ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識ゴルフ左肩の正しい使い方をかんたん3ステップで解説

知識

ゴルフ左肩の正しい使い方をかんたん3ステップで解説

ゴルフのスイングで大事なことは「回転」です。スイング中はあれこれ考えられませんが、左肩が正しく使えれば「テイクバック」「トップ」「インパクト」などが上手くいきます。最近飛距離が伸びない、ミスショットが多いゴルファーはぜひ試してみてください。

ゴルフのナイスショットは、左肩の動かし方で決まります。アマチュアゴルファーのほとんどは、ボールに合わせにいくことが多いですが、ショットの良し悪しを決める要素の多くは、体の回転にあります。

ミスが出たときは、トップでの捻転不足、インパクトでの上体の起き上がりなどの原因がほとんどです。それを直すためには、肩の正しい使い方を知ることが必要です。

ゴルフ初心者はもちろん、スライスやダフリが出る人は正しく使えていない可能性があります。まずは正しい方法をかんたん3ステップで解説しますので、ぜひ技術向上の参考にしてみてください。

正しい左肩の使い方3ステップ

なぜ、ゴルフのスイングでは、左肩が大切なのでしょうか?

テイクバックの始動やインパクト、フォローのとき、上半身が上下運動をしてしまうと、シーソーの様に「ぎっこんばったん」のような動きになるので、右にプッシュしたり、ボールをつかまえようとして引っかけたり、フックしたりします。

ミスショットを増やさないためには、正しい使い方を身につける必要があります。

テイクバックの始動

テイクバックの始動のときは、左肩を上下ではなく、でんでん太鼓のように頭の軸を中心に回す意識を持ちましょう。

ゴルフクラブの動きを気にしすぎて手で持ち上げてしまうと、上半身が上下運動をしてしまいます。そうなると右肩が下がり、トップポジションでゴルフクラブがクロスしたり、切り返しのときのタイミングが狂ったりしてきます。

テイクバックでは、アドレスで構えた前傾姿勢の角度を維持して軸を回転させることで、スイング軸が安定しヘッドスピードもアップしますので、飛距離も伸びてきます。軸を中心に回すだけで10~20ヤード飛距離アップが期待できます。

上下運動しないようにするには、腕の三角形を崩さないようにすることです。プロもやっている動画です。参考にどうぞ!

股関節に体重を乗せる

ゴルフスイングで左肩をしっかりと回すには、右側の股関節に重心を乗せることが重要になります。そうすることで上半身を十分に捻ることができます。

しかし多くのゴルファーが、ただ後方にスライドして右足側に乗せて移そうとしてしまう傾向があります。いわゆる「スウェー」です。

右足に体重が乗らないと、腕だけでトップポジションを作ってしまうので上半身が左足側に傾く、いわゆるリバースピボット(左足に重心が残ること)になってしまい、スムーズにクラブが振れなくなってしまいます。

これでは、ゴルフボールに上手くパワーを伝えることができませんので飛距離は伸びませんし、キレのあるショットを打つことはできません。

ゴルフで下半身を効率よく動かすコツは…

右ひざを少し曲げて動かさないように構え、左腰を中心にしてコンパスのように右腰を背後に回すことです。膝が伸びてしまうと上体が流れてしまいますので気をつけましょう。

右股関節に体重を乗せるレッスン動画です!初心者ゴルファーや手打ちの人は必見です!

左肩をアドレス時の位置に戻す

アドレスでは左肩の位置は左足の上くらいですが、バックスイングをすると右側に移動してトップのポジションでは顎の下にきます。

ほとんどのアマチュアゴルファーは、その位置からそのままクラブを降ろしてボールにヒットさせます。そうするとダフリの原因になります。

ゴルフで正しく肩を回すには、インパクトでアドレス時の左足の上まで戻しましょう。そうすることで、しっかりと左側にも体重が乗り、上半身がスムーズに回転するのでトップの捻りでできたパワーをインパクトで最大限にぶつけることができます。

左足に体重をのせるには”バンプ”をすることで簡単にできます。腰の使い方のレッスン動画です。飛距離をもっと伸ばしたい方はチェックしましょう。

ゴルフ|左肩を正しく使う練習ドリル

出典:ゴルフネットワーク

ゴルフで肩を正しく使うには、左手の片手打ちが効果的です。最初は、小さな幅で素振りを行ってください。いきなり大きな振りをするとケガの恐れがあります。

右手で左肘を持つと、腕の動きを抑えられますので、体を回転させるイメージがつきやすくなります。素振りを徐々に大きくして、出来るようになったら実際にゴルフボールを打っていきしょう。

腕で振るのではなくて、しっかりと身体を回してスイングします。フォローで体の正面がターゲット方向を向いていればOKです。最初は、上手く当たらずチョロやダフリが出ると思いますが、根気よく続けてみましょう。上手く打つコツは左脇を締めることです。

ゴルフ場の練習場で、スタート前にこの片手打ちをすることで、スタートホールからミートする確率も上がってきますので、最初の5球くらいはぜひ試してみてください。

左肩が正しく回ると…

正しく回すことができるとインパクトゾーンが長くなるので、ドライバーの打点も安定して飛距離も伸びてきます。

また、しっかり上半身が回転するとクラブヘッドの軌道がインサイドインになるので、憧れのドローボールも打てるようになります。アイアンでもダウンブローも打てるようになるでしょう。

ドローボールのレッスン動画です。スライスで悩んでいるゴルファーは必見です!次回のラウンドが楽しみになりますよ!

まとめ

いかがだったでしょうか。ゴルフの肩の正しい使い方の方法をご紹介しました。意識するポイントを明確にするだけで、スムーズにクラブを振ることができます。スイングするときは3つのポイントに気をつけてみてください。

①テイクバックの始動
手だけでクラブを上げない。腕の三角形を崩さずにテイクバックを始動させる。アドレスで構えた前傾姿勢の角度を維持して軸を回転させる。

②トップポジション
右足に体重を乗せる。上半身がスムーズに回るようにする。

③左肩をアドレス時の位置に戻す
インパクトでアドレス時の左足の上まで戻す。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×
×