ゴルファボ TOP雑学飛距離を上げるポイントはコレ!誰でも出来る“足の使い方”

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

飛距離を上げるポイントはコレ!誰でも出来る“足の使い方”

飛距離をあと+10ヤードでいいから伸ばしたい!そんなあなたにもっともオススメするポイントは足の使い方です。インサイド軌道やスイングの加速ほど難しくない、飛距離アップのポイントをご紹介します!

アマチュア選手の多くはインパクトと同時、もしくは直後に右足の甲がターゲット方向を向いてしまいます。これには早く振り抜きたいという思いや、ボールの行方が気になるなどの要因が上げられます。

しかし、この右足が早くクルッと回ってしまうと力強いインパクトやスイングスピードの向上は期待出来ないんです。フォロースルーまでベタ足で打つくらいのイメージで打てば飛距離+10ヤードが手に入ります。回転し辛いように感じるかもしれませんが、クラブヘッドが回れば体は勝手に回転しますし、素振りでベタ足をやってみるとインパクトで力が入った状態でスイング出来ると思います。

ベタ足のお手本スイング

インパクト

リッキー・ファウラ―選手のスイングはベタ足のお手本のようなフォームです。

つま先はフィニッシュ直前のギリギリまで正面を向いたままの完全なベタ足スイングです。なぜベタ足が良いかというと、その方がしっかり踏ん張れて力が入るスイングが出来るからです。早い段階でつま先になると、力は分散され飛距離だけでなく方向性も不安定になりやすくなります。

かかとを浮かさない位のイメージでショットしましょう。スイングの力で自然とかかとは浮いてしまうのでそれくらいの感覚で振って問題ありません。

ゴルフ界を席巻する韓国人ゴルファーのほとんどもベタ足スイングです。女子プロゴルファー、キム・ハヌル選手のベタ足でのフェアウェイウッドの映像でも良いイメージが身に付くと思います。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧