ゴルファボ TOP雑学ドライバーの方向性を上げるバックスイング2つのコツ

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

ドライバーの方向性を上げるバックスイング2つのコツ

今回は世界でもトップの飛距離と方向性を持つロリー・マキロイ選手のスイングを参考に、ドライバーの方向性がアップする「バックスイングの始動のコツ」をご紹介します!

ドライバーは飛距離を求めてしまいますが、一番大事なのは方向性ですよね。

いくら飛んでもOBになってしまえばペナルティが付くだけで、まったくうれしくありません。

ドライバ―の方向性をアップさせるには、インパクトが大事ですが、そのインパクトを理想的な形にするためには、その前のダウンスイング、トップ、バックスイング、そして始まりのアドレスが重要になってきます。

今回はその中でもバックスイングの上げ方のポイントをご紹介します。参考動画は世界トップクラスの飛ばし屋マキロイ選手。大きな飛距離を出しながらもフェアウェイにしっかり持っていくためのポイントはここにもあります。

マキロイ選手のバックスイング

まずはアドレスです。ドライバ―の方向性を上げるには兎にも角にも、ターゲットに対してスクエアに構える事です。マキロイ選手も肩や胸、腰などを細かく動かして、スクエアに構えています。

そして今回のポイントのバックスイングの始動です。

クラブを上げる際にアマチュア選手はインサイドに引きすぎる傾向があります。

インサイドに引きすぎると、体重移動がうまく出来なかったり、その後のダウンスイングがアウトサイドインの軌道で入ってきやすくなるなど、ミスにつながる要素が多く生まれてしまいます。

画像のマキロイ選手のように、バックスイングの始動20㎝~30㎝くらいまでは、まっすぐ後ろに引くくらいの感覚でテイクバックしてみてください。フェースの戻りも良くなり方向性がアップするはずです。

↓↓↓ドライバーの飛距離をアップさせるコツを紹介しています。

↓↓↓飛距離を伸ばすためのスイングについてもっと詳しく見る

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧