ゴルファボ TOP雑学ヘッドスピードを加速させる腰のバンプ習得法

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

ヘッドスピードを加速させる腰のバンプ習得法

これを見ずにしてヘッドスピードは上がりません!ナイスショットを打つには、ある程度のスイングスピードが必要です!加速するヘッドを生み出すためにはダウンスイングでの「バンプ」の動きが必須です。今回は、簡単にできる腰のバンプ習得法をご紹介します。

ゴルフクラブを振るには、ヘッドスピードは欠かせません。しかし、力一杯に振るだけではヘッドは加速せず、ミート率も下がってしまいます。

ポイントは「腰の移動と回転」いわゆる「バンプ」の動きです!

ダウンスイングからフォロースルーにかけて腰を体重移動させて回転することで、スイングが加速していきます。もっともしてはいけないことは、腰を移動させるだけで回転をせずに腕だけで振ってしまうことです。

ヘッドをスピードアップさせるにはいくつか方法はありますが、今回はその中でもスイングで最大の「加速」を生み出す腰の動きを身につける方法をご紹介します。

ドライバーのヘッドスピードを加速するためのバンプの動き

「バンプ」をする時の注意点!

バンプというのはダウンスイングの時に行う体重移動で、ターゲット方向(左足から伸びる垂直線上まで)に腰をぶつけていくという動きですが、バンプを行うとき、いくつかの注意点があります。

バンプの「ぶつかる動き」のときに注意していただきたいのは、ぶつかって終わりになってしまわないことです。そうなるとヘッドスピードを出すことができなくなってしまいます。

バンプというのは、ダウンスイングの動きのきっかけとしてはいいのですが、そのあとも必ず同じ強さで腰を動かし続けるということが大切です。

「バンプ」のイメージとしては、トップのポジションからダウンスイングを降ろしてくる時に「左足の側面の垂直線まで」腰が画像のように移動できるというのが理想的になります。このとき、左足側面の垂直線上まで移動した腰を回転させ続けて、フィニッシュまで腰の回転を止めずに動かし続けることを意識してください。

↓↓↓このイメージで腰を動かすとスムーズに回ります。

悪い例(BAD)

インパクトに向かってトップからクラブを降ろしてくる時に、「ぶつける」だけで終わると、ヘッドスピードは加速しません。

良い例(GOOD)

バンプを行ったあと腰を回転させ続ければ、インパクトからフォロースルーにかけてヘッドを加速させることができます。

トップポジションからクラブを降ろしてくる時に、バンプで腰をしっかりターゲット方向に移動させて、そのあと、そこで終わらずに回転させて、フィニッシュまで回転させ続けるというポイントを意識することがとても大切です!

さらにヘッドスピードを加速させる方法

バンプの動きに合わせて手首のスナップを使うとさらに加速します。ゴルフ初心者をはじめアマチュアゴルファーは、腕の使いすぎでヘッドがあまり走りません。スナップを使うときのコツとして、水面で石を跳ねさせる水切り投げをイメージしてください!石を軽く持ち、手首を柔らかくしてスナップで投げますよね。

クラブヘッドの加速の仕方も同じです。ヘッドの重さを感じるくらいに少し緩くグリップを握り、手首のスナップを効かせてスイングしてみましょう。ヘッドスピードが加速することを感じることができるでしょう。

もっと簡単にスイングスピードをアップしたい!逆転の発想で振りが速くなる。ヘッドスピードがぐんぐんアップします↓↓↓

まとめ

ヘッドスピードを上げるためには、バンプの動きと一緒に腰を回転させていくことが大切です。ショットを打つ前にシャドウで行うと効果的!

ダウンスイングからクラブを降ろしてくる時に腰をターゲット方向に体重移動させて、その勢いをそのまま回転力に生かすことでヘッドスピードを加速させることができます。

体重が乗ったインパクトは、風にも負けない強いボールが打てます。スピンも効きますのでグリーンでも“ピタッ”とボールが止まります。ぜひ試してみてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧