ゴルファボ TOPニュース『全英RICOH女子オープン2018』結果とハイライト

ファボる (お気に入りへ追加)

ニュース

『全英RICOH女子オープン2018』結果とハイライト

今年の舞台は「ロイヤルリザム・アンド・セントアンズ・ゴルフクラブ」。2009年に宮里藍が3位タイに入り、日本人にとっては縁起の良いコースです。3日目までは比嘉真美子が首位タイに立つなど盛り上がりました。果たして女王に輝いたのは…!?

出典:GDO

海外女子メジャー第4戦「全英リコー女子オープン(ロイヤルリザム&セントアンズGC )」 最終日が終了。

2位でスタートした地元イングランドの、ジョージア・ホール選手が、6バーディ、1ボギー「67」でまわり、通算17アンダーの大逆転でメジャー制覇を達成。イングランド勢としての全英制覇は、2004年のカレン・スタップルス以来の快挙です。

首位でスタートしたポルナノン・パトラム(タイ)は、17番でダブルボギーを叩き、通算15アンダーの2位で終えました。3位には、通算13アンダーの韓国のユ・ソヨン。

4位でスタートした日本の比嘉は、序盤バーディパットを外し、流れをつかめず、優勝争いに絡めませんでした。4バーディ、3ボギー、1ダブルボギー「73」とスコアを1つ落とし通算9アンダーの4位タイで、フィニッシュ。

1977年「全米女子プロ」を制した樋口久子(日本女子プロ協会顧問)以来、41年ぶり日本勢メジャー制覇を逃しましたが、15位以内の選手に与えられる来年の出場権は獲得。岡山絵里は、通算4オーバーの52位で終了しました。

全英リコー女子オープン優勝者|ジョージア・ホール

出典:ALBA

氏名:ジョージア・ホール
生年月日:1996年4月12日(22歳)
出身地:イングランド

7歳の時にお父さんのすすめでゴルフを始めました。2013年全英女子アマチュアゴルフ選手権に勝利。プロ転向後、2014年LETアクセスシリーズのストラスブールオープンで初優勝。2016年ALPGツアーのオーツ・ヴィクトリアオープンで勝ち、本大会でLPGAメジャーを初制覇しました。

父親がバッグを担ぐのは今回で4回目。親子二人三脚でメジャー優勝を掴みました!

全英女子オープン|ハイライト

1日目

出典:GDO

4年ぶり3度目の出場を果たした比嘉真美子が、7バーディ、1ボギー「66」で回り、首位と1打差の2位で発進しました。首位はオーストラリアのミンジー・リー。世界ランク1位のアリヤ・ジュタヌガン(タイ)は、1アンダーの28位タイ。

比嘉は、2年ほど前にティーグラウンドイップス(ティーショットが打てなくなる)に悩みスランプに陥りましたが、それを乗り越えて今年は賞金ランク4位につけるなど好調で、その勢いのままメジャーに乗り込み、良いスタートを切りました。

他の日本勢は、初出場の岡山絵里が1オーバーの61位タイ、同じく初出場の畑岡奈紗は3オーバーの105位。同じく3オーバーの105位に成田美寿々。上原彩子は4オーバーの113位。横峯さくらは、5オーバーの124位で1日目を終了。

初の海外メジャー優勝が期待された鈴木愛選手は、右手首の怪我のため欠場しました。

2日目

出典:GDO

2位でスタートした比嘉真美子は、1イーグル、4バーディ、1ボギー、1ダブルボギー「69」で回り、2位タイで決勝ラウンドに進みました。首位は、タイのポルナノン・パトラム。

岡山絵里は「72」のパープレーで回り、通算1オーバー55位タイとカットライン上のギリギリで予選を通過しました。

上原彩子は通算2オーバーの66位、成田美寿々は通算4オーバー90位、畑岡奈紗は通算5オーバー98位、横峯さくらは通算8オーバー125位で予選落ちしました。

👇畑岡奈紗はこんなものじゃありません。彼女の強さの秘密を完全解説しています!

3日目

出典:ALBA

予選から好調の比嘉真美子は、1打差の2位でスタート。上がり3ホールでスコアを2つ落としましたが、3バーディ、2ボギー「71」で回り、通算10アンダーと1つ伸ばして4位としました。首位と3打差の位置は、1977年の樋口久子以来となる41年ぶりの日本勢メジャー優勝が十分に狙えます。

首位は、2日目からトップに立っているタイのポルナノン・パトラムで、「69」で回り、通算13アンダーとしました。2位は、地元イングランのジョージア・ホール(通算12アンダー)、3位は韓国のユ・ソヨン(通算11アンダー)。

岡山絵里は、4バーディ、3ボギー、3ダブルボギー「77」と崩れて、通算6オーバーの62位で3日目を終えました。

4日目

出典:GDO

序盤は、3位以下が伸び悩む中、首位からスタートしたタイのポルナノン・パトラムと2位のジョージア・ホールが異次元のゴルフを見せました。

両者、15番ホールまでマッチプレーの様相を呈しましたが、16番でジョージア・ホールがバーディで一歩抜け出し、17番ではパトラムがダブルボギー、ホールが3打差に広げ、最終18番ホールでボギーを叩きましたが優勝を決めました。

比嘉真美子は、ボギーが先行し試練が続きましたが、2013年全英の7位を上回る自己最高の4位タイでホールアウト。「出入りの激しいプレーだった。もう少し伸ばしたかったけど、今日はいいプレーをしたと思います」と語っていました。

岡山絵里は、通算4オーバーの54位タイで終えました。

全英女子オープン上位成績

優勝-17G・ホール(イングランド)
2位-15P・パトラム(タイ)
3位-13ユ・ソヨン(韓国)
4位T-9比嘉真美子、A・ジュタヌガン(タイ)、キム・セヨン(韓国)
7位T-8ウ・リウ(中国)、フォン・シャンシャン(中国)
10位-7ミンジー・リー(オーストラリア)
11位T-6B・ヘンダーソン(カナダ)、L・コー(オーストラリア)、 T・スワンナプラ(タイ)、イ・ジョンウン(韓国)
15位T-5パク・ソンヒョン(韓国)、テレサ・ルー(台湾)、B・オルトメア(アメリカ)、スー・オー(オーストラリア)、J・M・グリーン(アメリカ)

15位以内の選手が来年の大会出場権を獲得しました。

👇元世界ランク1位のリディア・コのコントロールされたショットは、アマチュアゴルファーにとても参考になります!

まとめ

比嘉真美子、41年ぶりの日本人メジャー優勝…とても惜しかったです。残念でした!やはり、優勝する選手は、最終日に爆発的なスコアを出してきますね。優勝したホールは、出だしからバーディを重ね、17番までノーボギーで回り、女王にふさわしい勝ち方でした。

比嘉は、折り返したところからショットが左の方に曲がり始め、なかなかコントロールすることができませんでした。打ってはいけない場所にボールが転がるなど、勝利の女神は微笑んでくれませんでした。来年こそは、メジャー初制覇を目指して頑張ってほしいです。期待しています!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

酒好き必見!二日酔いに効くサプリメント7選と飲み方のポイント

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 83

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧