ゴルファボ TOP知識バンカーショットの打ち方と練習法をかんたん解説

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

バンカーショットの打ち方と練習法をかんたん解説

バンカーで何度打っても抜け出せない。。原因は砂を打ち込み過ぎていることにあります。「しっかり打ち込め!」この言葉に囚われすぎていませんか?今回はふわっと上がるプロの様なバンカーショットを打つ方法をご紹介します。

バンカーショットはゴルファーがもっとも嫌うハザードの一つです。

プロの様なふわっと上がるバンカーショットで、ピン横にびたっと付けるリカバリーショット、打てたら最高ですよね。ですが実際は、何度打っても出せなかったり、打ったと思ったらホームランして遥か彼方へ飛んでいってしまった…そんな経験ありませんか?

今回は、苦手意識を克服し、プロのように一発で出せるようになる秘訣とその練習方法をご紹介します。

「足は動かすな」「しっかり打ち込め」「しっかり振り切れ」よく耳にするフレーズですね。ですが、実際のところ全部本当なのでしょうか?バンカーショットの一番の天敵は「苦手意識」です。ほとんどのアマチュアゴルファーは対策用の練習時間も十分取れていないと思います。

上手く出せるかな…分からないけど、とりあえず打ってみよう…不安からくるスイングの小ささや、ちゃんとバンカーを出たか見急ぐことによる、ヘッドアップによってミスがでてしまいます。効果的な練習でバンカーを恐れないゴルファーになりましょう!

バンカーショットは打ち込まない

え?と思いますよね。

そうなんです、世間一般には「しっかり打ち込んで砂ごと削り取れ!」と言われていますが、
プロの様なバンカーショットを打つには打ち込んではダメなんです

打ち込み過ぎると、砂だけを削りすぎてボールが飛ばない・上がらないといった可能性が高くなります。

ポイントとしては「打ち込む」ではなく「くぐらせる」イメージです。ボールの下の砂にクラブをくぐらせて打つ練習をしましょう。そうすることで、ふわっと上がるようになりますし、バンカーから上げて出すイメージもしやすいと思います。

バンカーショットでは足元を安定させ、フェースをしっかり開いて、クラブを下にくぐらせる、そしてスイングを減速させないよう、しっかり打つことを心掛けましょう。

ふわっと上げる!3ステップ練習法

「くぐらせる」と言われてもなんだかよく分からないという方の為に、イメージを掴む効果的な練習法ご紹介します。

まず、バンカー内に砂で、ボール一個分くらいの高さの山を作ってください。

その、てっぺんにボールを置いてください。そして、ボールの下をくぐらせるイメージで、山を打ってください。しっかり打てれば、ふわっと上がるはずです。

次は、山の高さをボール半個分程度に低くしてください。そのまま先ほどのように、下にある山を打ってください。練習の時は上手くやりすぎようとする必要はありません。思い切って下をくぐらせましょう。

最後は、普通の砂の上にボールを置いて打ちましょう。大切なことは、ボールの下の山を打つイメージを持つことです。この練習を繰り返し、くぐらせるイメージを持つことが出来れば、プロの様なふわっとしたバンカーショットが打てるでしょう。

↓↓↓ゴルフ初心者が習得すべきバンカーからの出し方【入門編】はこちら

↓↓↓サンドウェッジの使い方を詳しく知りたいかたはこちら

まとめ

  • バンカーショットは打ち込まない
  • バンカーショットはくぐらせるイメージ
  • 山を作ってトップにボールを置き、その下を打つ練習をする
  • バンカーショットの練習では思い切って下を打つことを心掛ける

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

特集一覧