ゴルファボ TOP雑学ターフがごっそり!タイガーウッズのアイアンショットの秘密

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

ターフがごっそり!タイガーウッズのアイアンショットの秘密

タイガーのようなアイアンのターフを取るためには高度なダウンブローの技術が必要になります。ミスしてしまう可能性が非常に高いショットですが成功すれば間違いなく最高のショットになるダウンブロー。タイガーのスイングを参考にして解説いたします。

ターフがごっそり取れるアイアンショットに憧れますよね。

しかし、我々アマチュアが芝を取る時はほとんどダフった時です・・かっこいいターフの答えは正確なダウンブローにあります。アイアンを確実にダウンブローで打つとスイングの最下点がボールの先になるので、インパクト後ヘッドが芝に入り込みターフが取れます。タイガーウッズ選手のダウンブローはお手本のような非常に完璧なスイングです。

タイガーの完璧なアイアンショット

プロゴルファーのダウンブローは至難の業

プロゴルファーは皆簡単に打っているように見えますが、実はダウンブローは至難の業なのです。上から振り下ろしたクラブを最下点の前にピンポイントで当てなければいけないので非常に高い技術が求められます。ミスする確率が高いけれど打てた時は最高のショットになるのがダウンブローです。

素晴らしいダウンスイングの形です。右肘か体の近くにあり見事なインサイド軌道を描いています。右足を見てみるとこの時点ではまだベタ足です。ここで踵が浮いてしまうと力強いスイングになりません。しっかりダウンブローで打つには前傾角度のキープに合わせて上記のポイントが欠かせません。

インパクトの瞬間です。ボールにクラブヘッドが当たった瞬間はまだターフは取れていません。なぜならダウンブローの場合、ボールにクラブヘッドが当たった瞬間はスイングの最下点ではないからです。アマチュア選手のほとんどはインパクト前、もしくはインパクトの瞬間にスイングの最下点を迎えます。実際はそちらの方が再現性が高くミスに強いのでほぼ問題はありません。

ただダウンブローで打つことは、大きな飛距離を出したり、スピンをかけたり、プロの試合で勝つためには欠かせない要素なのでプロには必須の技術なのです。

インパクトのすぐ後の瞬間です。恐ろしいほど綺麗にターフが取れています。

以前、丸山茂樹プロがテレビで語っていました。

「タイガーは練習ではまったくターフを取らないのに、本番になるとこれでもかというくらいごそっと芝を削り取るんだよね」

クラブの入射角度を数ミリ単位で自在に操れるタイガーウッズの凄さを物語るエピソードです。あなたのスイング軌道をしっかりと把握し、その最下点がボール1個程度先になるように打ってみてください。タイガーの様なターフが取れるようになるでしょう。

最後はコントロールしたようなフィニッシュです。

フルスイングせずともターフはしっかり取れます。力で削り取っているのではなく、自然とクラブが芝をさらっていくのが理想的なターフの取り方です。初心者やアベレージゴルファーにはこのダウンブローは全くオススメしませんが、スイングがほぼ出来上がっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧