ゴルファボ TOPニュース第100回『全米プロゴルフ選手権』結果とハイライトまとめ

ファボる (お気に入りへ追加)

ニュース

第100回『全米プロゴルフ選手権』結果とハイライトまとめ

メジャー最終戦!男子プロ世界ナンバー1を決める大会が終了しました。昨年は松山英樹が優勝争いに絡みました…決勝ラウンドに進んだ日本人3名の結果は?最終日6位タイでスタートしたタイガー・ウッズは6つスコア伸ばしました。優勝争いの結果は…!?

出典:ALBA

海外メジャー最終戦、第100回全米プロゴルフ選手権 「ベルリーブCC(アメリカ:ミズーリ州)7316yd(パー70)」最終日が終了。

首位でスタートしたブルックス・ケプカが、6バーディ、2ボギー「66」でラウンドし、通算16アンダーで6月の「全米オープン」に続き、今季メジャー2勝目を飾りました。

ケプカは、メジャー3勝目、米ツアー通算4勝目を挙げました。年間で「全米オープン」と「全米プロゴルフ選手権」の優勝を同じ年に制覇したのは、18年ぶりタイガー・ウッズ以来史上5人目です。

2位には、9年ぶりにメジャー大会でトップ2に入ったタイガー・ウッズ。8バーディ、2ボギー「64」で、スコアを6つ伸ばし、通算14アンダーでメジャー最終戦を終えました。

3位には、通算13アンダーのアダム・スコット。4位は、通算11アンダーのジョン・ラームとスチュワート・シンクが入りました。

メジャー初優勝を狙っていた松山英樹は、1イーグル6バーディ、2ボギー、1ダブルボギー「66」でスコアを4つ伸ばしましたが、通算4アンダーの35位でフィニッシュしました。来年以降に期待です!

小平智は通算イーブンパーの59位、池田勇太は通算1オーバーの65位で終えました。

優勝:ブルックス・ケプカ

出典:GDO

名前:ブルックス・ケプカ
生年月日:1990年3月5日
身長:182cm
出身地:フロリダ州サンアントニア
出身校:フロリダ州立大
プロ転向:2012年
USツアー:4勝(うち3勝がメジャー)
日本ツアー2勝:ダンロップフェニック(2016、2017連覇)
ドライバーの平均飛距離:318ヤード

2017年「全米オープン」で初のメジャータイトルを獲得。2018年6月に「全米オープン」で29年振りの大会連覇を飾り、年間二冠を達成しました。

全米プロゴルフ選手権|ハイライト

1日目

出典:GDO

今シーズンメジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」が開幕しました。
昨年、5位で終えて雪辱に燃える松山英樹は、2バーディ、ノーボギー「68」の2アンダーで回り、16位で好発進しました。池田勇太も松山に続き、3バーディ、1ボギー「68」の2アンダーで回り、16 位につけました。

小平智は、1オーバーの62位、今平周吾は2オーバーの83位、時松隆光は3オーバーの100位、宮里優作は6オーバーの144位で初日を終えました。

初日首位に立ったのは、7バーディ、1ボギー「64」でプレーしたメジャー未勝利のゲーリー・ウッドランド。2位は、6バーディ、1ボギー「65」のリッキー・ファウラー。3位に南アフリカのブランドン・ストーンとザック・ジョンソン。

5位には、世界ランク1位のダスティン・ジョンソン、2015年全米プロチャンピオンジェイソン・デイらが入りました。

前年のチャンピオンのジャスティン・トーマスは1アンダーの33位。3年ぶり出場となるタイガー・ウッズは、イーブンパーの48位で終えました。

世界ランク1位のダスティン・ジョンソンの秘密です!シャットフェースは、アマチュアゴルファーにとても参考になります。ボールがつかまりやすくなります。

2日目

出典:GDO

雷雲接近のために、現地時間午後3時35分に中断になり、翌日の午前7時から再開しました。松山英樹は「68」で回り通算3アンダーの25位タイ、池田勇太も同じく3アンダーの25位タイで決勝ラウンドに進みました。小平智は1アンダーの49位。

今平周吾、宮里優作、時松隆光らは巻き返せず、予選落ちしました。

首位は、通算10アンダーのゲーリー・ウッドランド、2位に通算9アンダーのケビン・キズナー、3位に通算8アンダーのブルックス・ケプカとリッキー・ファウラーがつけました。

3日目

出典:GDO

午前中に前日の未消化分の第2ラウンド消化し、午後から第3ラウンドを行いました。

首位に立ったのは、3位でスタートしたブルックス・ケプカ。6バーディ、2ボギー「66」で回り、通算12アンダーで、6月の「全米オープン」に続くメジャー2勝目に弾みをつけました。

2位には、通算10アンダーのアダム・スコット。3位は、通算9アンダーでリッキー・ファウラー、ジョン・ラーム、ゲーリー・ウッドランドの3人が並びました。

日本勢は、小平智と池田勇太が通算2アンダーの45位、松山英樹は「73」と崩れ、通算イーブンパー63位と大幅に順位を落としました。プレー終了後のインタビューでは、口数も少なく悔しさがにじみ出ていました!

タイガー・ウッズは、前年チャンピオンのジャスティン・トーマス、ジェイソン・デイらと同じく、通算8アンダーで6位タイに並びました。

最終日

出典:ALBA

最終日は、タイガー・ウッズが魅せてくれました。大ギャラリーを引き連れて「タイガーチャージ」で追い上げました。タイガーは逆転でのメジャー優勝なく、今大会期待していましたが、優勝に2打及びませんでした。

首位でスタートしたブルックス・ケプカは、前半に連続ボギーを叩き、優勝争いから脱落しそうでしたが、地道にバーディを重ね、6月の「全米オープン」に続き、今季メジャー2勝目を挙げました。

同じ年に「全米オープン」と「全米プロ」を勝利するのは、タイガー・ウッズ以来の18年ぶりということです。

タイガー・ウッズの全盛期のショットです!

全米プロ上位成績

優勝  -16 B.ケプカ(アメリカ)
2位  -14 T.ウッズ(アメリカ)
3位  -13 A.スコット(オーストラリア)
4位T  -11 S.シンク(アメリカ)、J.ラーム(スペイン)
6位T  -10 T.ピータース(ドイツ)、F.モリナリ(イタリア)
J.トーマス(アメリカ)、G.ウッドランド(アメリカ)
10位T  -9 R.カブレラ ベロ(スペイン)、T.ハットン(イングランド)

2018年メジャー優勝者まとめ

マスターズ:パトリック・リード(アメリカ)

全米オープン:ブルックス・ケプカ(アメリカ)

全英オープン:フランチェスコ・モリナリ(イタリア)

全米プロ:ブルックス・ケプカ(アメリカ)

まとめ

メジャーのサンデーバックナインは、ほんとに面白いですね!ホールごとに順位が変わり、世界ナンバー1の選手を決めるにふさわしい大会でした!

やはりタイガー・ウッズはすごかった!スーパースターの復活は間近です。来年のメジャーでは必ず勝ってくれるはずです。

優勝したケプカは、18年ぶりに同じ年で「米オープン」「全米プロ」年間2冠という偉業を達成しました。タイガーチャージにも臆することなく、世界ナンバー1に相応しい強いゴルフを見せてくれました。まだ、USツアー4勝という低い成績が信じられません。今度はタイガーと一緒に回って優勝争いをしてほしいですね!9月の「ライダーカップ」が楽しみになってきました。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

酒好き必見!二日酔いに効くサプリメント7選と飲み方のポイント

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 83

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧