ゴルファボ TOP上達法右手グリップ親指の正しい位置の見つけ方とは?

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

右手グリップ親指の正しい位置の見つけ方とは?

右手グリップの親指の位置を変えるだけで、ナイスショットの確率が大きく上がります。ゴルフの天敵はゴルファー自身の力み過ぎです。今回は、力の入り過ぎを防ぐための練習ドリルをご紹介します。アウトサイド軌道が直らない方は必見です!

グリップを構えた時、右手の親指はどこに置いてますか?

グリップの中心から見て…右側?真ん中?それとも左側ですか?

ゴルフ初心者だけでなく、持ち方・握り方は気にしても親指の位置までは気にしていない方も多いのではないでしょうか。意外と、どのポジションが正解なのか知られていないと思います。

しかし、この右手親指の位置をちょっと変えるだけで、スイングがしやすくなったり、脇が締まった強いスイングが出来るそう。実はナイスショットに直結する大きな要素を秘めています。

今回は、あなたに最適な右手親指の形を見つけるための練習ドリルをご紹介します!ぜひ参考にしてみてください。

スイングをスムーズにする右手の秘密

スイング上達おすすめ練習法

実際にボールを打つよりもまずは素振りからトライしましょう。

最初に、通常のグリップを握って構えてください。そして右の親指と人差し指を外します。そしてそのままスイングします。思いきりスイングする必要はありません。左右に軽くスイングしてください。

何度か外したまま振っていると、自然と右手の中指と薬指だけでグリップしていると思います。その位置があなたにとって最適な右手のポジションです。そのまま親指と人差し指を置きましょう。理想的な右手親指の位置が決まります。クラブは指で振りましょう。

なぜ?3本指で握るメリットとは…

テイクバックでクラブを上げ、トップからスムーズにインパクトを迎えるには両脇がしっかりと締まっていなければなりません。そのためには、中指、薬指、小指で振る事が重要です。

👇左手の小指を外すと左脇が締まって軌道がスムーズになります。

もしも親指と人差し指に力が入り過ぎていると…

右肘がカラダから離れてしまいます。その結果、脇は空いてしまいます。脇が空くとスイング軌道は不安定になるだけでなく、アウトサイドから振り下ろしてしまいやすくなるので、スライス球なども多くなってしまいます。

もしあなたがスライスによるOBが多いとしたら、原因は右手グリップの親指にあるかもしれません。ぜひ指外し練習法を試してみてください!

👇グリップの基本的な握り方とチェックすべきポイントをまとめました。

まとめ

ミスショットに繋がるスイング軌道の不安定さは、右手グリップの親指の位置から来ているかもしれません。このポジションをすこし変えれば、思い通りのボールが打てる確率が大きくアップします。

右手親指と人差し指を外して練習してみてください。適度に力の抜けた理想的な状態でインパクトすることができるでしょう。

 

右グリップはどう持つべき?持ち方次第でスイングが大きく変わります!詳しくはこちら↓↓↓

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧