ゴルファボ TOP知識ゴルフのインサイドアウトをマスターして飛距離+10ヤードする方法

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフのインサイドアウトをマスターして飛距離+10ヤードする方法

あと+10ヤードを実現できたら絶対にゴルフが楽になるはず…!いつもより10ヤード飛べばアイアンが1番手下がるのでパーオン率がアップすること間違いない。今回はインサイドアウトの軌道をマスターしてドライバーの飛距離をアップする方法をご紹介します!

ゴルファーにとって、スイングの悩みは絶えないものです。スイングの軌道が悪いと正しくゴルフボールを捉えることができないので、飛距離は大幅に落ち、スライスやフックのミスショットが出てきます。

今回は、ゴルフのインサイドアウト軌道をマスターして飛距離+10ヤードを実現する方法をご紹介します。

インサイドアウトに振って遠くに飛ばす目的は、ゴルフボールにドロー回転をかけることです。ドロー回転のかかった球は飛距離が伸びます。+10ヤードも飛ぶとセカンドで持つクラブも短くなり、楽な気持ちでショットに挑めます。

プレッシャーのかからないショットから放たれる球は思い通りに飛んでいきますので、いろんな攻め方が出来てゴルフがますます楽しくなります。もちろんスコアアップも期待できるので、ぜひ試してみてください!

インサイドアウトで打つ前に…

スイングをする前に、事前にセットアップすると振りやすくなります。

グリップの握り方

ゴルフのグリップでは、ストロンググリップにすると力が入りやすくて、ゴルフクラブを強く握れ、スイングもスムーズにそして力強く振れるのでしっかりと球が飛んでくれます。左手は拳のナックルが2個見えるくらいに内側に絞り、右手は左手の平と合うように握ります。

注意点として、グリップは力一杯握らないことです。左手の小指、薬指だけしっかりと握り、他の指は軽くグリップします。すべての指に力が入るとゴルフクラブのヘッドが走りにくくなりヘッドスピードが上がりません。

ゴルフではグリップはとても大切です。唯一、人間の手とゴルフクラブの接点になります。接点の握りが不安定になると良いショットは生まれません。初心者はもちろんのこと、中堅ゴルファーやゴルフ上級者でも一度確認しておくといいでしょう。↓↓↓

ゴルフボールの位置

ドライバーのボールの位置を、左足線上にしている方がほとんどだと思います。左足カカト線上にこだわらなくても大丈夫です。ゴルフボールを1~2個分、真ん中寄りにセットするとインサイドアウトで振りやすくなります。

球の位置をしっかりと把握できれば、傾斜地からのショットも簡単になります。↓↓↓

インサイドアウト軌道で打つ

アマチュアゴルファーの多くは、飛距離アップしようと左肩の開きが早くなったり、右肩が突っ込んだりする方がたくさんいます。そうなるとアウトサイドインの軌道になり、飛ぶどころかスライスして距離をロスしてしまいます。下記の3つのポイントを意識しましょう。

アウトサイドに上げてループを描く

インサイドアウトの軌道で振ろうとすると、テークバックでインサイドに引き過ぎる傾向にあります。それを無くすためには、イメージとしてテークバックでアウトサイドに上げてインサイドから降ろしてくるようにループを描いて振ると、スムーズにバックスイングも上げられ、インサイドアウトで振ることができます。

打ち急ぎもなくなってリズムも良くなるので、芯に当たる確率も上がります。+10ヤードはすぐ期待できます。

トップで左手首の角度を大きくする

ゴルフでは、左手首の角度を大きくすると球をしっかりと掴まえることができ、インパクトが厚くなるので強い球が打てます。また、左手主導になるので、インサイドアウトの軌道になりやすく、体の回転を使った安定したスイングになります。

左手首の角度を大きくすると、右手首の角度は小さくなります。このトップの形がインパクトの形になります。現在のゴルフクラブの打ち方に適していますので、安定したドライバー、アイアンショットが打てるようになります。参考にどうぞ!↓↓↓

ビハインド・ザ・ボールで打つ

インパクトを迎えるときに、頭がゴルフボールより右側にあると、インサイドアウトに振りやすくなります。クラブヘッドに加速がかかりヘッドスピードが上がるので球が遠くに飛んでいきます。

逆に、インパクトのときに頭の位置がゴルフボールより左側に流れるとアウトサイドからヘッドが下りてくるのでスライス回転がかかり飛びません。

ビハインド・ザ・ボールの打ち方はこちらです。飛距離アップが可能です。

まとめ

ゴルフでインサイドアウトに打って+10ヤード飛距離をアップするには、振りやすくするための準備と振るためのポイントをお伝えしました。

・ストロンググリップにする

・ゴルフボールの位置を少し真ん中寄りにする

・アウトサイドに上げてループをイメージして振る

・トップで左手首の角度を大きくする

・ビハインド・ザ・ボールで打つ

この5つポイントを1つの流れで出来ると、とてもスムーズなゴルフのスイングになります。ぜひ試してみてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

特集一覧