ゴルファボ TOP初心者ゴルフ初心者が練習前にまず考えるべき5つのポイント

ファボる (お気に入りへ追加)

初心者

ゴルフ初心者が練習前にまず考えるべき5つのポイント

ゴルフでは『しっかり考えて打つ』ということが何よりも重要です。練習法やスイング理論ももちろん重要ですが、ショット前にちょっと考えをプラスするだけでショットは劇的に良くなります。今回はゴルフ初心者が練習をする前にまず知っておくべき上達ポイントのご紹介です。

ゴルフでは練習量と上達速度は比例しません。

なんとなく練習していたり自分に合っていないスイングを繰り返してしまうと、効果が表れにくいだけでなく、変な癖がついて上達の妨げになる可能性があります。

大切な事は効果的な練習法を効率よく行うことです。そのために普段のスイングのまえにちょっとした練習法をプラスをしてみてください。初心者ゴルファーでも、少ない練習量でも効率的に上手くなることが出来ます。

今回は初心者の入門書としてぜひ取り入れたいただきたい、練習前にまず考えるべき5つのポイントをご紹介します。

ゴルフ練習前に考えるべきポイントとは?

ゴルフは考えるスポーツです。

身体的な面も大切ですが、この状況からはどう打つのがベストか、今自分はどんな状況に置かれているのか、しっかり考えることがゴルフでは最も重要とされます。

240ヤード飛ばせる初心者ゴルファーと、200ヤードも飛ばないベテランゴルファーのスコアが同じだったりするのは、これが大きな要因です。経験を積めば積むほどしっかり考えるようになります。

初心者であれば練習やラウンドで先輩ゴルファー達を観察してみて下さい。一球一球の間をしっかり取っていたり、ショット前に何かブツブツ呟いていたりしています。考えてボールを打つことはどんな練習よりも効果的な上達法です。

柔軟性を上げる

ゴルフでは柔軟性がとても大事です。

飛距離アップにも方向性アップにも絶大な効果を発揮します。しかし初心者は力いっぱい打つことに終始してしまい、あまりストレッチなどは練習で行いません。

練習場に着くと、クラブを振りたくなってしまいますが、まずは3分程度でも良いのでストレッチから始めましょう。プロゴルファー達は1時間ほどかけて入念にストレッチをしています。

ストレッチをすることで両足の踏ん張り、体の回転、アームローテーションと呼ばれる腕の動き、全てがスムーズになり良いスイングが出来るようになります。また体が柔らかく動けるようになるとケガなどの防止にも繋がります。寒い日は特に入念にストレッチを行いましょう。

↓↓↓柔軟性を高めるストレッチの方法についてさらに詳しく紹介します。

■効果的な練習
ドライバーを両肩に担いで左右に回転します。スイングをイメージして足を踏ん張って頭が動かないように上半身を回しましょう。ドライバーで両肩が固定されているので体の軸を体感できると思います。軸を意識しながらスイング出来ることが理想的です。

慣れてきたら上体を前傾させ通常のアドレスの角度にセットします。そのまま前傾角度を維持して体を回転させましょう。この時も両足と頭は動かず、上半身だけ回転するようにしましょう。

練習で使うクラブの番手

ドライバーでマン振りでスカッと爽快!

確かにドライバーは最高に気持ち良いですが、いきなり大きい動きばかりをしてしまうとスイングに必要な「感覚」というものが掴みにくくなってしまいます。それに筋を痛めてしまうなどのケガのリスクもあるので、まずはウェッジやピッチングなどの小さい番手を練習しましょう。

■効果的な練習
小さい番手でまずは軽く素振りをしてください。そして以下の点に注意しながらだんだん素振りを大きくしていき実際にボールを打って行きましょう。

グリップをガチガチに握っていないか
体が上下左右にブレていないか
足元がフラフラしていないか
打ちたい方向を真っ直ぐ向いているか

番手を大きくしていった時にミスショットが続くようであれば、どこかがおかしくなっている可能性があります。一度小さいクラブに持ち直して問題点を探しながら練習すると、とても効果的です。

スイングイメージ

右打ちゴルファーであればスイングのカギとなるのは右手ではなく「左手」です。左手主導で振ることで方向性や安定性が増します。

過半数以上のプレイヤーは右利きなので右腕を使い過ぎてしまう傾向があります。右腕を使い過ぎると余計な力が入ったことによってヘッドスピードが下がったり、ダフりなどのミスショットが増えたりします。

■効果的な練習
ドライバーでもアイアンでも良いので、左手一本で素振りをしてください。フルスイングする必要はなく、軽めのスイングで大きく軌道を描くようにしましょう。大切なことは左手が主導して振る感覚を身につけることです。

ある程度イメージが掴めてきたら右手も使って振っていきましょう。この時も左主導の感覚を持って振ることがポイントです。

考える練習を習慣付ける

『初心者ゴルファーはボールを連打してしまう』

これは打ちっ放しなどの練習場での初心者あるあるです。なんとなくクラブを持って前に飛ばすことだけを考えて連打していませんか?ボールを打った回数も上手くなるためには欠かせませんが、ちょっと考えをプラスするだけで上達速度は倍以上になります。

必ず素振りをして、どんなポイントを練習しているのか把握してから打ちましょう。

■効果的な練習
1球打ち終わったら、今の球筋はどうだったか。良くても悪くてもなぜそうなったのかを考えて次のショットに活かしましょう。そして素振りでそのポイントを確認してから打つことをおすすめします。

『打つ→確認する→素振りをする→打つ→・・・』

この一連の流れを繰り返すことでスイングは改善され良いイメージは体に定着していきます。初心者のうちからこの感覚を身につけておくことは後のレベルアップにも大きな意味を持ちます。

どこまでバックスイングを上げているのか、インパクト前にヘッドが失速していないか、フィニッシュがしっかり決まっているか、などの自分のポイントをしっかり確認し、考えながら打ちましょう。

ゴルフクラブを変えて打つ

ゴルフ初心者のうちはラウンドで上手くいかないことだらけだと思います。

練習場では出来ていたのにコースに出るとなぜかミスばかり…、それには理由があります。

練習場では同じクラブで何球も打つのでショットのイメージがつかめますが、ラウンドは違います。コース上のほとんどのショットは毎回違うクラブを使いますよね。ここを考える必要があります。

ドライバー
ユーティリティー
アイアン
ウェッジ or パター

この番手が毎回変わることによってフォームやショットのイメージが変わってしまい、ミスしてしまうのです。

初心者がスコアを効率的に上げていくには、ラウンドを想定してシャフトの長さやクラブ重量の変化を考えるようにして、番手が変わってもすぐ対応出来るように練習していく必要があります。

■効果的な練習
練習の最後で良いので、頭の中で「仮想ラウンド」をしてみてください。そして1球1球違うクラブでショットしてみるのです。

例えば、最初にドライバーを使います。そして上手くナイスショット出来たとしましょう。その後はこのように考えるようにしましょう。

「ここはパー4の390ヤード。今の一打は230ヤードくらいは飛んだから残り160ヤードを6番で打とう。6番アイアンを打った後、グリーンを外れたらウェッジを使って残りを寄せよう。」

といった感じです。このような順序で番手を一つ一つかえて打っていくことでかなり実践的な練習が出来るようになります。練習の段階で番手の変化にすぐ対応できる力をぜひ身につけてみてください。

↓↓↓初心者の方のスイングが劇的に変わる法則とは?

↓↓↓スイングの際のダフリに悩んでいる方はこれを見て修正しましょう!

まとめ

ゴルフは考えるスポーツです。1つ1つのプレイを考えながら練習をすることで、初心者でも短期間で100切りが達成出来るほどの実力を身につけることができます。

仕事や家庭で忙しいアマチュアゴルファーでも今回ご紹介した「考える練習法」を試して頂ければ少ない練習量でも効率的に上手くなることができます。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧