ゴルファボ TOP上達法アイアンのライン出しショットで確実にピンを狙うポイント!

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

アイアンのライン出しショットで確実にピンを狙うポイント!

ショートホールなどでグリーンオンを確実に狙いたい場面でぜひ使いたい技がアイアンのライン出しショットです。ラインを出すことでミート率が上がり、方向性は格段にアップします。ちょっとしたコツを掴むだけでアイアンが何倍も楽しくなる打ち方のポイントをご紹介します!

パー3でなかなかワンオンが出来ない・・・

そんなお悩みありませんか?

方向と距離がバッチリ合ってニアピンしたときは本当に気持ちがいいものです。しかし、乗せなければ!と意気込み過ぎた挙句、ボールがとんでもない方向へ飛んでいったり、ダフって数ヤード先に転がってしまうとげんなりしてしまいますよね。

今回はそんなショートホールでどうしてもニアピンしたいゴルファーにおすすめの「アイアンのライン出しショット」をご紹介します。

ライン出しには球をコントロールして方向性を高める効果があります。

せっかくのニアピン対決も乗らなければまったく面白くないですよね。是非マスターしてベタピンで仲間を驚かせちゃいましょう。

アイアンで確実にピンを狙うための方法

アイアンのライン出しとは?

アイアンのライン出しとは、方向性を重視し確実にピンを狙っていくショットです。テレビなどでプロゴルファーのショットを見ていると低めの弾道で糸を引いたような球を打つことがあります。それがライン出しショットです。グリーンが近くなり方向性を確実にして乗せたい時やミスを確実に防ぎ、アイアンで刻みたい時などに使用します。

フルスイングよるふり幅を抑え、インパクト前後のヘッドの軌道を優先することで確実にクラブの芯でボールを打って方向性を安定させるショットです。これはパー3のアイアンでどうしても乗せたい時やニアピンを狙う場面で非常に効果的です。

実践!ニアピン練習ドリル

①グリップを短く持つ

通常のグリップの位置よりも少し短く持ってください。グリップを短く持つことでアイアンのコントロール性とクリーンヒット率が高くなります。グリップを長く持てば飛距離が伸びますがインパクト時のミスの確率も同時に高くなります。グリップを短く持つことで方向性を安定させます。

短く持つと飛距離が落ちるので、クラブの番手を1つ大きくして打ちましょう。

②フィニッシュを小さく取る

通常のアイアンのフルスイングよりもフィニッシュを少し小さく取ってください。無理に大きくフィニッシュを取る必要はありません。大切なポイントはインパクト前後のヘッドの軌道を優先して安定させることにあります。

普段のショットでは大きなフォロースルーを心掛けることが大切ですが、ライン出しショットでは必要ありません。小さくなりすぎる必要はありませんが、いつもより小さめに取るイメージでフォローを行ってください。

【注意点】
腕だけで無理にラインを出そうとせずにダウンスイングで下半身をしっかり移動させることが大切です。絶対に腕だけでコントロールしようとしないで下さい。下半身を使わずに腕だけでスイングするとインパクト時の打点が不安定になってしまします。

アイアンのライン出しのメリット

アイアンのライン出しのメリットはインパクト前後のヘッド軌道の安定です。軌道が安定すると多少ミスヒットしてもミスの幅が少なくなります。

フルスイングの場合はインパクトの打点のミスが大きく出てしまいがちですがコンパクトな振りにすることによってこのミスのブレ幅が軽減され安定したアイアンショットが可能となります。

【ポイント】
絶対に無理にフルスイングしないようにしましょう。思いきり振ってフォローを取ろうとするとスイング軌道、インパクトが安定せず確実にグリーンを捉えられなくなってしまいます。

ロングアイアンの打ち方はこちらを参考にしてみてください。苦手なミドルレンジを得意にする秘訣をお教えします。

145ヤード打つ場合

あなたの7番アイアンの飛距離が140ヤードなら無理にフルスイングで打たずに1つクラブの番手を上げて6番アイアンで打っていく事が必要となってきます。または風が強いアゲインストの時などはもう1つ番手を上げて5番アイアンなどを使用することも効果的です。

このアイアンのライン出しショットの方法ですが、基本的には全クラブで打つことが出来ます。有名なところだとタイガー・ウッズ選手のスティンガーショットがあります。スティンガーショットは3番ウッドやユーティリティーでこの打ち方をすることで弾道の低い球で飛距離を出すことが可能になります。

難易度は高いですが打ち分ける事が出来れば風の強い日のロングホールなどでは重宝するかもしれませんね。

ラウンドでいきなり挑戦するよりも普段の練習から番手を上げてラインを出す打ち方を取り入れてみてください。実戦でのアイアンの引き出しが増え、スコアUPの助けとなるでしょう。

ボールの位置

通常のアイアンのボール位置よりも若干右寄りにセットしましょう。そうすることでボールを低く打ち出すことが出来ます。左側に置いてしまうとボールは上がりやすくなるうえ、アイアンのクラブフェースが開いてミスしてしまう可能性が高くなります。

両足の中心線よりもボール一個分程度右に寄せてショットしましょう。ボールが後方に寄ったことによる打ち込み過ぎにも注意が必要です。

ボールの違いで球の上がりやすさや、飛距離は変わるのでしょうか?徹底検証してみました↓

まとめ

  • ライン出しをすることでアイアンの方向性が上がる
  • フィニッシュは小さくとる
  • グリップを短く持つ

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。神奈川県茅ヶ崎を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

特集一覧