ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP雑学パター名器特集!初心者でもまっすぐ打てるのはどれ?

雑学

パター名器特集!初心者でもまっすぐ打てるのはどれ?

あなたはどんなパターが好きですか?今記事では、数多くあるパターの中でもとくに歴史に残る「名器」と呼ばれるパター達をご紹介します。初心者にもおすすめの一本から、こだわりのある人こそ使って欲しい名作までをまとめました。ぜひチェックしてみてください。

パターこだわってますか?

毎年新製品が発売されているパターですが、プロアマ含め、新しいものばかり使われているかと言われればそうでもありません。

ドライバーやアイアンなどと違い、10年20年近く前のモデルでも、未だに圧倒的に支持されている【名器】と呼ばれるものが数多くあります。

そこで今回は、ゴルフの歴史の中で特筆すべきパターの「名器」について紹介します。希少なモデルや、値段も手ごろで中古市場で見かけたら「即買い」のものもあり。あなたの最高の相棒探しに、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめのパター名器5選

ピン ANSER パター

出典:GDO

【軽めのパターが好きな方向け】

とてもオーソドックスで初心者から上級者まであらゆる人におすすめです。全体が軽いのでショートパットでもしっかりヒットしていけるのが利点。高い打音も心地よく、うまくミートできたときの爽快感は抜群です。

転がりもいいので、自分の感覚を生かしたパッティングができます。

アンサーは1966年に始めて発売されたモデル。ミスヒットに強く洗練されたデザインで爆発的な人気になりました。それから50年、このモデルの形状はほとんど変わることなく、多くのゴルファーに今も愛されています。歴史に残るパターの「名器」です。

スコッティキャメロン ニューポート2

出典:amazon

【ストロークを安定させる重量感】
アメリカPGAツアーで活躍する松山英樹が長く使っているのがスコッティ・キャメロン社のパターです。

中でもプロアマ問わず長い間、人気になっているのがニューポート2。削り出しで作られた精巧なデザインで、非常にソフトで気持ちのいい打感と高い打音も魅力です。

バックフェースにラインが入っているのでターゲット方向に構えやすく、うまくミートできないミスが出るとすぐにわかります。

構えやすく良く転がるのも特徴。2014年発売のモデルですが、中古市場でも長く人気の名器です。ちなみにスコッティ・キャメロンとはパター職人の名前。同社のパターはアメリカPGAツアーでの選手の使用率が1997年以来、1位となっています。

オデッセイ ホワイトホット#5

出典:amazon

【真っすぐ引いて打つタイプ向け】
ゴルファーそれぞれの感覚を生かしながらパットが打てるマレット型のパターです。

小ぶりなヘッドで操作性は抜群。真っすぐ引いて真っすぐ出すストロークをするのにはぴったり。強く打ち出すときも軽めに打つときも思い通りのイメージで球が転がります。

フェースの素材にウレタンを使っていて打感がとてもやわらか。2000年発売のモデルですが今なお根強い人気を誇っています。国内男子ツアーで屈指のパターの名手、谷口徹選手が長く愛用しているパターです。

20年近くの歳月を経てなお、現役。まさに名器と呼ぶにふさわしい逸品です。

オデッセイ ホワイトホット プロ 2BALL BLADE

出典:amazon

【ショートパットに特に強い!】
なんといってもターゲットに向けて構えやすいのが最大のメリットです。上から見るとボールを並べたようなデザインになっているので、カップまでのラインのイメージもすぐにつかめます。

重心位置も低くなっているので真っすぐにストロークがしやすくなっているのも特徴。パターを構えたとおりのそのまま、オートマチックに打っていきたいゴルファーにはぴったりのモデルになっています。安心して打っていけるので初心者の方にもおすすめの1本です。

テーラーメイド ロッサモンザ

出典:amazon

【ミスに強く真っすぐ打てる】
重量を持たせてフェース面をぶれにくくし、左右に打点が少しずれても方向性がぶれないのが最大の特徴です。

大型ヘッドなので構えたときの安心感も抜群。クラブ上部にデザインされたボール型の模様によって、カップに向かって正確に構えやすくなっています。

2008年の発売当時に大ヒット、PGAツアーのトッププロ、セルヒオ・ガルシアがこのパターを使用。マスターズで4位に入ったときに片山晋呉が使っていたことでも話題となりました。

ストロークの安定感が際立っている名器なので、なかなかパッティングが安定しない初心者でも使いやすくなっています。

↓↓↓自宅でもかんたんに練習ができる!パターマットの中から厳選したおすすめ5選を紹介しますのでぜひチェックしてみてください。


パター「名器」選びのポイント

パターのヘッドの形は大きく分けて「ピン」「マレット」「L字」の3つに分類されます。それぞれ利点や欠点などがあります。

ピン型

ピン型は小ぶりな形で構えやすく操作性がいいのが特徴です。トゥ側とヒール側にウェイトがあるので、ミスに強いというメリットがあります。

コントロールしやすい反面、フェース面が開きやすくなるので右へのミスに注意が必要です。

マレット

出典:amazon

ヘッドが大きいのでターゲットに対して構えやすく、直線的なイメージで振っていくことができます。

重心も深くできているので、多少芯を外しても転がる距離があまり落ちないという良さもあります。真っすぐ引いて真っすぐ出す打ち方をする人にはピッタリのタイプです。

出典:amazon

さらに大きい、特徴ある形をした「ネオマレット」というタイプも近年、多く販売されています。

L字

出典:amazon

操作性が抜群の中・上級者向けのタイプです。アイアンのようにフェースを開閉して打つため、難易度は高くなっています。

フェースを開閉しながら直線的に打ちたいというゴルファーに向いています。フィーリングを大事にする方にもうってつけです。

打ち方別・あなたに合った1本とは?

あなたは普段、グリーン上でどんな打ち方をしていますか。パターの場合はあなたの打ち方によって、最適なタイプがあります。主にストロークのタイプは「タップ式」「直線型」「アーク型」の3つがあります。

タップ式

青木功プロのように手首を使って、「パチン」とインパクトの強弱でタッチを出していく打ち方です。ヘッドのセンターにシャフトが刺さっているタイプが打ちやすいでしょう。

直線型

手首を使わず、腕と肩を使って、ヘッドを直線的に動かす打ち方です。マレットが打ちやすいでしょう。

アーク型

直線式とほぼ同じですが、ヘッドの軌道がやや緩やかに弧を描いています。インサイドインのような軌道です。L字が打ちやすいです。

いずれの名器についても自分の打ち方に合ったパターを選ぶのが第一。しかし、パッティングは個人のフィーリングによるところも大きくなっています。購入するときには実際に試打などをしてみて一番、しっくりくるものがベストです。

↓↓↓パターの打ち方と基本情報を徹底解説!3パット、4パットに陥らないためにぜひ参考にしてみてください。

↓↓↓ゴルフ初心者でも真っすぐ打てるパターとは?メジャー制覇者も愛用する高性能のクラブ、その秘密に迫ります!

まとめ

今回はパターの「名器」ランキング5選を紹介しました。

特に感覚によるところが大きいパターの場合は、お気に入りのギアが見つかると長く愛用できます。

ご紹介した「名器」はどれもファンが多く、特に人気が高くなっています。ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

東京都内のゴルフレッスン!おすすめスクール BEST7

東京都内おすすめのゴルフスクールを大特集!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなたのために選 ...
  • 雑学
  • 40

楽天ゴルフ保険がお得!月額たった230円で充実サポート

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 576

ライザップゴルフが100切りコミットできる秘密を調査

結果にコミットのライザップゴルフ。一度は行ってみたいと思ったことありませんか?これまでのレッスンプログラムといったい何が違うのか?ど ...
  • 雑学
  • 114

飲み会続きで疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り戻す …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 87

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 196

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる2つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 0

特集一覧