ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識ゴルフ右肩が下がる原因と改善するための3つのポイント

知識

ゴルフ右肩が下がる原因と改善するための3つのポイント

ゴルフでは右肩が下がってしまうとダフったり飛距離が出なかったりする大きな要因になってしまいます。ではなぜ一方だけ下がってしまうのでしょうか?原因と改善のための3つのドリルを紹介しますのでぜひチェックしてみてください。

ドライバーでしっかり飛ばせたのに2打目でダフって結局パーオンできず…。

突発的に出るダフりは辛いですよね。ダフりがなかなか直らない原因の一つに、スイング中に右肩が下がってしまっている可能性があります。

右が下がるとヘッドの軌道が下がりボールの手前を叩いてしまいます。スイング中に自分で肩の位置を確認することは不可能なので、気付かないうちにミスに繋がってしまうポイントの一つです。

今回は、ゴルフで右肩が下がる原因と改善策を紹介します。大事なときにダフってしまう、なかなかダフる癖が直らないというゴルファーはぜひチェックしてみてください。

右肩が下がる=なぜNG?

ダフりが増える

ゴルフでダフってしまう要因になります。

スイング中、右肩が下がってしまうと、軸が右に傾いてしまいます。そのままクラブを振り下ろしてくると、ヘッドはボールの手前に落ちて芝に当たりダフってしまいます。

振っていくときには軸を真っすぐに安定させることが必要です。そうすればダフリも少なくすることができます。

飛距離が出ない

右肩が下がっているとゴルフクラブが大きく動かせなくなり窮屈な動きになってしまいます。その結果、飛距離が出ない要因になってしまいます。大きな動きで遠くまで飛距離を出すためにもNGです。

原因とは?

手打ちになる

体の回転ではなく腕が主導で振っていることが一つの要因です。

特にゴルフでは利き手である右腕(右利きの場合)をどうしても使いがちになってしまいます。腕に力が入ったままだと軸も傾きやすくなってしまいます。

右膝が下がっている

ゴルフクラブを振るときに右膝が必要以上に下がってしまうことも一つの要因になります。

ゴルフでは両膝は適度に曲がっている状態がベターですが、両膝の高さはそろえて土台にしていきます。土台が傾いてしまうと、修正するのは難しくなってしまいます。

ヘッドアップ

ヘッドアップすると右肩が下がります。

ゴルフではどうしても打球の行方を確認したくなり、インパクトする前にターゲット方向に目線が向いてしまいがちです。しかし、早く確認しようと顔を上げてしまうと軸が傾いてしまいます。

↓↓↓ゴルフ初心者がヘッドアップを防ぐための3つの鉄則を紹介します。ブレのないフォームでナイスショットにつなげてください!

改善のための3ポイント

ボディターンを使う

腕だけで打つのではなく、体の回転をしっかり使って打つようにしていきます。

適度に腕は脱力して、背骨を中心にして回転できるように意識します。そのときにアドレスで作った前傾角度をしっかり維持できるようにすると、安定したフォームにつながります。

両膝の高さをキープする

構えたときに軽く膝を曲げ、その角度を維持できるようにしましょう。

特にゴルフでは高い球を打とうと考えすぎると右膝を曲げてしまうことにつながります。作った土台をしっかりキープしたまま打っていけるようにしていきます。

ボールを見る

 

ヘッドアップをしないために、スイング中にはボールを見続けるようにします。

真っすぐ見つめる、というよりは少し右側をぼんやりと見るようにすると、余計にヘッドアップしにくくなるので効果的です。ゴルフではどうしても打球の方向を確認したくなりますが、ミスを防ぐためにも我慢しましょう。

↓↓↓ゴルフのルールが変わりました!変更点についてわかりやすく解説します。次回のラウンドに向けてぜひチェックしてみてください!

おすすめの修正法

右肩が下がるのを防ぐための3つのドリルを紹介します。すぐに試せる内容なので、ぜひトライしてみてください。

クロスハンド

ゴルフクラブを握る手を入れ替えて、右手が上、左手が下で握って振っていきます。

こうすることで自然と右サイドが高くなり、必要以上に下がるのを防ぐことができます。軸も安定して振っていくことができます。最初のうちは素振りで何度か試してみて、慣れてきたら実際に球を打ってみてください。

右足でボールを踏む

右足の下にボールを入れて振っていくのも効果があります。

ゴルフで構えたときに、右足の下に球を入れて少し踏みつけるようにします。そしてそのままクラブを振っていきます。

右半身が高い状態になるので、体が傾いてしまうのを防ぐことができます。最初はゆったりとした振り方で試して、感覚がわかってきたら普段と同じように振っていってください。

左手1本で打つ

左手1本で打っていくドリルでも矯正ができます。

まずはいつもと同じように構えて、右手を離します。左手1本だと、手でゴルフクラブを上げようとすると上手く打てません。しっかりと肩を回してテイクバックをする動きが身につきます。

片手だと最初は打つのが難しいので、小さな振り幅から試してみましょう。慣れてきたら少しずつ大きく振って当てられるようにしていきます。

スイングチェックを受ける

なかなかミスが直らないという場合は、プロゴルファーによるフォーム解析を受けるのも一つの手段です。

自分の動きを撮影、オンラインで送るだけで改善点を指摘してもらえます。あなたのフォームに適した、オーダーメイドの上達ポイントがわかります。

↓↓↓スイング解析を今すぐチェック

まとめ

今回はゴルフで右肩が下がる原因と、改善法について紹介しました。体が傾いてしまうと、ミスを招くだけではなく、飛距離が伸びないなど、いろいろな影響が出てしまいます。紹介した3つのドリルを試して正しい動作、きれいなゴルフのフォームを身につけてみてください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

ライザップ【ゴルフ力診断】を体験レポ!分析でわかった長所と短 …

ライザップのゴルフ力診断とは?体験レッスンで受けられるスイング解析がいま人気になっています。あなたのスイング傾向や、ゴルファーとして ...
  • 雑学
  • 117

ゴルフの日焼け止め特集!できる男の肌ケア方法まとめ

絶対に焼きたくない人も、キレイに焼きたい人も、できる男はみんな肌ケアをしてる!いま、日焼け止めを使う男性ゴルファーが増えているようで ...
  • 雑学
  • 60

東京都内のゴルフレッスン!おすすめスクール BEST7

東京都内おすすめのゴルフスクールを大特集!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなたのために選 ...
  • 雑学
  • 40

ゴルフ保険まとめ!補償内容とおすすめ商品BEST4

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。手 ...
  • 雑学
  • 576

飲み会続きで疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り戻す …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 88

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 197

特集一覧