ゴルファボ TOP雑学ヘッドスピード計測器の正しい使い方とおすすめBEST3

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

ヘッドスピード計測器の正しい使い方とおすすめBEST3

ゴルフのスイング速度や飛距離が簡単にわかるのがヘッドスピード計測器です。クラブを振るときに近くに置いておくだけで計ることが可能。今回は選び方とおすすめのギアBEST3について紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

出典:amazon

スイングをしたときの自分のヘッドスピード(HS)を知っていますか?

ゴルフではヘッドスピードと飛距離は密接な関係があり、正確な数字が計れると自分がどれくらい飛ばせるかヤードの目安がわかります。番手ごとのヤード数を把握することは、グリーンを正確に狙うために欠かせないポイントです。

そこで今回は、おすすめのヘッドスピード計測器をご紹介します。打ちっぱなしなどで使用すると、自分のスイングの正確な数値をかんたんに測れます。使ってみるとゴルフの練習がもっと楽しくなるので、ぜひ参考にしてみてください。

ヘッドスピード計測器とは

ヘッドスピード計測器とは、クラブを振るときに近くに置いておくだけで数値が計れる機械です。おおよそ、7千円~1万5千円前後の値段で購入できるものが多くなっています。

HSだけではなく、ボール初速、飛距離、ミート率などを計ることができます。また打つときに番手を記録しておくことで情報が蓄積されて、そのクラブを使うとどのくらい飛ばせるのかがわかるようになっています。

使い方

ゴルフのヘッドスピード計測器は、スイングをするときに自分の後方1メートルほどのところに置くだけで測定できるようになっています。打ちっぱなし、ゴルフ場を問わずどこでも使えます。素振りのときの測定にも対応しています。

モデルによってはパターの距離が計れたり、アウトサイドインなどゴルフクラブの軌道がわかるものもあります。

さらにスマホやタブレット、PCと連動してデータが蓄積できるタイプもあり。自分の傾向を詳しく分析するためには外部と接続できる環境があるものを選ぶのがベターです。

飛距離とHSの関係

ゴルフではHSと飛距離は比例しています。

計算式にすると、「HS × 5.5」=「ヤード数」になります。たとえば40m/sだった場合は、5.5をかけて220Yがその人の目安です。HSが上がればヤード数も上がるのが一般的です。

逆算も可能です。たとえば250Y飛ばしたいと思っている場合、必要なのは「250÷5.5」でおよそ45.4。だいたい「45m/s」が必要だということになります。

ちなみにアマチュアゴルファーの男性の場合は平均で33~43m/s程度、ドライバーだと200Yほどが平均になっています。

↓↓↓ゴルフクラブの使い方と飛ばしの関係とは?今よりも10Y遠くへ運ぶためのコツもお伝えしますのでぜひチェックしてみてください。

ヘッドスピード計測器を選ぶ方法

選ぶときには3つのポイントがあります。

機能

測定できる数値が何か、というのが一番のポイントです。ボール初速やスイング軌道などモデルによってさまざまなことが計れます。ゴルフで自分が測定したいものが何かを考えてから選ぶようにします。

また、スマホのアプリと連動してデータが見られたりシャフトの軌道を解析できるものもあります。

持ち運びに便利か

ゴルフの練習場やコースなどで使うので基本的に持ち歩くものです。あまり大きいものや重いものは使いづらくなります。できるだけコンパクト、軽いものを選んでおくと便利です。

値段

各メーカーのモデルごとに値段に違いがあります。ざっくりいうと、ついている機能が多くなると値段も上がる傾向になっています。

自分の使いたいのが何かをはっきりさせたうえで、予算と相談してコストパフォーマンスの高いものを選びましょう。

ゴルフショップと差が出る理由

ゴルフショップでHSを計ると高めに出やすい、ということが言われています。

これはショップで試打したときに高い数字が出るとクラブを買ってもらいやすくなるという理由からです。試打したときに「スイングが速くて飛びますね」と言われれば、購入したくなりますよね。

ヘッドスピード計測器もタイプによって多少、高く出やすいなどの傾向はあるようです。そうした違いがあることは知ったうえで参考にしていきましょう。

おすすめモデルBEST3

ブリヂストン サイエンスアイ ポータブル GBS701

出典:amazon

重さは180グラムと軽量、コンパクトサイズで上着のポケットにも入れられるほどの大きさが便利です。

ゴルフの推定ヤード数のほかに軌道が計れるのが特徴。自分のクラブがアウトサイドから入ってくるのか、インサイドから入ってくるのかがわかります。

別売りのソフトを使うとパソコン上でも、計ったデータを管理することができます。

ユピテル GOLF GST-7 BLE

出典:amazon

ゴルフのボール初速、ミート率が一つの画面に表示されるユピテル製の商品です。

シャフトにモーションセンサーをつけることで、フェースなどの軌道を表示することができます。客観的にゴルフの動きを見ることができるので、動きの改善にも役立ちます。

Bluetooth対応のスマホやタブレットでも数字の確認が可能。パターを使ったときの球のスピードがわかるのも便利です。別売りの腕時計型端末を使うと、手元で数字を見たり番手を変更することもできます。

プロギア NEW RED EYES POCKET

出典:amazon

比較的手ごろな値段で手に入る計測器です。ミート率のほか番手ごとの推定ヤード数、消費カロリーも計ることができます。

赤いカラーが印象的、ボタンも大きく操作性がとても高いのがうれしいポイントです。数字も大きく一目でデータが確認できるのも特徴になっています。

消費カロリーもわかるのが面白いところ。日頃、健康管理に気をつけている人にとってもうれしい機能です。モードを変えることでゴルフ以外に野球のピッチングやサッカーのシュートなどほかのスポーツでの測定に活用できます。

↓↓↓ゴルフのレーザー距離計を特集した記事です。選び方のコツや気になる機能などを徹底調査しましたのでチェックしてみてください。

↓↓↓ゴルフスイングの基本を徹底解説!ドライバーやアイアンの使い方が詳しくわかるレッスンですのでぜひ参考にしてみてください。

まとめ

今回はゴルフのヘッドスピード計測器についてご紹介しました。どれくらい飛ばせるのか、速度がどの程度なのか、数字がわかると練習にも生かすことができます。

今よりももっと飛距離を出したいという方、正確なショットを打っていきたいというゴルファーにもぜひおすすめです。興味を持った方はぜひお試しください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

花粉症ゴルファー必見!乳酸菌を取り入れて春ラウンドを快適に楽 …

花粉症ゴルファーに辛い季節が今年もやってきます。せっかく暖かくなってきたのに花粉症でゴルフは無理!そんな方も多いのではないでしょうか ...
  • 雑学
  • 66

いま話題!銀座PGMの最新インドアゴルフを体験取材

銀座に新しくオープンしたインドアゴルフ施設『PGMゴルフアカデミー銀座』を取材してまいりました。都心で楽しめるワンランク上のゴルフ施 ...
  • 雑学
  • 64

予算500円以内!ゴルフの打球事故リスクを減らす保険を調査

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 411

ゴルフシャフトの作り方!クラブ選びが上達する4ステップ

なぜ色々なシャフトメーカーやモデルがあるのか。市場にはたくさんの製品が流通していますが、いったいなにが違うのでしょうか?気になったの ...
  • 雑学
  • 157

忘年会・新年会で疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

特集一覧