ゴルファボ TOP雑学傾斜からグリーンを狙うときの“3つのポイント”

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

傾斜からグリーンを狙うときの“3つのポイント”

「つま先上がり・左足下がり」あなたならどう打ちますか?傾斜からのショットを成功させるには、たくさんのポイントがあります。今回は池田勇太選手の傾斜からの見事なスイングをご紹介します。

傾斜からのショットは注意しなければいけないポイントがたくさんあります。

 

前後左右にどれだけ傾斜がかかっているかで、ボールの位置、クラブ選択、重心のかけ方、スイング方法、などナイスショットのためにありとあらゆる微調整をしなければなりません。今回は池田勇太選手が見せるつま先上がり、左足下がりの110ヤードのスイング動画をご紹介します。

 

つま先上がり・左足下がり・残り110ヤード

動画はこちらから 

 

インパクト

つま先上がり、左足下がりなどの傾斜からのショットで大切なことは傾斜に沿って立つということです。傾斜に反して自分が立ってしまうとクラブのロフト角が適切に働かないので思い通りのショットになりません。合わせてハンドファーストで打つことも注意しましょう。ヘッドファーストになってしまうと正しくインパクト出来ない可能性が高くなります。

 

残り100ヤードなどの短い距離からグリーンオンを狙う時は、フルショットはオススメしません。コントロールショットで確実にインパクトしグリーンを攻めましょう。池田選手はフェースを返さない打ち方でボールを真っ直ぐコントロールしています。フェース面をターゲット方向に向けるような意識でショットすると上手く打てます。ぜひ試してみて下さい。

 

松山英樹選手のフェース面を返さない打ち方はこちらで解説しています。

 

 

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧