ゴルファボ TOP初心者ゴルフ初心者のためにスイングの基本を解説

ファボる (お気に入りへ追加)

初心者

ゴルフ初心者のためにスイングの基本を解説

なんだかスイングがぎこちない。上手くボールに当たらない。そんな初心者にもっともオススメするのはスイングの基本に忠実にショットしてみることです。まだまだフォームが安定していない時期だからこそ、スイングの基礎を見直してみましょう。

ナイスショットをするために必要な要素はたくさんあります。

今回は、ゴルフ初心者が最初に知っておくべきスイングの基本中の基本と、そのポイントをご紹介いたします。

まだゴルフを始めて間もない初心者に、大量の情報をお伝えすると混乱してゴルフがイヤになってしまう可能性がありますので、出来るだけ簡単に分かりやすく説明していきたいと思います。

ゴルフはインパクトが全てです

ゴルフクラブのフェースがボールに当たる瞬間、正しい角度で力が十分伝わるのならどんな打ち方でも問題ありません。

ですが、基本となるスイングをしっかり身につけたほうが効率的にその動きが身に付きますし、ゴルフが上達する速度も速くなります。

なにより我流で進めてしまうと変な癖がついてしまい後々のレベルアップの障害になる可能性がありますので、スイングの基本はしっかり身につけることをオススメします。

スイングの基本用語

・グリップ(握り方)
・アドレス(構え方)
・バックスイング(クラブを振り上げる)
・ダウンスイング(クラブを振り下ろす)
・インパクト(ボールにクラブが当たる瞬間)
・フォロースルー(振り抜きの形)
・フィニッシュ(スイングの最後の形)

これからあなたがゴルフを学んでいくにあたって幾度となく出てくる基本用語です。

ゴルフスイングを単純に言うと、クラブを握って→構えて→上げて→下ろして→当てて→振り抜けばOKなのですが、これが難しいのです。

各項目の基本やポイントを学んでいきましょう。

①グリップ

ゴルフクラブをどう握るかです。

基本的なグリップの握り方は3種類あります。

どの握り方が良いということはないので、自分の握りやすいグリップでOKです。

ここがポイント!
クラブを強く握り締めないようにしましょう。

クラブヘッドの重みを感じることが出来るくらいの力で握ることが大切です。

②アドレス

クラブの構え方です。
まずはターゲット方向(目標)にまっすぐ構えることが基本です。

両足を肩幅程度に開き、膝を適度に曲げます。
(クラブの番手に合わせて多少の幅の調整しましょう)

上体を前傾させ背筋を伸ばします。
背骨に一本の棒が入ったようなイメージで軸を作り、この軸をインパクトまでブレないようにすることが基本ポイントです。

両腕は前傾角度から力を抜いて、だらんと下に垂らした角度が適切な位置になります。

最後にお尻を上に突き上げるようなイメージを持ち、内腿に力を入れてしっかりふんばればアドレスの完成です。

③バックスイング

バックスイングではクラブを上げる動作につられて、体の軸が動いてしまわないよう気を付けましょう。

上手く腕をあげられないという場合は、

・顔を右側に回転させる
・右肩を背後にひく

などを意識するとバックスイングがしやすくなります。

ボールを見続けると上体が左に傾くので、顔を動かさないのではなくて頭の位置を動かさないように意識しましょう。

ミスショット防止のためにも初心者のうちは、あまり上までクラブを上げ過ぎないことをオススメします。

④ダウンスイング

ダウンスイングでは、打ち込む意識が強くなりすぎて体がつっこまないよう気を付けましょう。

【ポイント】
・上体の前傾角度のブレに気をつける
・体ごとターゲット方向に移動しない
・クラブをインサイドから出す

など様々なポイントがありますが、
初心者に一番大事な基本は軸を安定させることです。

上下左右の体の軸のブレに気を付けましょう。

体の軸さえブレなければボールはしっかり前に飛んでくれます。

⑤インパクト

ゴルフの全てはこの瞬間に集約されます。

インパクトで特に意識しなければいけないことは、
クラブを加速させるということです。

初心者含めアマチュアゴルファーの多くはインパクト前のダウンスイングの段階で、スイング速度の最大を迎えています。

効果的な方法として、ボールの20cm先を打つような感覚でスイングしてみてください。

インパクトにかけてスイングを加速することが出来れば、大きな飛距離アップに繋がります。

⑥フォロースルー

フォロースルーのイメージを強く持つことで、クラブヘッドを走らせることが出来ます。

【ポイント】
・前傾角度を維持する
・左腰をしっかり背後に回す
・左ひじの引けに気をつける

特に左ひじが曲がった状態のフォローはスイングが加速出来ていない証拠でもあります。

フォローでは左ひじをターゲット方向ではなく、背面に向ける形を作りましょう。

フォローの形を鏡などでチェックし、スイング中その形になれるよう繰り返し練習しましょう。

⑦フィニッシュ

正しいフィニッシュはかっこいいだけでなく、正しいスイングが出来た証でもあります。

初心者のうちは最後がグラついたりしますが、ここをしっかり決められるように練習しましょう。

【ポイント】
・体重を左足に乗せる
・右足はつま先立ち

クラブヘッドの加速には③バックスイング④ダウンスイングよりも⑥フォロースルー⑦フィニッシュを意識することが効果的です。

まとめ

今回は初心者のためのスイングの基本を端的にご紹介しました。

チェック項目が多すぎて、最初から全てを気にしながらスイングすることは不可能だと思いますが、まずはクラブを何度も振ってみましょう。

基本を繰り返すうちにこれらのスイング軌道も安定し、ポイントが徐々に見えてくると思います。

その時がスイング改善のタイミング、そしてゴルフが上手くなる瞬間です。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。神奈川県茅ヶ崎を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

特集一覧