ゴルファボ TOPニュース今平周吾”マスターズ”招待状を公開!オーガスタ女子アマ…急展開!?

ファボる (お気に入りへ追加)

ニュース

今平周吾”マスターズ”招待状を公開!オーガスタ女子アマ…急展開!?

2018年国内男子ツアー賞金王の今平周吾のもとに海外メジャー初戦「マスターズ」の招待状が届きました!自身初のオーガスタでのプレーになります。4月までが待ち遠しいですね!今平選手他3名も出場権を獲得しています。今年こそ日本人初優勝が見たい!

出典:ALBA

2018年国内ツアー賞金王今平周吾は、世界ランキング50位内の資格でマスターズの出場を目指していましたが、1月9日にマスターズ委員会からメジャー初戦「マスターズ」(オーガスタナショナルゴルフクラブ・アメリカジョージア州)へ特別招待されました。

4月に開催予定の世界的な女子アマチュア大会「第1回オーガスタ・ナショナル女子アマ選手権」に、安田祐香(兵庫県・滝川二高3年)、吉田優利(千葉県・麗沢高3年)、西村優菜(大阪府・大商大3年)、古江彩佳(兵庫県・滝川二高3年)の4人が招待される予定でしたが…急展開がありました!

今平周吾|マスターズ特別招待

出典:ALBA

今平は、1月9日マスターズ委員会からメジャー初戦「マスターズ」へ特別招待されました。マスターズでは、創始者のボビー・ジョーンズとクリフォード・ロバーツの意思を受け継ぎ、優秀な海外選手を招待するために1年間選手を注視し、今回、今平を招待。

昨年、1勝ながらトップ10入りを14回果たして初の賞金王に輝き、2018年末の世界ランキング50位以内でのマスターズ出場を逃しましたが、特別招待枠で参加資格を与えられました。

マスターズ委員会のフレッド・リドリー会長は「4月に彼を迎えることが楽しみ」とコメントしたそうです。

今平は1月25日(金)スポンサーの展示会場を訪問し、選手に届く本物の「マスターズ招待状」をお披露目。招待状を目にして「信じられなかった」と届いた瞬間を振りかえっていたようです。

現時点でマスターズに出場するのは今平のほか、松山英樹、小平智、アマチュアでは「アジアパシフィックアマチュア選手権」を制した金谷拓実が参戦します。

2018年賞金王今平周吾のこれまでの歩みを強さの秘密をまとめました。ぜひご覧ください。

高校生女子アマ明暗…!?

出典:スポーツ報知

昨年の12月では、安田祐香、吉田優利、西村優菜、古江彩佳の4人に招待状が届く予定でしたが、現時点、安田祐香以外の3人にはまだ招待状が届いていない状況。主催者側が発表した出場リストにも安田の名前だけが記載されているようです。

同大会は、決勝ラウンド(上位30人)で男子メジャー「マスターズ」の開催前週に同じ「オーガスタナショナルゴルフクラブ」で開催されます。優勝者には、「全米女子オープン」「全英女子オープン」の出場権が与えられます。

まだ、6名ほど主催者が発表していない選手がいるとのこと。安田以外の3人にも可能性が残りますが、アメリカ選手の割合が多く状況は厳しいようです。

中島常幸ら3名…ゴルフ殿堂入り

出典:GDO

日本ツアーで数々の功績を残したプロゴルファーを讃える、第7回「日本プロゴルフ殿堂」の顕彰者が発表されました。レジェンド部門には佐藤精一と小林法子。プレーヤー部門では、中嶋常幸と森口祐子の4人が選出。

顕彰式典は、3月22日(金)午後2時30分、ジャパンゴルフフェア会場(パシフィコ横浜)で開催予定。一般観覧可能。

★佐藤精一(86歳 千葉県)
プロ入りは23歳。1966年日本オープン、1970年日本プロで優勝。シニアツアー通算11勝。プレーが速く”早打ちマック”の愛称で親しまれていた。テレビのレッスン番組で人気を博す。
★小林法子(74歳 千葉県)
女子プロ一期生(1967年)。1973年日本女子オープン優勝。1987年那須小川レディスでは当時42歳で最年長優勝記録を樹立。日本女子ゴルフ協会では要職を歴任。女子プロゴルフの発展に貢献。
★中嶋常幸(64歳 群馬県)
日本ツアー通算48勝。日本オープン4勝。日本プロ3勝。4度の賞金王。海外メジャー4大会のすべてでトップ10入りを果たす。アマチュア、レギュラー、シニアを含め日本タイトル7冠を達成。2017年スボーツ功労者文部科学大臣賞顕彰を受賞。
★森口祐子(63歳 富山県)
20歳でプロテスト合格。国内女子ツアー通算41勝。日本女子オープン2勝。結婚、出産後に18勝を挙げる。ママさんプレーヤーの先駆けとなる。テレビ解説などで活躍。

プロのスイングはアマチュアにとってとても参考になります。練習前に見ると効果が上がります。ぜひ試してみてください。

国内女子|中止の3大会一転復活へ!

出典:GDO

放映権「一括管理」の問題で中止を表明していた3大会について、日本女子プロゴルフ協会は、25日に主催者側と開催することで合意したと発表しました。
協会と主催者側が対立し、昨年開催見送りが決定していましたが、70人を超える女子プロ選手らが大会継続の「お願い状」を受けて再交渉が進められていました。

復活が決まった大会

①「KKT杯バンテリンレディスオープン」
4月19日(金)~4月21日(日)
熊本空港カントリークラブ(熊本県)
賞金総額 1億円

②「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」
5月24日(金)~26日(日)
中京ゴルフ倶楽部石野コース(愛知県)
賞金総額 7,000万円

③「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」
9月27日(金)~29日(日)
利府ゴルフ倶楽部(宮城県)
賞金総額 7,000万円

まとめ

先週、一足早く国内男子ツアーが開幕しましたが、もう4月のメジャー初戦「マスターズ」の話題がちらほら出てきました。世界ランキング50位以内での出場を目指していた今平に嬉しい知らせが届きましたね。本物の招待状を持参してスポンサーやスタッフへ報告するのはとても粋なはからいですね。どんな戦いを見せてくれるのかとても楽しみです。

昨年末に発表された国内女子の大会中止の3大会が再協議の結果、開催されることになりました。選手やファンも安堵したことでしょう。注目度の高い大会がなくなると女子ゴルフ人気が下がる可能性がありましたので、ほんとによかったです。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

花粉症ゴルファー必見!乳酸菌を取り入れて春ラウンドを快適に楽 …

花粉症ゴルファーに辛い季節が今年もやってきます。せっかく暖かくなってきたのに花粉症でゴルフは無理!そんな方も多いのではないでしょうか ...
  • 雑学
  • 66

いま話題!銀座PGMの最新インドアゴルフを体験取材

銀座に新しくオープンしたインドアゴルフ施設『PGMゴルフアカデミー銀座』を取材してまいりました。都心で楽しめるワンランク上のゴルフ施 ...
  • 雑学
  • 64

予算500円以内!ゴルフの打球事故リスクを減らす保険を調査

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 411

ゴルフシャフトの作り方!クラブ選びが上達する4ステップ

なぜ色々なシャフトメーカーやモデルがあるのか。市場にはたくさんの製品が流通していますが、いったいなにが違うのでしょうか?気になったの ...
  • 雑学
  • 157

忘年会・新年会で疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

特集一覧