ゴルファボ TOP雑学ロブショット(フロップショット)を打つときの4つのポイント

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

ロブショット(フロップショット)を打つときの4つのポイント

ロブショット(フロップショット)で高い球を打てるようになるとグリーン周りからのアプローチショットの幅が広がり、前方に障害物がある場面でも積極的にカップを攻めていけるようになります。打ち方のコツと名手フィル・ミケルソン選手のショットをご紹介します。

グリーン周りのアプローチでは、転がして攻めるか、上げて攻めるか、の2パターンがあります。

基本的にボールは転がしたほうが大きなミスには繋がりにくいですが、前方にバンカーや池があって転がせない時は、ボールを高く上げて打つロブショット(フロップショットとも呼ばれます)を選択する必要があります。

ボールを高く上げる打ち方をマスター出来れば、グリーン上でボールをピタッと止められるだけでなく、バンカーショットなども上手く打てるようになります。フィル・ミケルソン選手のロブショットをぜひ参考にしてみてください。

ミケルソンのロブショット(フロップショット)

ロブショット(フロップショット)は、ボールが浮いている状態の時に打つことが出来ます。ボールが沈んでいるときはクラブヘッドがボールの下に入りにくくなるので、ミスショットになる可能性が高くなります。

打ち方のコツは…

①ボールは左足寄り→②クラブフェースを開く→③オープンスタンス(左を向いて構える)→カット打ち(すくうように打つ)です。フォロースルーまでしっかりと振り抜くことも重要です。

ロブショット(フロップショット)の打ち方についてもっと詳しく知りたいかたはこちらをご覧ください。↓↓↓

 

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧