ゴルファボ TOPニュース大ドンデン返しチップイン!プロ18年目市原弘大が国内メジャーツアー初優勝

ファボる (お気に入りへ追加)

ニュース

大ドンデン返しチップイン!プロ18年目市原弘大が国内メジャーツアー初優勝

国内男子メジャー第2戦「日本ツアー選手権 森ビルカップ」最終日は、2打差に6名がひしめく大接戦に!最終ホールで追いついた市原選手が大逆転でのツアー初優勝で幕を閉じた。18番ホールのアプローチ…ジャストタッチのチップインバーディは見事でした!

出典:日本ツアー選手権 森ビルカップ公式サイト

国内男子メジャー第2戦「日本ツアー選手権 森ビルカップ(宍戸ヒルズカントリークラブ 西コース)」最終日が終了。トップと5打差の5位からスタートした市原弘大選手が、8バーティ、3ボギーの「66」通算12アンダーで回り、うれしいツアー初優勝を大逆転でメジャータイトルを獲得。

市原選手は、最難関の17番ホールでパーを拾った後、最終18番のセカンドショットをグリーン奥のギャラリー席に当てましたが、救済処置を受けてチップインバーディで首位に追いつきました。後続の最終組で回っていた時松選手が18番ホールのパーパットを外してボギーとなり、1打差で初優勝を決めました。

プレーオフに備えてパターの練習をしていた市原選手は、キャディや仲間と抱き合い喜びを分かち合っていました。

勝負を分けた難コース“17番ホール”

出典:日本ツアー選手権 森ビルカップ公式サイト

17番ホール(481ヤード・パー4)は、日本屈指の難コース宍戸ヒルズカントリークラブでも最も難しいホールです。ティーショットは、フェードが有利ですが、飛距離と方向性が求められます。

セカンド地点からは、左足下がりのライから正確なショットが必要になります。昨年までは、ラフを長くしてレイアップしかできないコースセッティングでしたが、今大会は、ラフを少し短くカットし、グリーンを狙うかレイアップするかの判断を求められるようにしました。

優勝した市原選手はパーでしのぎましたが、2位の時松選手は3パットのボギーでした。このホールで今年は勝負が決まりました。

2018年日本ツアープレーヤーNo. 市原弘大!

出典:日本ツアー選手権 森ビルカップ公式サイト

プロ18年目の36歳。埼玉平成高校出身。高校時代には『日本ジュニア』を制し、高校卒業後すぐにプロ転向。2003年にチャレンジツアーで1勝するも、パターのイップス、腰部のヘルニアで不調が続きました。

2010年に賞金ランク58位に入り、プロ10年目で初シードを獲得しました。その後は、シード権を失ったり獲得したりを繰り返し、2018年はQT10位から「日本ツアー選手権 森ビルカップ」国内メジャーでツアー初優勝を奇跡のチップインバーディで成し遂げました。

メジャー初Vを飾った市原選手は、優勝賞金3000万円を獲得し、同大会の結果により賞金ランク2位に入り、7月に行われる「全英オープン」への出場権を獲得。

さらに、5年間のシード権が与えられ、世界選手権「ブリヂストン招待選手権」の出場権も獲得しています。

アプローチを制するものがゴルフを制する!アプローチは打点が安定するとピンに寄っていきます!

日本ツアー選手権 森ビルカップ上位成績

優勝 −12 市原弘大

2位  −11 時松隆光

3位T  −9 今平周吾、キム・ヒョンソン(韓国)

5位T  −8 宮本勝昌、星野陸也、近藤智弘、B.ケネディ(オーストラリア)

9位T  −7 B.ジョーンズ(オーストラリア)、稲森佑貴、ソン・ヨンハン(韓国)

惜しくも2位になりましたが、時松選手のベースボールグリップから放たれたショットは、メジャーでも威力を発揮しました!

まとめ

誰もがプレーオフ突入と思った最終ホールのパーパット…!パットの名手時松選手が約1.5メートルを外しました。ゴルフは最後のパットが入るまでわかりませんね!レベルは違えど、アマチュアで言えば、このパット入れたら「100切り」と同じでしょうか(笑)

同大会は、7年連続で日本ゴルフツアーの未勝利の選手が初優勝を飾っています。まさに”ジャパニーズ・ドリーム”ですね!これまで、同一大会でのツアー未勝利選手の連続初優勝の記録は「1981年から1985年に5年連続を記録したカシオワールドオープン」でした。

来年もこの大会で”ジャパニーズ・ドリーム”が叶うことを期待しています!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧