Loadingお気に入りへ追加

ゴルファボ TOP上達法ドライバーアドレス時の体重配分の正解と注意ポイント

上達法

ドライバーアドレス時の体重配分の正解と注意ポイント

ドライバーショットがなかなかうまく打てない…ゴルフ初心者だけでなく経験者でもお悩みの方は多いかと思います。

ゴルフクラブの中で一番長さがあるドライバーは、アドレスの姿勢や体重配分が大きく違ってきます。どういったバランスで打つかはゴルファータイプや好み、打ち方によって違いますが、基本的にパターンは3通りあります。

①右足寄りで構える、②左足寄りで構える、③左右均等で構える、の3つです。それぞれにどんなメリットがあるのか。そして、長年プロとして活躍する大竹プロのおすすめはどれなのか、動画でもレッスンいたします。ぜひあなたの参考にしてみてください。

ドライバー:アドレスの基本

ドライバーとアイアン、アプローチではクラブの長さや重さが違います。なので、ショットの際のスタンス、ボールポジション、手の位置、体重配分、全て変わります。まずは基本となる形・動きをマスターしていただき、自分にマッチした形へ調整していってください。

スタンス

ドライバーは遠くに飛ばさなければいけないので、スイング中に体に大きな負荷がかかります。なのでスタンスは大きく取りましょう。基本は肩幅よりも少し広め。さらに広げると力が出しやすくなりますが、回転がし辛くなる場合があるので丁度よいポイントを見つけてください。

ボール位置

ドライバーはアッパー軌道でボールをとらえる事で、高弾道で飛んでいきます。そのためにもボールは両足の中心よりターゲット方向に置きましょう。基本的なボールポジションは、左足かかとの内側の直線上です。(一般的な右打ちの場合)

両足の中心に置くと、ドライバーが理想的なアッパー軌道になる前に当たって低弾道になります。反対に前に置き過ぎると、ドライバーのソール側にあたってトップする可能性があります。

手の位置

ボールポジションがターゲット方向にある分、手の位置も若干移動させましょう。

理想的な場所は左太ももの前です。ドライバーでは手の位置が前過ぎても後ろ過ぎても、力が出ない手首の形になってしまいます。

前傾角度を作った後に、だらんと両手を下に垂らします。そこから左太ももの前でグリップを握るのが理想です。

ドライバーの体重配分について

ドライバーのアドレス時にどちらの足に重きを置くかは、スイングスタイルや好みによりますが、それぞれに特徴があります。右打ちを例に紹介します。

右足4:左足6

最初から、前の足に多めにウエイトをもってアドレスします。大竹プロもこの形です。

このスタイルの特徴は、テイクバックで右足にウエイトを乗せやすく、大きな移動で飛距離を伸ばすことが可能となることです。イメージとしては、振り子のように反動の力を使って強い力を生む感じでしょうか。

左足にウエイトを残したまま、その場で回転する、左一軸スイングというのもありますが、今回はそこから後ろに体重配分を移動させる方法です。この打ち方についてもっと詳しく知りたい方はこちら👇

右足6:左足4

最初から、後ろの足にウエイトを持って構えます。最初から右足側にある程度、ウエイトが乗っているのでその場でバックスイングできます。そこからターゲット方向に体ごとぶつかっていくイメージで打ちます。

イメージとしては、弓道が近いかと思います。グーっと引っ張った弓矢を一気に解き放つイメージです。

左右均等

5:5のイメージで構えます。とてもニュートラルなバランスなので、ゴルフ初心者の方はまずこの形で試してみて、どちらにウエイトを置いてアドレスすればもっと強く振れるかを探してみてください。

上記の構え方に正解はありません。ショットの際にあなたがしっくりくるものを選びましょう。

ドライバー正しい重心位置は?

ドライバーのアドレス時の時に注意しなければいけないポイントがあります。

それは、上半身の軸も一緒に流れてしまうことです。そうなってしまうと、スイング軸がブレてしまい、飛距離・方向性ともに大幅に悪くなってしまいます。軸のバランスは常に中心を意識しましょう。

上級者のドライバーのアドレスを見ると、みな上半身が若干後ろに傾いています。上記画像のような形が理想的です。状態がターゲット方向に傾き過ぎないように注意しましょう。

この角度をインパクトまでキープすると強い球が打てるようになります。

まとめ

ドライバーのアドレスの体重配分にはそれぞれのポイントと特徴があります。

どのパターンがしっくりくるか、まずは両足=5:5で試してみましょう。そして大竹プロのおすすめの4:6等を試して一番気持ちよく振れる、一番インパクトで強く振れるバランスを見つけてください。

 

↓↓↓ヘッドスピードを加速させるポイントは「バンプ」の動きが必要です。「バンプ」とは?その習得法とは?詳しくはこちら

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

【話題】ファイゴルフとは?自宅で本格シミュレーションゴルフが …

自宅でもゴルフが楽しめたら…そんなゴルファー達の願いを叶えたアイテム「ファイゴルフ」をご紹介します!高価なスクリーンやシステムを購入 ...
  • 雑学
  • 116

ゴルフで得するクレジットカードおすすめ7選!特典ポイントを使 …

ゴルフおすすめクレジットカードでプレーをもっとお得に楽しもう!日常のあらゆる所で貯めたポイントは、ゴルフ、旅行、ショッピングで利用す ...
  • 雑学
  • 87

大阪でゴルフレッスン!スクール初心者におすすめ10選!口コミ …

【大阪】のゴルフレッスンおすすめのスクール10選をご紹介します!レッスンに行ってみたいけど、どこに行けばいいか分からない…もっと上手 ...
  • 雑学
  • 126

ゴルフ【レーザー距離計】おすすめ人気ランキングBEST10【 …

レーザー距離計にはどんな機能があるの?どんなものを選ぶべき?平均の金額はいくら?そんな疑問をお持ちのあなたへ!選び方のポイントと人気 ...
  • 雑学
  • 897

【東京都内】ゴルフレッスン!スクール初心者に人気のおすすめス …

東京都内おすすめのゴルフスクール9選をご紹介します!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなた ...
  • 雑学
  • 153

宮崎フェニックスカントリークラブ開場50周年!名門トーナメン …

宮崎フェニックスカントリークラブ開場50周年!ということで日本が世界に誇る名門トーナメントコースをプレーしてきました!なぜ長年にわた ...
  • その他
  • 126

特集一覧

- Official Sponcer -

OfficialSponcer

OfficialSponcer