りましょう。人によって適切な力の加減は違いますが、一般的に4割程度で握ることが良いとされています。

体の正面に向ける

正しい向きは「体の正面」です。ターゲット方向に向いていると、フォロースルーにかけて
腕をうまくたためないので、スイングがつっかえてしまうような形になってしまいます。

フィニッシュまで振り切るためには、左肘内側の方向を正面にしましょう。

力を抜いてスイング

上記2つのポイントを意識して、リラックスして振りましょう。シャフトが全身に巻き付くようなイメージをもって振ってください。リラックスしつつも頭の位置が動くとトップやダフリになるので注意してショットしてください。

👇ゴルフで力を抜いて振るためのポイントをご紹介します。

自宅でもできるかんたん練習法

重いものを振った後に、軽いものを使うと…さらに効果的な飛距離アップが期待できます。

重いものはゴルフ専用の素振りバットや、アイアンなどのゴルフクラブを2~3本持って振っても良いです。体全体を使って(重いもの)→速く振る(軽いもの)、これを交互に繰り返すことで、全身の力を使って速く動作する感覚が身につきます。

ドライバーで手打ちになっていたり、速筋を上手く使うイメージが出来ていないと、最大限の飛距離を出すことはできません。スライス防止にも効果的です。

👇飛距離を伸ばすためにはゴルフ専用素振りバットがおすすめです!

まとめ

アドレスで左肘の方向を少し変えるだけで、ゴルフスイングはスムーズになり、ヘッドスピードを最大限まで引き出すことが出来るだけでなく、スライスなどのミスも軽減できます。

①グリップをソフトに握る
②左肘を体正面に向ける
③リラックスしてスイングする

上記3点を習得するために、ヘッド無しのゴルフクラブなどを活用してイメージをカラダに覚えさせてください。アイアンのシャフトよりはドライバーのほうがおすすめです。プラスしてゴルフ専用の素振りバットなどの重いものと交互に振れば効果は2倍になります。ぜひ意識して試してみてください。

 

↓↓↓ゴルフで速く振るための右手の正しい使い方とは?

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×