ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識【ゴルフの基礎】初心者が守るべき4つの法則とは?

知識

【ゴルフの基礎】初心者が守るべき4つの法則とは?

ゴルフスイングの基礎っていったい何…?そんなあなたに、どんなタイプの方においても守るべきゴルフの基礎・練習方法をご紹介します。この方法でしっかりとした土台を作って上達を目指しましょう!

ゴルフを始めると、雑誌・メディア・対面レッスンなどで色々な理論や上達法を目にしますよね!

しかし、ゴルフはまさに十人十色。一般的に言われている上達法が必ずしもあなたに合っているとは言えません。

ゴルフを効率よく上達させるには、スイングタイプ・個人個人のクセなどを考えた動きや反復練習が重要になりますが…、個々の動きには関係のない重要な基礎ポイントというものが存在します

そこで今回は、スイングタイプ・個性にとらわれない“ゴルフの基礎の部分”を解説いたします。初心者にもぜひ習得してもらいたい内容なので、参考にしてみてください。

基礎!アドレスでスイングの大半が決まる

ゴルフは、とにかく何打目の打球であっても“ターゲット”(目標)があり、それに向かって打っていくスポーツです。

そこで重要となってくるのがアドレスです。テイクバック・ダウンスイング・インパクト・フォロースルー・フィニッシュ。もちろん上記すべての動きが重要ですが、根本的な振りの良し悪しは、ほぼアドレスで決まります。

アドレスで気を付けるべき点とは?

まずは、どこにどのような打球を打ちたいかを考える事から始めます。

肩の傾き、腰の開閉具合は打ちたい打球がドローorフェードorストレートによって変化していきますが、初心者の基礎知識として抑えておきたいポイントは「向いている方向」と「膝・腰の高さ」と「腰の入り」です。

ゴルフのアドレスに欠かせない3つのポイント

向いている方向

真っ直ぐ向いているつもりが、実際打つと右にいってしまったり、ひっかけたりということが多くあります。

ご自分の向いている方向をチェックしてみて下さい。初心者含めアマチュアの多くが構えた時点で、すでに右方向に向き過ぎてしまっている傾向があります

それは、真っ直ぐ向いているつもりが、目標方向に向かってアドレスしてしまっているからなんです。実は、この「目標方向に向くこと」が基本的なミスの原因となっている可能性があります。

ポイントは、目標に向かって構えるのではなく、目標と球を結んだ線に対して構えるです。

感覚としては少し左を向いた状態になります。初心者には非常に気持ちが悪いかもしれませんが、これがアドレスの正解です。

最初は違和感があるかもしれませんが、実際はこちらの方がスムーズに振れますのでぜひ練習してみて下さい。

膝・腰の高さ

膝・腰は地面と平行になる様に意識してください。どちらかが高かったり低かったりすると正しくインパクトできなくなりミスショットの確率が高くなります。

腰を入れる

「股関節の中に体重を入れる事で下半身全体が安定する姿勢の事を言います。一般的にどのようにすれば良いのかが分かり辛いようですので、上記画像のようなドリルを試してみて下さい。

①大きく股を開く
②右膝が右に向かないように我慢して上体を捻る
③左も同じように回転して左の股関節に重心を乗せる

この感覚が身につくと、どっしりとした下半身が身に付き全体が安定します。足元がフラフラしてしまう方は、ぜひ参考にしてみてください。

>>>ゴルフの基礎についてもっと詳しく知りたい方は、こちらを参考にしてみてください↓

ビジネスゾーンがゴルフの全てを決める

ゴルフには「ビジネスゾーン」という有名な言葉があります。このエリアを征した者がゴルフで生活する事ができる。そう言われるくらい重要な“振り幅”(ゾーン)となります。

振り幅は右左の腰の位置まで。時計で言うと3時→9時の幅。さらに言うなら4時→8時のゾーンのことです。

ビジネスゾーンを極める事が出来れば、ゴルフ全体のリズム・バランス・力感を養う事ができ、基本的にアプローチはもちろんアイアン・ウッドでも安定させることができます。

両腕で作った三角形の形を崩さずに振ることで精度を高めることができます。

>>>ビジネスゾーンについてもっと詳しく知りたいかたはコチラ↓

クラブが通る道を作る

ゴルフをする上で、ボールを実際に飛ばすのはあなたではありません。

インパクトしてボールを飛ばすのはゴルフクラブ(ヘッド)の役割となります。なので、ゴルファーはただ単に打つのではなく、いかにスムーズに振りきるかを考える必要があります。

ラウンドやゴルフ練習場で、「もっと体の開き我慢しないと..。」や「もう少し切り替えしを早くしてみようかな」と思うのは、『こうすれば抵抗なくスムーズに振れる』と考えているからなのです。

ゴルフにとっての基礎とは、スムーズにゴルフクラブを振り切る為に守るべき(考えるべき)基礎です。ゴルフクラブ(特にグリップ)が通る道を邪魔しないよう、試行錯誤してみて下さい。すると自然と綺麗なプレーンが身に付き理想のボールを打つことができます。

絶対に曲がらないコツとは…

一度ゴルフクラブを振って、フィニッシュで停止してみて下さい。初めのグリップとシャフトの角度と、フィニッシュ後のグリップとシャフトの角度を確認してみて下さい。

どのタイプであれども、スイングの始動時とフィニッシュでの左手の手首・甲・シャフトの角度が変わっていなければ、決して打球が曲がる事はありません。(※脇がしっかり閉まっている前提)

一般的によく言われる「こねる」といった作業をしてしまうと、この角度が大きく変化しますので、一度ご自身の手の角度をチェックしてみて下さい。

↓↓↓まっすぐ飛ばすならコレ!パンチショットの打ち方はこちらで詳しく解説いたします。

アイアンパンチショットで”まっすぐ飛ばす”方法

まとめ

今回は、ゴルフの基礎を最速で身に付ける4つの法則についてご紹介してきました。ここでもう一度おさらいしておきましょう。

① アドレス
→正確な、腰の高さ、入り・膝・目標方向を意識しましょう。

② ビジネスゾーン
→ゴルフをする上で重要となる、3時から9時のふり幅の打球を安定させましょう。

③ 左手とシャフトの角度をチェックする
→この角度さえマスターすれば、“こね”ではなく“コック”を身に付けることが出来ます。

④ ゴルフクラブをスムーズに振りきる為の体の動きをマスターする
→体を動かして球を打つのではなく、“打つ為にどう体を使うか”を考えると基本的な動きを自然と身に付ける事ができます。

以上が、4つの基礎ポイントとなります。

どれを見てもゴルフスイング自体は注目すべき問題ではありません。事前の準備こそがゴルフの基本を身に付ける最速の基礎習得法則なのです。一度頭の中をリセットしてみて、理想の自分をイメージして、再構築してみてはいかがでしょうか?きっと理想のゴルフスイングを手に入れる事ができますよ。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

東京都内のゴルフレッスン!おすすめスクール BEST7

東京都内おすすめのゴルフスクールを大特集!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなたのために選 ...
  • 雑学
  • 40

楽天ゴルフ保険がお得!月額たった230円で充実サポート

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 576

ライザップゴルフ体験取材!スコアップ2つの秘訣を調査

結果にコミットのライザップゴルフ。一度は行ってみたいと思ったことありませんか?これまでのレッスンプログラムといったい何が違うのか?ど ...
  • 雑学
  • 114

飲み会続きで疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り戻す …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 0

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 197

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる2つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 629

特集一覧