ゴルファボ TOP雑学スイングの秘訣は三角形!両腕の理想的な形とは?

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

スイングの秘訣は三角形!両腕の理想的な形とは?

飛距離と方向性をアップさせるバックスイングの秘訣は両腕の形にあります。この形を崩さずにスイングすることがナイスショットのポイントです!プロゴルファー小平選手を参考に解説いたします。

まっすぐ、より遠くにボールを飛ばすことはゴルファーの永遠の課題ですよね。ボールを正確に飛ばすためには注意するポイントがいくつもあります。今回はツアー屈指の飛ばし屋ながら、その正確性にも定評のある小平智選手のスイングを参考に、理想の両腕の形を解説いたします。

小平智選手のスイング

動画はこちらから
https://www.youtube.com/watch?v=ZAc-C6QV3iw&feature=youtu.be

飛ばしと安定に欠かせない肘の形

小平選手のスイングを上から見ると、テークバックの際に両腕が作る「三角形」が崩れないままトップを迎えているのがよくわかります。この三角形が崩れてしまうとテークバックで肩が回らなくなり、上半身のひねりが不十分になってしまいます。また、9時の位置までは右肘もほとんど曲がらず理想的なタメができています。

テークバックで上半身をしっかりとねじれを作り、フィニッシュまでしっかりと体が回転しています。頭の後ろにまで手がきており、スイング後の形として非常に理想的な状態と言えます。

小平選手のように正確にロングドライブをするには両腕で作る三角形をキープすることがとても重要です。今よりもっと飛距離を稼ぎたいというかたは是非練習に取り入れてみてください!

↓↓↓ドライバーとアイアンで変えなければいけないスイングのポイントをご紹介いたします。

↓↓↓ノーモアOB!ドライバーをまっすぐ飛ばすための秘訣を大公開!

↓↓↓ドライバーが上がらない方はこちらの記事をご覧ください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧