ゴルファボ TOP知識手首がゴルフスイングに与える3つのメリット・デメリット

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

手首がゴルフスイングに与える3つのメリット・デメリット

手首の使い方!これが決まればすべてがうまく行く!飛距離の最長不倒を目指すならリストターンは必須です。しかし、カップに入れるには固定しないと上手くいきません…今回は、手首がゴルフスイングに与えるメリット・デメリットについてご紹介します。

ゴルフのスイングで、手首は「返せ」「使うな」ということを聞いたことがあると思いますが…どちらが正しいのでしょうか?

実はゴルフではどちらも正しいのですが…

ゴルフのインパクト時には、スナップが効くとドライバーでは飛距離が出ますし、アイアンショットも切れます。パター、アプローチは固定するのはが基本です。どちらも状況に応じて使い分けると、どちらもうまくいきます。

今回は、手首がゴルフスイングに与える3つのメリット・デメリットについてご紹介します。ぜひ、お伝えする内容を参考にしていただき、あなたのゴルフスイングの上達につなげていただきたいと思います。

ゴルフスイング|3つのメリット

積極的に使う場合のメリットは3つあります。

・コックが作りやすくなる

・スナップが効く

・ロブショットが打ちやすくなる

ゴルフスイングではリストが使えると速いヘッドスピード作りだすことができます。

コックが作りやすくなる

ゴルフのスイングは、グリップ、アドレスで始まり、トップ、ダウンスイング、フォロースルーなど一連の流れがあります。その時に大切な働きをしているのが、手首の動きになります。

ゴルフでは、テークバックの時にアンコック(ロック)してしまうとスムーズに上がらず、ぎこちないスイングになってしまいます。リストを柔らかく使えるとコックも作りやすくなるので、トップではゴルフクラブがいい位置に収まり、ダウンスイングに向かうときの”間”につながります。

初心者は、意識して取り入れると自然にクラブヘッドを上がりますので、スムーズな振りができるでしょう!

スナップが効く

ゴルフで飛距離を出すためにはリストターンが必須です。特にドローボールを打つ場合には、リストを使わないと強い球を打つことができません。スナップが効かないとクラブヘッドが返りきらず右にプッシュしたり、スライスしたりしてします。積極的に使うことによって、腕が鞭のようなしなりゴルフボールを遠くに運んでくれるパワーを生み出してくれます。

↓↓↓ドローボールのレッスン動画です。飛距離アップが期待できます。参考にどうぞ!

ロブショットが打ちやすくなる

ロブショットを打つときは、ゴルフボールの下にヘッドを素早く入れなければいけませんので、積極的に使わなければいけません。使うとヘッドスピードも上がり、ボールが高く上がってくれます。バンカーも同じように打つと簡単に脱出できます。

注意点として、ラフからロブショットをする場合は、草の抵抗い負けて手を怪我してしまう可能性もありますので、無理をせずにレイアップしましょう。

3つのデメリット

ゴルフでは、手首を積極的に使うとミスショットの原因になることがあります。使いすぎると、

・トップで緩む

・インパクトゾーンが作れない

・パターのミスが多くなる

そういった状況を作り出してしまいます。

トップで緩む

ゴルフでは、トップで手首をユルユルにして使うとヘッドが垂れてしまいオーバースイングのようになります。そうなるとタイミングの取り方が難しくなり、ヘッドの軌道も安定しませんので、ゴルフボールをしっかりと捉えることができません。左右に曲がり、球をコントロールすることができなくなります。

インパクトゾーンが作れない

ゴルフスイングは、トップで出来た右手の角度をキープしなければいけません。コックが緩むとインパクトゾーンが作れなくなり、フェースでゴルフボールを捉えることができずに、パワーも伝わらなくなり飛距離も伸びません。

角度をキープしてできたパワーを、インパクトの瞬間に鞭のように返していかなければいけません。しかし、コックが緩むとパワーロスが生まれてしまい、シャフトがしならず弱い当たりになります。そうなるとゴルフボールが遠くに飛んでいきませんし曲がってしまいます。

インパクトゾーンが作れないと、ライン出しショットは打てません。プロゴルファーのように糸を引く球を打ってみたのなら、コックをキープして振ってみましょう!

↓↓↓理想のインパクトゾーンが簡単に作れる練習ドリルです!

パターのミスが多くなる

パターで手首を積極的に使って手で操作すると、フェース面に球が当たらないので転がりがバラつき、カップまでの距離感をつかむことが難しくなります。

手を使うとヘッドをこねる動きになりやすいので打点が安定しません。打点が不安定だと方向性も悪くなるので、引っ掛けたり、プッシュしたり、カップの縁を通りすぎていきます。30cmに寄せても行ったり来たりする可能性もあるので、固定して両肩の回転を使って真っ直ぐ打ち出す感覚を覚えて、距離感を出しながらストロークをしていきましょう。

↓↓↓ストロークが安定します。ぜひトライしてみてください!

まとめ

ゴルフでのリストの動きは、メリット・デメリットがありますが、使い分けることによって最大限利用することができます。使い方を間違わないように下記の2つを意識してみてください。

・飛距離を出す時には積極的に使う

・パター、ライン出しショットなど方向性を出す場合には使わない

逆にすると全く効果がでませんので気をつけてください。手首の動きはゴルフでは大事になってきます。状況に合わせて使ってみましょう!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧