プロが動画で教えるゴルフメディア

プロゴル

プロゴル上達法パターの距離感を合わせる方法

パターの距離感を合わせる方法

上達法

  • 動画あり
  • 604

パターの重要な要素は、体の軸の安定から生まれる
スイングの安定』と『距離感』です。

この2つを身に付けることができれば、スコアは驚くほど上がります。

カップは目と鼻の先、もう寄せて入れるだけ!!
そこから3パット4パット、グリーン上を行ったり来たり・・初心者だけでなく誰でもやってしまうことがあります。

ラウンドするにあたって、トータルスコアの約3分の1以上を占め、
一番使用頻度の高いクラブ、それがパターです。

パターでは『距離感』がもっとも大切です。

距離感さえ合えば3パット4パットすることは無くなっていくでしょう。

パターのスイングを安定させ、距離感を身に付けるための練習法や、
その注意点をご紹介します。

スイングと距離感を安定させる

スイング中に体の軸がブレるとミスパットの原因になる

パターで距離感が合わない原因の一つは、
ダウンスイング時にクラブヘッドが加速や減速をしているからです。

加速してしまうと、思っていたよりカップをオーバーしてしまい、
減速するとショートしてしまいます。

この原因は、上半身や下半身がターゲット方向に動いて体の軸がブレてしまっているためです。

パターはゴルフの中でも一番繊細なショットで、少しの体のブレが距離感を狂わせ、大きな差を生んでしまいます。

グリーンを読んだり方向性を上げたりすることも大切ですが、
初心者であればあるほど、まずはブレを改善し、方向性を確実なものにしましょう。

グローブを首の上に乗せるとパターが上手くなる?!

体の軸がブレないための、効果的な練習法として、
アドレスして首の上(首の上の出っ張った骨)に
グローブを置いてパッティングする方法
があります。

グローブを置いたところと、下半身は動かさずにパッティングしてみてください。

この練習法を試すと、頭は残ったままでスイング出来ることが、実感できると思います。

パターでは、カップインさせたいイメージが強くなりすぎて、体に力が入りすぎたり、インパクト直前に無理やり手元で調整しようとしてスイングが加速、減速してしまいます。

下半身をどっしりと構え、体の軸をまっすぐにし一定のスピードで打つことで、距離感が身に付き、パターが向上していきます。

まとめ

  • パターのスイングは一定のスピードで打つことで距離感が身に付く
  • パターでは体の軸をまっすぐにしブレないようにする
  • 練習では首の上(首の上の出っ張った骨)にグローブを置いてパッティングしてみる

 

自宅で出来る!距離感を養うパター練習法はコチラ

シェアする

この記事を書いたライター

プロゴル編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

プロゴル編集部

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。神奈川県茅ヶ崎を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。