Loadingファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識ゴルフ|ドローボールとは一体?

知識

ゴルフ|ドローボールとは一体?

ドライバーでもアイアンでも飛距離を大きく伸ばすにはドローボールが効果的です。いったいこの球のなにがそれほど飛距離を伸ばすのでしょうか?なぜ飛ぶのか。メリットとデメリットはどんな要素があるのか、基本中の基本情報をお教えします。

ゴルフを始めると「ドローボール」という言葉を聞くようになりますよね。

ドローボールは、

★理想的な軌道

★飛距離が出る

★打てるとカッコイイ  など……

ゴルフ初心者にとっては憧れ。思い通り打ってみたいと考えている方も多いと思います。

ドローボールが打てるようになると、飛距離が稼げるほか、スイング軌道も安定するので、ドライバー同様にアイアンの切れ味も増すなどゴルフレベルがグンと上がります。

飛ばし屋にはドローボールを持ち球にしている選手がたくさんいます。今回は、そんなドローボールの魅力に迫ってみたいと思います。

ドローボールとは?

右打ちの場合、打ち出しはほぼ真っ直ぐ飛んで放物線を描いて、落ちる際に小さく左に曲がる(曲がり幅3〜5ヤード位)球筋のことを言います。左打ちの場合は逆の弾道になります。上記画像の赤色のような弾道です。

左に大きく曲がりすぎたり、弾道が低すぎたりするものはフックやチーピンと呼ばれ、ドローボールとは違い飛距離はでません。

インパクトにかけてクラブヘッドがインサイドインに抜けることで、ドローボールになります。

インサイドアウトならプッシュアウト(右へまっすぐ飛ぶ球)。アウトサイドインならこすり打ってしまうのでスライスになります。

ドローボールが出る仕組みをもっと詳しく知りたい方は、『ドローボールの出る理論』をご覧ください。↓↓↓

メリットとデメリット

ドローボールは、ゴルファーにとって理想なショットと言われていますが、コースの状況によっては使えない場合も出てきますので、メリット・デメリットを把握しておきましょう。

メリット

①飛距離が出る

②スライスが防止できる

ドローボールは、人体の構造上スイングした時のパワーが球に伝わりやすくなるので、飛距離が出ます。そして、球にトップスピン(順回転)がかかっているので転がります。

例えば、ティーショットが200ヤードのところにキャリー(地面に着地)してから30ヤード転がることもあります。風にも強く、ランも出るので、ドラコンホールなど、ここで飛距離がほしいという時にはドローボールを打つと距離が稼げます。

また、ドローボールはスライスとは真逆の回転で飛んでいくので確実にスライスが止まります。アマチュアゴルファーの悩み第1位スライスを100%防止できます。

↓↓↓スライスを治したい方はこちらがとても参考になりますのでご覧ください。

デメリット

①飛びすぎる

②グリーンで止まりにくい

ドローボールは、落ちぎわに少し左に曲がりますので、右ドッグレッグのコース(右に曲がっているコース)だと右側のゾーンが気になり、とても打ちにくさを感じます。

左ドッグレッグのコースだと、左に曲がるのでコースなりに曲がっていきますが、右ドッグレッグだと反対になりますので、飛びすぎるとコースを突き抜けてOBやトラブルショットの原因になっていまいます。

その攻略法としては、短めのクラブを持てば大丈夫です。どんなにフルショットをしても突き抜けないクラブを持てば安心してゴルフのスイングができます。

どうしてもトップスピンがかかってしまうので、グリーンでは止まりにくくなります。ロングアイアンなどは少し転がる計算をいれてショットするとグリーンオーバーすることが防げます。

なぜ、飛ぶのか?

ゴルフは、ライ角とロフト角がついているクラブ(クラブフェース)を開閉しながらスイングします。

ドローボールの軌道は、クラブフェースを閉じながらインパクトします。スイングの力が球に伝わりやすく、スピンもトップスピンがかかりランが出るのでとても飛びます。

クラブの構造上、ドローボールを打った方が飛距離を出すには理にかなっているのです。

↓↓↓正しいスイング軌道については、こちらで詳しく解説しています。

ドローボールを持ち球にしているプロは?

女子プロ

出典:LPGA

キム・ハヌル 選手

現在女子ツアー賞金ランク1位をキープ(17年9月17日現在)。17年6月「サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」でメジャー2勝目。

男子プロ

出典:ミズノ

手嶋多一 選手

世界のプロも絶賛するドローボールヒッター。2017年現在、日本男子ツアー21年連続賞金シード権を保持している。賞金シードを継続中の選手の中で最年長。

↓↓↓ドローボールについてさらに詳しく知りたいかたはこちらから

まとめ

いかがだったでしょうか?

ドローボールが打てるとゴルフの幅が広がりそうですよね!特にスライスに悩んでいる方はぜひドローボールを打ってみてください。劇的にゴルフのスイングが良くなりますよ。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

【みんなで応援しよう】ダンロップフェニックストーナメントつい …

2020年ダンロップフェニックストーナメントが今週ついに開幕します!今年は、新型コロナの影響で多くの試合がなくなってしまいましたが、 ...
  • その他
  • 125

ライザップ【ゴルフ力診断】を体験レポ!分析でわかった長所と短 …

ライザップのゴルフ力診断とは?体験レッスンで受けられるスイング解析がいま人気になっています。あなたのスイング傾向や、ゴルファーとして ...
  • 雑学
  • 117

ゴルフで”日焼け止め”使うべき?できる男の肌ケア術!

いま、【日焼け止め】を使う男性ゴルファーが増えているようです!絶対に焼きたくない人も、キレイに焼きたい人も、できる男はみんな肌ケアを ...
  • 雑学
  • 60

東京都内のゴルフレッスン!おすすめスクール BEST7

東京都内おすすめのゴルフスクールBEST7をご紹介します!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんな ...
  • 雑学
  • 159

ゴルフ保険まとめ!補償内容とおすすめ商品BEST4

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。手 ...
  • 雑学
  • 576

飲み過ぎゴルファーへ!お酒を翌日ラウンドまで残さないためのサ …

楽しいゴルフが二日酔いで辛い…!そんなあなたのお酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回 ...
  • 雑学
  • 88

特集一覧

- Official Sponcer -

OfficialSponcer

OfficialSponcer