ゴルファボ TOP雑学ドライバーを飛距離アップさせる“意外な方法”とは?

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

ドライバーを飛距離アップさせる“意外な方法”とは?

ドライバーの飛距離を伸ばす秘訣はグリップにあった!誰でもすぐに実践できる!ミート率を上げて飛ばしだけでなく方向性も同時に向上させるポイントのご紹介です!

元世界ランク1位リディア・コ選手のスイングは、アマチュア選手の良いスイング参考になります。

彼女の2017年ドライバー平均飛距離は243ヤードですが、誰でも簡単にマネが出来てすぐに試せる方法があります。この動画ではグリップをよく見ると、ドライバーを指2~3本空けてスイングしています。

クラブが短くなるため遠心力は小さくなりますが、コンパクトに振る事によってミート率やスイングの加速が向上し、飛距離を上げる事が出来ます。

リディア・コ選手のドライバースイング

トップの位置も比較的浅めです。再現性の高いスイングをするために無駄な動きを極力抑えています。

トップ位置は浅めでもクラブはしっかりとインサイドから出しています。体の近くを振る事で力の入った強いスイングが可能になります。スイング全体をみても力感のないとてもリラックスしたスイングです。

↓↓↓ドライバーの飛距離を伸ばす「ビハインドザボール」とは?

↓↓↓禁断のドライバー飛距離アップ法!絶対にマネしないでください

まとめ

ドライバーの方向性はもちろん、なかなか飛距離が伸びないと感じているなら、グリップを短く持ってみる事をオススメします。コンパクトに振る事でミート率が上がり今よりももっと遠くへ飛ばせるようになるでしょう。ぜひ試してみてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧