ゴルファボ TOP上達法ゴルフスコア100切りに必要なドライバースキル

上達法

ゴルフスコア100切りに必要なドライバースキル

100切りを目指した朝一のショットがOB・・・

もしもあなたが、なかなか100切りが出来ないゴルファーであれば思い出してください。ドライバーのOBがなければ100切り出来ていたのではないですか?

もっともOBを出しやすいドライバーショットをどれだけ安定させられるかがゴルフスコア100切りのポイントです。そんなドライバーショットの安定には実は「フィニッシュの形」がとっても重要なんです。

スイングは気にせずフィニッシュの形だけ気にして振る。これは良いフォームでスイングするための秘訣です。ゴールを先に決めてそこに進めば過程はおのずと良くなります。

今回はゴルフスコア100切りのためのドライバーに欠かせない「フィニッシュの形」についてご紹介します。

ドライバーショットを安定させる方法

ゴルフスコア100切りに欠かせない要素

ドライバーの最後の形には2つのパターンがあります。

1.打ち終わった後、前側に倒れる
2.打ち終わった後、後ろ側に倒れる

なぜこのような形になるかといえば・・・

【1・前側に倒れる】
トップからインパクトにかけての力が強くなっている。原因には打ちにいきすぎている事にあります。この形はボールにクラブが当たる前に最大スピードを迎えているためクラブの軌道も安定せず飛距離もでません。

【2・後ろ側に倒れる】
インパクトからフォロースルーにかけての力が強くなっている。ボールを引っ張り込む動きが強すぎる場合やインパクトまでしっかりボールを見ていない可能性があります。

前に倒れるにしろ後ろに倒れるにしろ、ドライバーのフィニッシュでグラついてしまうということは、ゴルフクラブのヘッド軌道が不安定で方向性が良くないという事になります。バランスよく振りきるための効果的な練習ドリルを学んでいきましょう。

実践!ドライバーのフィニッシュ練習ドリル

まずは打つことは忘れて、上記の形でフィニッシュを決めることだけを考えて素振りをしてください。普段ドライバーショットで考えているような、ボールに当てる!しっかり振る!といったことは考えず振り終わった後にどちらにもグラつかないようピタッと止まれるように、ゆっくりでも良いので素振りしてください。

これで体のグラつきがなくなった方はこの素振りを繰り返し最終的にはそのイメージを持ったままドライバーでボールを打っていきましょう。実際にボールを打つときもいきなりマン振りはせずに、軽いスイングから行いましょう。体に馴染んでいけば方向性が必ずアップします。

最後にピタッと停止しようと思っても、どうしても同じようにグラついてしまうゴルファーは以下↓を実践しましょう!

打ち終わった時にどうしても前にいってしまうならば、最後はわざと後ろに倒れてみましょう。

打ち終わった時にどうしても後ろにいってしまうならば、最後はわざと前に倒れてみましょう。

わざと逆の動きを繰り返すことで体にイメージを植え付けます。慣れてきたらピタッと止まれるようになるはずです。ピタッと止まれるようになったらそのイメージのまま実際にドライバーでボールを打っていきましょう。

この100切りゴルファー向けドリルは普段の練習に取り入れても良いですし、イメージを持つためにラウンドのショット前の素振りで行っても効果的です。

まとめ

・ドライバーショットのフィニッシュの形に合わせてスイングする
・100切りのためには、安定したフィニッシュが不可欠
・スイングの最後はグラつかないように、ピタッと止まることが大事
・ドライバーの最後にどうしてもグラついてしまう場合は、逆の動きを取り入れてみる

シェアする

♥ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。神奈川県茅ヶ崎を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。