ゴルファボ TOP上達法ラフからのショットを成功させる3つのポイント

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

ラフからのショットを成功させる3つのポイント

ラフからアイアンを打つ時に注意すべきポイントをご紹介します。フェアウェイよりも芝の抵抗の大きいラフからは絶対にNGなポイントがいくつかあります。深いラフからでも思い通りのショットをするためのコツをご紹介します。


フェアウェイ脇やグリーン周りには通常の芝よりも長いラフが設置されています。

芝がターゲットに対してどちらの方向をむいているか(順目・逆目)も、ショットを成功させる要因ですが、まず必ず守らなければいけない3つのポイントをご紹介します。

ゴルフ初心者は絶対にラフから出さなければと意気込んでしまい、逆にダフったり思いもよらない方向に打ち込んでしまった結果、更なるトラブルに…といったこともあるかと思います。

ラフからショットのコツは、力んで無理にあれこれしないことです。もっとも簡単に打つための秘訣を伝授いたします。

ラフから上手くうつための方法とは…

ラフからショット3つのポイント

ラフではフェアウェイよりも芝の抵抗が大きくなるので、ナイスショットするにはいくつかのポイントがあります。絶対にやってはいけない打ち方と共に解説いたします。

強く握らない

グリップを強く握り過ぎるとミスショットの原因になるので注意です。

芝の抵抗があるので力いっぱい打たないと…そう思ってしまうと手に力が入ります。左手の小指、薬指、中指を意識して3本の指で持ちましょう。

持ち上げない

球を上げようと無理に持ち上げないことがポイントです。無理に持ち上げなくても、ロフトが自然と上げてくれます。逆に無理に持ち上げると、ロフトが寝すぎてしまいボールをラフから出すことが難しくなります。

イメージとしては地面と水平にインパクトゾーンを長く取るようにショットしましょう。

打ち急がない

ラフでは、絶対にナイスショットしたい!ダフらないようにしたい!といった意識が強すぎてスイングのリズムが自然と早くなってしまいがちです。

いつもと同じリズムで打つように心がけましょう。スイングが早くなると、全体の動きもブレやすくミスショットに繋がるので、難しいショットになればなるほど自分のスイングリズムをキープすることを思い出してください。

👇ラフから高い球を打つ時のポイントはこちらで紹介します。

👇グリップはショットを成功させるもっとも重要なポイントです。

まとめ

ラフからはショットを成功させるための3つのポイントをぜひ参考にしてみてください。

①強く握り過ぎない、②無理に持ち上げない、③打ち急がない、いつも芝が絡んでミスショットしてしまう時はいずれかのポイントがおろそかになっている可能性があります。

特に、スイングリズムは非常に狂いやすいポイントなので注意してみてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧