ゴルファボ TOP雑学トラブルで役立つ!コントロールショット打ち方のコツ

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

トラブルで役立つ!コントロールショット打ち方のコツ

木々の間から打つトラブルショット。そんな時ボールを上げ過ぎてしまうと枝に当たって再び林の中へinしてしまう可能性があります。低くボールを打ち出して、まっすぐ飛ばすコントロールショットのコツをご紹介します!

フェアウェイから大きく外れて林の中へ…木々の間を通すことができればリカバリーできる!

そんな時、フルスイングはもっともやってはいけない打ち方です。コントロールショットで球を低く抑えてまっすぐ打つことがポイントです。この時、グリーンに乗せてやろう!とか、これが上手くいけばバーディーも狙えるかも…!などと欲張ってはいけません。空いたスペースにしっかり打って安全な場所に持っていく事だけを考えてショットしましょう。

ボールの行方が気になりすぎてヘッドアップにならない事も注意してください。

まっすぐ飛ばすコントロールショット

ボールをコントロールするには…

・クラブを短く持つ(距離を出したい時は番手を大きくしてください)

・ボールをやや右足寄りにする

・インパクト後、フェース面を返さずにターゲット方向に向けるようにフォローを取る

・バックスイングを上げ過ぎないように8割スイングを心掛ける

上記4つのポイントに注意してショットすることで、ボールを低く真っ直ぐ飛ばすことができます。ぜひ試してみてください。

↓↓↓傾斜からグリーンを狙う時の3つのポイント

↓↓↓100切りゴルファーの条件はコレ!その意外な内容とは…

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧