ゴルファボ TOP初心者ドライバー|初心者の打ち方はココがダメだった。上達の秘訣公開

ファボる (お気に入りへ追加)

初心者

ドライバー|初心者の打ち方はココがダメだった。上達の秘訣公開

初心者ゴルファーのドライバーの悩みは尽きません。飛距離が出ない、真っ直ぐ飛ばない、当たらない、そんな悩みは原因を一つずつ解決していくしかありません。ご紹介する方法を試せば必ずナイスショットは出ます!

初心者ゴルファー1番最初に当たる壁がドライバーです。

真っ直ぐ飛ぶ気がしない・・・打ち方が分からない・・・
曲がってOBになってしまうのが怖くてドライバーが持てない・・・

そう思いながらラウンドしていませんか?

無理もありません。なぜならドライバーはゴルフクラブの中で一番扱うのが難しいクラブだからです。クラブヘッドと自分の体が遠くなればそれだけ芯に当てるのは難しくなります。

しかし、ミスショットの原因となるアドレスやスイングの間違った動きをしっかり把握し、正しい打ち方のポイントを押さえれば初心者でも気持ちよくドライバーショットを打てるようになります。

今回はドライバーでよくやってしまうミスとその解決法をご紹介します。

ドライバーの基本:ボールの位置と高さ

ドライバーショット時の適切なボールの「位置」と「高さ」はすべてのミスに繋がるとても大事なポイントです。ボール一個分違うだけでも結果は大きく違ってきます。

左かかとの直線状に球をセットし、高さはあなたのドライバーからボールの3分の1もしくは半分くらい上部が出るくらいの高さに設定しましょう。

ゴルファーごとの打ち方やタイプによって若干位置は変わりますが基本はこの位置です。ここから始めてあなたなりに微調整していってください。

ドライバーの基本:足幅

肩幅よりやや広いくらいに開きましょう。開き過ぎは体が回転し辛くなり、狭すぎはグラついてしまう原因になります。ターゲットに向かってスクエアに構えましょう。

初心者ゴルファーのミスショットの大きな原因に「違う方向を向いている」ことがあります。コースの傾斜や景色の影響もありスクエアに構えることはとても難しくなります。プロもラウンドの時は非常に気を付けているポイントです。

コース上では、なにか目印(色の違う草や、地面の傷など)ようなものを見つけて目標方向をしっかりアドレスするようにしましょう。

ドライバー:ボールに当たらない

【原因:大振り】
スイングが大きくなればそれだけ体の軸はブレやすくなります。大きく振りかぶればそれだけ飛距離が出るように思ってしまいますが、初心者の頃の大振りは力のほとんどがインパクト前に分散されています。コンパクトに当てることを目指すことによってミート率が上がりしっかりショットすることが出来ます。

【解決法:8割スイング】
バックスイングの時にトップの位置を少し下げてみてください。初心者のドライバーがボールに当たらない原因の一つにオーバースイングがあります。トップの位置が高すぎてクラブヘッドが顔の左側まで下りてきているパターンです。過度なオーバースイングはブレの大きな原因になります。

コンパクトなバックスイングにして確実にミートする打ち方を身につけましょう。

ドライバー:飛距離が出ない その1

【原因:手打ちになっている】
初心者の飛距離が出ない打ち方の大きな原因は力をしっかり溜められず、手打ちになっていることです。ドライバーショットで飛距離を出すには体の捻転をつかって大きな力を生み出し、それをインパクトに伝える必要があります。

【解決法:捻転を作る】
ドライバーのテイクバックの時には下半身をしっかり踏ん張り、上半身をしっかり回転させましょう。この時に右膝流れないように足の内側の筋肉を意識することが大事です。体が固くてうまく上半身が回せないという方は右肩を背後に引くイメージをもってみてください。右肩が後ろに周れば自然と左肩も一緒に回転し捻転が作れます。

この時に左肩が丁度アゴの下に来るくらいまで体を回すことが大切です。この態勢で停止するとかなりきついと思いますが、このキツさが力を生む理想的な形です。

初心者の頃からこの動きを習得することはドライバーショット含め、後のレベルアップに大きく関わってきます。

ドライバー:飛距離が出ない その2

【原因:当てに行っている】
当てに行ってしまう打ち方ではボールの直前でヘッドスピードが弱まり飛距離がでません。第1打のドライバーでどうしてもOBを出したくない気持ちが意識しないうちに自然とスイングを弱めてしまっているのです。素振りと実際に打つときでは打ち方がまったく違うのはこれが原因です。

ドライバーで飛距離を出すにはインパクト前後にかけてヘッドを加速させ振り抜くことが大切です。

【解決法:ヘッドスピードを上げる】
ヘッドスピードを上げるにはスイングをした時に体の左側で「ビュッ!」と音が鳴る状態を作ることが必要です。ドライバーショットではボールの20cm先を打つようなイメージで素振りをしてみてください。自分の体の左側の方でビュッ!と音がすればヘッドが加速している証拠です。

素振りをした時に右耳の方で音がなってしまっている方は是非試してみてください。初心者でも簡単にできるヘッドスピードを上げる方法です。

ドライバー:ボールが曲がる

【原因:アウトサイドイン】
ダウンスイングでクラブヘッドがアウトサイドから下りてくることにより、こする様な打ち方になると球にスライス回転がかかって大きく右に曲がってしまいます。クラブヘッドをインサイドから出す意識を持ちましょう。

【解決法:インサイドイン】
ダウンスイングの時に適度に内側から下ろしていくイメージが効果的です。過度にやりすぎてしまうと煽るような打ち方になってしまいダフりの原因になるので、適度にインサイドから下ろすことが大切です。ボールに覆いかぶさるような打ち方にだけはならないよう注意しましょう。

ドライバー:スライス、フック、プッシュアウト

【原因:クラブフェースの開き】
インパクトでクラブフェースが開いた状態だとスライスや右側に打ち出してしまうプッシュアウトの形になってしまいます。逆に閉じた状態でインパクトするとフックがかかり左に曲がってしまいます。

【解決法:フェースを閉じる】
初心者にもっとも多いスライス。スライスが多いゴルファーはインパクトでクラブヘッドをしっかり閉じることが大切です。もしくはアドレスの時点で少しヘッドを閉じた状態からスイングをスタートさせることもプッシュアウトには効果的な打ち方です。

フックしてしまうゴルファーはドライバーショット時に少しフェースを開いた状態で構えてみるのも改善策の1つです。

初心者はガチガチに固まったフォームでショットしてしまいがちです。リラックスして打つこともボールを曲げない打ち方に効果的です。

ドライバー:ボールが上がらない

【原因:打ち込んでいる】
初心者ゴルファーの球が上がらない原因に過度な「打ち込み」があります。ドライバーには球を上げる為のロフト角が備わっています。上から打ち込んでしまうような打ち方でインパクトしてしまうとロフト角が立ってしまい低弾道の球になってしまいます。

【解決法:払うように打つ】
飛距離を出すためにはドライバーの軌道が上がっていくときに球を捉えることが大切です。インパクト前後で払うような打ち方にしましょう。力を抜いて水平に捉えることが出来れば高弾道の球が打てるようになります。

まとめ

  • ドライバー時のボールの位置と高さ、足幅などアドレスの基本を確認する
  • 体の捻転で力をためてヘッドスピードを弱めないように加速させて打つ
  • インパクトのフェース面の開きや閉じ過ぎに注意してスイングする

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。