ゴルファボ TOP初心者ゴルフ初心者へ!力の抜き方がわかるマル秘テクニック集

ファボる (お気に入りへ追加)

初心者

ゴルフ初心者へ!力の抜き方がわかるマル秘テクニック集

ナイスショットを打ちたいのにいつもダフったりトップしたりのミスばかり…そんなゴルフ初心者でもマル秘テクニックを試すだけで、簡単にボールをヒットすることができます。ゴルフをはじめたばかりの人や力の抜き方がイマイチわからない人は必見です!

ゴルフは、「いいショットを打ちたい!」「失敗したくない!」「いいスコアで回りたい!」と思えば思うほど、上手くいかないものです。特にゴルフ初心者は、プレーの経験も少ないのでミスの原因が分からず悩みも増していくことでしょう。

実は、ゴルフのミスの原因のほとんどは、緊張や気合いの入りすぎで、身体の筋肉が硬直しているからです。そうなると思うようなゴルフスイングはできません。力の抜き方が分かれば…よりスムーズに打てるようになります。今回は、ゴルフ初心者でも楽に振ることができ、方向性や飛距離がアップする力の抜き方についてご紹介します。

ゴルフのベテランでも、「ここ」というときにはどうしてガチガチになってしまいます。力の抜き方がわかると、疲れずに楽しくラウンドすることができます。ぜひ、お伝えする”マル秘テクニック”を試してみてください。スコアアップも期待できますよ!!

ゴルフ|パワーはいらないの?

ゴルフでは、身体が脱力していたほうがスムーズにクラブを振ることができます。ゴルフは、クラブのシャフトのしなりを利用してゴルフボールを飛ばしますので、身体や腕が固くなっているとクラブの特性を活かすことができません。飛距離を伸ばすには、脱力がポイントになります。

軽く振っても飛ばすゴルファーは、パワーを入れるところ、緩めるところを使い分けて振っています。そのポイントを知ることでゴルフ初心者でも力の抜き方が分かるようになります。

チカラを入れないところは…?

アドレス、テイクバックでは絶対に入れないでください。ここで入れてしまうと、プレーンから外れる可能性があります。外れると二度と正しい軌道に戻すことはできなくなってしまいます。そこから無理にボールを打ちにいくので、身体が突っ込んだり、手先で合わせにいったりして、ミスになってしまいます。

チカラを入れるところは…?

ゴルフで一番パワーが必要なところは、インパクトの直前直後です。飛距離を出すためには、ヘッドスピードを最大にしないといけません。トップポジションからダウンスイングにかけて徐々に入れていき、インパクトでパワーを爆発させていきます。その後はまた全身を緩めて、フィニッシュをとります。

ゴルフ|力の抜き方マル秘テクニック

チカラの入れる方法がわかったと思います。しかし初心者は、どうしてもゴルフボールを前にすると緊張して身体がガチガチになります。ここからは、具体的にどうすれば、緩めることができるのかをご紹介していきます。

グリップの力の抜き方

ゴルフ初心者はグリップを力強く握る傾向にあります。握りすぎるとクラブをうまく操作できませんので注意しましょう。グリップは唯一人間とクラブの接点になりますので、しっかりとチカラの抜き方を覚えましょう。

グリップの基本は、左手の小指、薬指、中指の3本をしっかりと握り、残りの指は軽く添えるだけです。しかし、「飛ばしてやろう」とか「失敗しなくない」と思うと、握り過ぎてしまいます。

その時は、グリップした後、両手で力一杯”ギュッ”と3秒くらい握り続け、緩めます。すると腕の力の抜き方が分かると思います。それでアドレスをとると、リラックスした構えになります。

ゴルフ初心者はグリップの握りを知ると上達が早くなります。参考にどうぞ!

力を入れるタイミングを覚える

スイングでちからを入れるタイミングは、インパクトの直前直後です。イメージとして、野球のピッチャーが投げるところを想像してみてください。振りかぶってボール頭の後ろに持っていくまでの動きは緩やかな動きだと思います。そして、頭の後ろからバッターに投げる時に最大限にパワーを出して投げます。ゴルフのスイングもトップまではリラックスして、インパクトにかけてチカラを入れて、直後にまた緩めるということになります。

スイングするときには、この力の抜き方のタイミングを覚えておきましょう。

インパクトにパワーを集結させる方法です!飛距離アップには欠かせません。

クラブの重さを感じる

腕にちからが入っていると、ゴルフクラブの重みを感じることがありません。アドレスの前にゴルフクラブの重さを感じなければ、力が入っている証拠になりますので、そのときは、手首を柔らかく使い、ヘッドを上下に動かして重みを感じください。力の抜き方が分かってきます。

打つ前にフルスイングの素振りはしない

素振りでは気持ち良く振れるのに、実際にボールを前にして構えるとガチガチに身体が固くなる人が多いと思います。ゴルフ初心者に限らず、アマチュアゴルファーはゴルフボールを打つ前にフルスイングに近い素振りをしています。

実はこれ、もったいないことをしています。この素振りがナイスショットを生んでいたかもしれません。素振りではなく腰から腰までワッグルのように軽く振り、インパクトの瞬間にパワーを入れるイメージを作ります。

そうすることで、力の抜き方のタイミングを知ることができるので、スムーズなショットが打てるようになります。

ゴルフには「ワッグル」という力の抜き方があります。ショットの前にするととても効果的です!

パターのときは…?

パターのストロークはとてもデリケートです。そこで思い切り握るとタッチが出せません。パターのグリップは、そっと握る程度にしましょう。とはいっても、大事なパットのときはどうしても固くなってしまいます。

そのときは、息を「スッ、スッ」と2回ほど吸って、吐くときは吸ったときよりも長い時間をかけて、ゆっくりと「スーーーーッ」と吐き出します。そうすることで全身が脱力してきます。抜けたところでアドレスを構えてストロークします。

まとめ

いかがだったでしょうか?力の抜き方がわかりましたか。それがわかると、ゴルフクラブのシャフトを上手く使うことができるので、ドライバーショットの飛距離がアップします。

また、ゴルフスイングも安定してきますので、初心者でも大幅にスコアを伸ばすこともできます。ぜひ、ご紹介した力の抜き方“マル秘テクニック”を存分に活かして、ゴルフ仲間や先輩、上司を驚かしてください!

 

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧