ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識ゴルフは母指球が超重要!正しく使うための3ポイント

知識

ゴルフは母指球が超重要!正しく使うための3ポイント

ドライバーが劇的に振りやすくなった!”拇指球”の蹴りを使うことでゴルフスイングが安定しはじめ、ボールが飛ぶようになります。重心や下半身を上手く意識してみましょう。スライスに悩んでいる人、もっと飛ばしたい人必見です。正しい使い方がわかります。

ゴルフで安定したショットや飛距離を出すには、母指が超重要です。

ゴルフのスイングを良くするにはたくさんのポイントがありますが、その中でもまずに身につけておきたいポイントのひとつが母指の正しい使い方です。

ダウンスイングからインパクトにかけて足裏のめくりが早かったり、ずれたりしてしまうとクラブヘッドは加速せずに打点も不安定になります。

しかし、下半身ばかりを気にして上体だけで打つような感じになるのは…嫌ですよね!

今記事では、ゴルフで拇指球を正しく使う3つのポイントをご紹介します。構え、クラブの軌道、ヘッドスピードアップに効果的なので、ぜひ参考にしてみてください。

ゴルフで拇指球を正しく使うには…!?

アドレスのとき

ゴルフで構えるとき、どこに重心を置いていますか?

スイングをするときの 理想の位置は拇指球になります。

そこで構えると両足裏でしっかりと地面をグリップすることができ、上体の前傾姿勢もキープできて体重移動も楽になります。

逆にゴルフでかかと体重になると腰が落ちてミスの原因になります。

テイクバックからトップポジションのときに上体が伸びあがり、インパクトでは逆に突っ込むことになり、芯で捉えることが難しくなります。

つま先だと股関節もスムーズに動くので、前傾角度が保たれ初心者ゴルファーでも確実に芯でヒットすることが可能になります。また、アプローチやパターでも下半身が安定することで、ピンに寄る確率が上がります。

ダウンスイングでは右足を意識する

右足は、アドレスからインパクトまではあまり動かさず、フォローにかけて動かしていくのがゴルフでの正しい使い方です。

このとき重要なのが右膝になります。このとき右膝はあまり動きませんが、右足の拇指球で強く地面を踏みつけていきます。これはプロゴルファーがよくレッスンで言う「右の蹴り」ということになります。

実際は蹴るということではなく、イメージとしては「地面を踏みつける」です。フォロースルーまで粘るということです。そのためには、内側の筋肉を使うのですが、ゴルフのスイング中に意識するのはとてもできませんので、親指に力を入れるようにすることで力強く踏みつけることができます。

フィニッシュにかけては、足裏が自然にめくり上がることが理想的です。早く足裏が見えるとパワーがボールに伝わりにくくなるので注意しましょう。

韓国女子プロの右足の粘りはゴルフ初心者にとても参考になります。ぜひご覧ください。

インパクトでは左足の拇指球で踏ん張る

ゴルフのインパクトからフォローにかけて、左腰が引けないように左足の拇指球で踏ん張りましょう

そこを注意するだけで、上体の突っ込みが避けられます。踏ん張りが弱いとかかとに重心が移り、アウトサイドインの軌道になるので、スライスまたはフックの原因になってしまいます。

しっかりとゴルフボールをつかまえて飛ばすためには、左足の親指に力を入れて踏ん張ることが大切です。そうすることでヘッドスピードがあがり、ロスなくボールにパワーが伝わり、アゲインストの風にも負けないショットが打てるでしょう。

注意点として、アマチュアゴルファーが、かかとが上がるくらい意識してつま先体重になり過ぎるとアウトサイドインの軌道になりやすくなります。つま先重心でもスライスの原因になりますので、気をつけましょう。

ゴルフのスライスを直す3ステップ解決法です!参考にどうぞ!

拇指球を正しく使うゴルフ練習法

アドレス前にジャンプする

アドレスを構えたとき、母指に体重を乗せるコツとして、スタンスを取る前に”ジャンプ”をしてみてください。

ジャンプして着地した時の身体のバランスが、ゴルフでは一番良い重心配分です

誰でもジャンプして降りるときはバランス良く着地できます。前傾姿勢が作りやすく安定してキープすることができるので、しっかりとクラブを振ることができます。

特にアマチュアゴルファーは、どこに体重をかけたらいいのか迷っている方が多いので、ジャンプすることをおすすめします。

拇指球に乗る感覚がわかりにくい場合は…

アドレスを取ったら地面とスレスレにかかとを浮かします。着くかつかないかくらいです。そうすることで自然につま先体重になります。

最初は、ウェッジでアプローチをします。すぐにドライバーなどからはじめるとバランスを崩しますので、短いクラブから振っていきます。素振りから行い慣れてきたら、実際にゴルフボールを打ってみましょう。

上手く打てるようになれば、徐々にクラブを長くしていくことで、重心も安定し前傾姿勢もキープできるようになるので、ミート率も上がり、ショットがよくなるでしょう。

↓↓↓ミート率がぐんぐん上がる!おすすめの練習法をぜひ試してみてください。

まとめ

安定したゴルフの振りは、やはり下半身にありました!特に母指はとても大切です。

・アドレスのときの重心位置
・ダウンスイングでは右足を意識する
・インパクトでは左足の拇指球で踏ん張る

この3つのポイントを意識することで下半身が正しく使え+10ヤードは楽に達成するでしょう。ぜひ、試してみてください!

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×