ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識ランニングアプローチ打ち方5つのポイントを徹底解説

知識

ランニングアプローチ打ち方5つのポイントを徹底解説

ただピンに近づけたいだけなのに、なぜ寄らないのだろうか?スコアをまとめる上で大事になるのが寄せです。特に転がすグアプローチでは、ワングリップの距離に寄せて簡単にパーを取りたいですよね!今回はランニングアプローチの打ち方を徹底解説します。

あなたは、グリーン周りからどのような打ち方・攻め方をしていますか?

「サンドウェッジばかりを使って、球を上げていますか?」「それともライの状況に応じてゴルフクラブを変えて、ランニングアプローチやピッチショットをしていますか?」

実は、ツアー選手などは出来るだけ転がして攻めたいと考えています。理由は、ランニングアプローチの方が失敗しにくく、ピンに寄る確率が高くなるからです。しかし、トーナメントのグリーンは速くて止まらないので、仕方なく上げて止めるテクニックを使ってショットしています。アマチュアゴルファーが、テクニックだけを真似てもピンまでは寄りません。

今回は、誰でも簡単に出来るアプローチの打ち方を徹底解説します。

転がす打ち方をマスターできたら、寄せワンでパーも簡単に取れるようになるのでスコアもまとまります。ぜひ、打ち方を練習していただき、次のゴルフで試してみてください。

ランニングアプローチを使うべき状況

ボールからグリーンエッジが近く、ピンまでの間に障害物(バンカーや池など)がない状況のときに使います。障害物がないので球を高く上げる必要はありません。ランニングアプローチを選択した方が、ピンに寄る確率が高くなります。

このアプローチ法は、球が転がってカップに進んでいくので、次のパターのラインもわかりやすくなります。

タイガー・ウッズも転がすアプローチを多用しています!参考にどうぞ!↓↓↓

使うゴルフクラブはピッチングウェッジ(PW)

打ち出しを低くして転がしたいので、ロフトが立っているピッチングウェッジをオススメします。転がしに慣れていないと距離感を掴むまでは戸惑うかもしれませんが、打ち方はパターのように打つので大きなミスがありません。

転がすアプローチに慣れてくるといろんな番手で応用ができます。参考にどうぞ!↓↓↓

ランニングアプローチの打ち方

打ち方のポイントは5つあります。

・ボールの位置は右足の前

・ハンドファーストに構える

・左足体重でスイングする

・グリップは短く持つ

・右手首の角度をキープしてフォローを取らない

この5つを意識すれば、球はピンに向かって転がります。ランニングアプローチの基本的な打ち方になりますので、きちんと意識してショットしましょう!

ボールの位置は右足の前

球を低く出したいので、ボールの位置は右足の前にセットします。

注意点として、右に置きすぎるとボールの頭を叩いてトップをしたり、逆にインサイドから入りすぎてダフったり、する可能性があります。逆に左側に置くと球が上がって転がらないので気をつけましょう。

ハンドファーストに構える

ハンドファーストとは、クラブのヘッドよりもグリップが前に出ているような構えになります。左腕とシャフトが一直線になるように構えましょう。ハンドファーストに構えると、クラブヘッドのロフトが立つので球が転がりやすくなります。

ランニングアプローチに使える2種類のテクニックです。ゴルフ初心者でも簡単にアプローチができるようにレッスン動画でわかりやすくしました!↓↓↓

左足体重でスイングする

ランニングアプローチで重要なのが重心の位置です。ボールを上げる必要がありませんので、左足に6、7割の体重をかけるように構えます。そうすることでゴルフスイングが安定するのでミスがなくなります。

バックスイングやダウンスイングでこの左足体重がブレてしまうと、ダフりやトップの原因となりますので注意しましょう。

グリップは短く持つ

グリップは真ん中くらいを持ちましょう。短く持つことでコントロールしやすくなり、再現性の高いショットができるようになります。

↓↓↓効率的な打ち方と戦略のコツがわかります!

右手首の角度をキープしてフォローを取らない

ランニングアプローチではインパクトが大切です。構えた時の右手首の角度を維持したままインパクトを迎えましょう。パットのように低く打ち出したいので、打ったら終わりのイメージでフォローは取らなくて大丈夫です。

リストの動きが入ると、打点が不安定になってミスの恐れも出てきますので、手首の角度はキープさせましょう。

↓↓プロのようにカッコよく!アプローチにバックスピンをかけてキュッと止める方法です!

 

まとめ

転がすアプローチは、スコアをまとめる鍵になります。ゴルフは”ゴロフ”とも言われ、上級者はまずは転がせないかを考えています。あなたもスコアアップして上達するために、積極的に転がすアプローチを使っていきましょう。

ランニングアプローチの打ち方のポイントのおさらいです。

・ボールの位置は右足の前

・ハンドファーストに構える

・左足体重でスイングする

・グリップは短く持つ

・右手首の角度をキープしてフォローを取らない

次のゴルフでぜひ試してみてください!

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

ライザップ【ゴルフ力診断】を体験レポ!分析でわかった長所と短 …

ライザップのゴルフ力診断とは?体験レッスンで受けられるスイング解析がいま人気になっています。あなたのスイング傾向や、ゴルファーとして ...
  • 雑学
  • 117

ゴルフの日焼け止め特集!できる男の肌ケア方法まとめ

絶対に焼きたくない人も、キレイに焼きたい人も、できる男はみんな肌ケアをしてる!いま、日焼け止めを使う男性ゴルファーが増えているようで ...
  • 雑学
  • 60

東京都内のゴルフレッスン!おすすめスクール BEST7

東京都内おすすめのゴルフスクールを大特集!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなたのために選 ...
  • 雑学
  • 40

楽天ゴルフ保険がお得!月額たった230円で充実サポート

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 576

飲み会続きで疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り戻す …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 88

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 197

特集一覧