ゴルファボ TOP知識ゴルフ目土をする理由とは?正しいやり方3ステップ

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフ目土をする理由とは?正しいやり方3ステップ

ゴルフでショットを打って芝を削った場合、つまりディボット跡をつけたら目土をしなければいけないと言われていますが、なぜでしょうか?今回は、やる理由と正しいやり方をご紹介します。これもゴルフのマナーの1つですので、ぜひ正しい方法を覚えましょう!

ゴルフで、フェアウェイの真ん中に良いドライバーを放っても、凹んだ場所にボールが止まっていたら、ショックですよね!せめて周りと同じ高さにあると何とかショットはできそうですが、球が沈んでいると刻むしかありません。

100切りやベストスコアがかかっていたら落ち込み具合は半端ないです…。今回は、ゴルフで目土をする理由と正しいやり方についてご紹介します。

ただ砂をかけるだけではなく、ちゃんとした修繕方法があるのでぜひ一読していただき、次回のラウンド、マナーの向上につなげてください。コースで目土袋を持って颯爽と歩く姿はとても格好いいですし、できるゴルファーと思われます!

目土の意味

昔はキャディ付のラウンドがほとんどで、キャディさんがフェアウェイを縦断しながらやっていましたが、なぜ、ディボット跡を埋めることが必要なのでしょうか?

最大の理由はゴルフコースの保護になります。ターフやダフった跡は地面がめくれ上がってしまい、そこから枯れていきます。それを放っておくと、でこぼこになってしまいセカンドやサードショットが難しくなります。ティーショットが上手く打てても台無しになります。

現在では、セルフプレーのゴルフ場がほとんどですので、キャディさんの代わりにプレーヤーが目土をしなければいけなくなっています。

ゴルフコースの保護以外には、後続組のプレーヤーのためです。自分のショットでディボット跡を作ってそのままにしてしまった場合、後ろプレーヤーが凹みに入ってしまうかもしれません。そうなると不利になるので、後続のことも考えてラウンドしましょう。それがゴルフのマナーになります。

マナーを守ることはゴルフではとても大切です。確認しておきましょう!

プロがトーナメントで目土をしない理由とは…

プロの試合では、ターフは戻すのに目土をしていないことを不思議に思ったことはありませんか?実は、トーナメント特有の理由が存在しています。試合中に砂をかけると難易度が変化してしまい、不公平が生じてしまうことが出てくるので、それを避けるために行っていません。

選手すべてがプレーを終えたホールアウト後かトーナメント終了後に一斉にするそうです。プロたちにとっては、されているよりされていない方が打ちやすいとか…。また、ディボット跡に入らないようにマネジメントを行って戦略を立てていくこともゴルフのプレーでは求められています。

芝生について

芝について知ることで目土のやり方のポイントが理解しやすくなります。種類は2つ。ベントと高麗になります。そのうち2つのタイプに分かれます。

高麗

・日本芝
・暑さに強く寒さに弱い
・夏は緑色、冬場は枯れて根が休眠
・葉が硬くて強い
・ゴルフボールが転がりにくい
・スピンがかかりにくい

ホームセンターなどに売られていて日本で1番ポピュラーです。ゴルフ場のフェアウェイによく使われています。暑さに強く、冬には葉が枯れて根が休眠します。

元々日本に自生していた品種なので日本の風土に適しています。暑さに強く乾燥や病気にも耐性があります。葉が広くて固いという特徴があります。抵抗が強いので逆目になってしまうとボールが遅くなります。

姫高麗と高麗の2種類が多く使われています。姫高麗の方が細く成長が早いのでグリーンに使われていますが、最近では冬の変色がゴルファーにあまり好まれずベントに入れ替わりつつあります。

ベント

・西洋芝
・寒さに強く暑さに弱い
・1年を通して緑色
・葉が柔らかく弱い
・ゴルフボールが転がりやすい
・スピンがかかりやすい

寒冷型で暑さに弱い品種。暖かい地域のゴルフ場では避けられていましたが、現在は品種改良を重ねて暑さにも強くなっています。現在の日本のコースのほとんどはベントのパッティンググリーンを採用しています。

ベントは年間を通して美しい緑色をしています。葉が柔らかく傾斜のとおりにボールが転がるので、グリーン上でも堅さをあまり気にすることなく打てる所が多くのゴルファーに好まれています。

ゴルフ|目土の正しいやり方

剥がれた葉・根を戻す

高麗は、めくれあがるとバラバラになるので元に戻すのは大変ですが、無ければ無理に集める必要はありません。ゴルフのプレーが遅くなってしまいます。

盛り上げる

1〜2度の分けてたくさんかけます。スコップで砂をすくって、凹みが埋まるようにかけます。少し盛り上がっても大丈夫です。

均等にならす

足で踏み均して平坦にして終わりです。平坦にすることで、芝生を刈る時に飛んでいきません。盛り上がっていると草刈り機の故障の原因にもなります。穴が埋まる程度に砂をかけて、同じように平坦になるように踏み、周りと同じ高さにします。

同じ高さにすることがポイントです。ここで段差をつけるとゴルフでは打ちにくくなりますので気をつけましょう。

もし凹んだところに入った場合からの脱出方法です!

オススメの目土袋

スリクソン

出典:Amazon

ティーやゴルフボールなどと一緒に揃えておくと便利です。せっかくディボット跡を直すときもやっぱりかっこいいものが良いですよね。オススメしたいのが、スリクソン用品です。底部が2重になっていて丈夫です。調整機能付き。

ロゴマークがシンプルなのがいいですね!キャディバッグやクラブ、ウェアなどと合わせやすいです。

ライト

出典:Amazon

ボトルタイプの商品です。ボトルの場合は、スコップを使わずに済むので簡単にできます。価格も手ごろで、ティーやボールマークなど入れておける小物入れケースとしても利用できます。

ジュニア・アマチュアは積極的にしよう!

ジュニアや学生の場合、目土袋を携帯しないと試合に出られないくらい厳しいです。アマチュアゴルファーの試合でも行いますので、どんどん埋めていきましょう。特に自分のショットの際は、必ず埋めましょう。そして、常にゴルフバックといっしょに携行しましょう!

まとめ

ゴルフでディボット跡から打つ時はどうしてもイラッとしてしまいます。プロなら対処できる技もありますが、アマチュアにとっては打つ前からミスショットは確定です。

目土を行うことでいつでも良い条件で打てます。コースのコンディションがいつでも綺麗な状態に保てるようにしっかりと修繕しましょう。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

花粉症ゴルファー必見!乳酸菌を取り入れて春ラウンドを快適に楽 …

花粉症ゴルファーに辛い季節が今年もやってきます。せっかく暖かくなってきたのに花粉症でゴルフは無理!そんな方も多いのではないでしょうか ...
  • 雑学
  • 66

いま話題!銀座PGMの最新インドアゴルフを体験取材

銀座に新しくオープンしたインドアゴルフ施設『PGMゴルフアカデミー銀座』を取材してまいりました。都心で楽しめるワンランク上のゴルフ施 ...
  • 雑学
  • 64

予算500円以内!ゴルフの打球事故リスクを減らす保険を調査

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 411

ゴルフシャフトの作り方!クラブ選びが上達する4ステップ

なぜ色々なシャフトメーカーやモデルがあるのか。市場にはたくさんの製品が流通していますが、いったいなにが違うのでしょうか?気になったの ...
  • 雑学
  • 157

忘年会・新年会で疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

特集一覧