ゴルファボ TOP知識ゴルフ右手の使い方!正しい形と打ち方【入門書】

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフ右手の使い方!正しい形と打ち方【入門書】

今どきのゴルフクラブどう飛ばす!?効率の良いスイングを探すけど、どうしていいのかわからない…それなら今まで使い切れていない右手の動きを見直してみよう!意識するだけで振りが良くなり飛ばしの原動力になります。使い方マスターしてください!

昨今、ゴルフ雑誌やインターネットなどではいろいろなゴルフ理論が提唱されています。特に「右腕の使い方」です。

「左腕主導」「右手は使うな!返すな!」など様々な理論があります。しかし、ゴルフスイングは、練習で打つことはあっても、実際のラウンドで片手だけでは打つことはないですので、両腕の役割をしっかりと把握することが大切です。これまであまり各手の役割を理解して動かしたことはなかったと思います。

右手の使い方を意識することができれば、左腕との連動もスムーズになり、飛距離アップや方向性の向上につながります。少しでも上手く使えれば、良いショットが打てるようになるでしょう。

今回は、ゴルフ右手の使い方!正しい形と打ち方をご紹介します。ぜひ試していただき、ゴルフのレベルアップに役立ててください。

ゴルフでは左右どちらが大事!?

結論から申し上げますとどっちも大切です。どちらも役割がちゃんとありますので、しっかりと役割を意識していきましょう。

右手の役割

ゴルフで右腕を使う最大のメリットは、トップポジションからダウンスイングで溜まったパワーをゴルフボールに伝えることです。今どきのゴルフクラブで飛ばすには、体重移動だけでは無理があり、右手を使うことで爆発的はパワーを作り、ヘッドスピードを上げていきます。

左手の役割

ゴルフで左手を使うメリットは方向性です。ゴルフボールを遠くに飛ばすには、パワーだけでなく方向性が必要になってきます。アマチュアゴルファーは、右手のパワーばかりを使って打ちにいくケースがとても多いと思います。それではミート率が下がり、曲がり幅が大きくなるだけで再現性の低いショットになってしまいます。左腕はスイング軌道を正しく導いてくれますので、右手のパワーが効率良く使えるようになります。

ゴルフの基本です!初心者、ゴルフ中級者も確認しておきましょう!

ゴルフ|右手の正しい形

正しい使い方は、左手を支点にして押していきます。押すことによりヘッドが走り、瞬間的にパワーが出ます。

バックスイング

バックスイングで気をつけるのはコックです。コックはアドレスからテイクバックにかけては、角度がほぼ水平に近いくらいですが、トップのポジションにかけて、角度が90°くらいに小さくなります。

イメージとしては、「布団たたき」で布団を叩く時の右腕の動きに似ています。スナップを使うためには、コックをある程度作る必要があります。ゴルフでも同じようになります。インパクトでスナップを利かしてヘッドスピードを上げるには、トップのポジションでコックを作る必要があり、その時の角度は左手よりも小さくなります。

インパクト

ゴルフではトップでできた右腕の形が、インパクトのかたちになります。インパクトの時には適度なハンドファースになっていなければいけませんが、トップのかたちをインパクトまで持ってくると自然にハンドファーストになります。

一連の動きのなかで、インパクトの動きを意識するのは難しいので、トップの形さえ維持できればインパクトであれこれ考える必要がなくなりますので、スムーズに振れて、飛ばしたい時には力を調整することもできます。角度をキープできると、フェースの動きも安定しますので方向性もアップします。

フォロースルー

ゴルフのフォロースルーでは、右手が左手の上になっているのが正しいかたちです。スライスが出る方は、右腕が下のままになっているので、フェースが開き右に曲がってしまいます。フォローではしっかりとフェースターンを行い左手の上に持っていきましょう。

注意点として、フェースターンと言っても、思いきり手首を返してかぶせることではありません。そうなるとフックが出てしまいます。ねじる意識をもってフォロースルーをしましょう。

腕をねじる練習ドリルです!インパクトの時にはとても大切です。これをするだけで飛距離アップが期待できます。

右手の打ち方習得法

片手打ち

正しく動かすには、片手打ちが有効です。

まず、通常のアドレスを取り、左手だけを外します。手首の角度を固定して振ってください。最初は軌道が不安定になりますので小さめのスイングからはじめてください。

ヘッドが重くて腕が疲れてくると思いますが、慣れてくると手首の角度がキープできるようになります。手首がフニャフニャで維持できなければ、トップやダフリになることがわかってきます。

感覚がつかめてきたら左手も添えて打ってみましょう。その時も手首を意識しながら振ると左腕だけではなく右手もゴルフでは大切なことだと理解できるでしょう。

ゴルフボール投げ

アドレスを取った時のボール位置に目印を置き、右手にゴルフボールを持ちバックスイングの形を片手でとります。そこから、目印に向かって持っているボールを投げていきます。注意点として、ただボールを投げるのではなくて、ゴルフクラブを振っているとイメージして行ってください。

しっかりと手首の角度がキープできていないとスナップが効かず、勢いよく目印には当たりません。その形が右腕の動き方になります。地面の目印当たるようになると使い方が上手くなってきた証拠になります。

左腕も一緒に練習するとバランスが良くなり、さらにゴルフがレベルアップするでしょう。

まとめ

片手どちらかに重点を置くとバランスが取れなくなります。均等にバランス良くすることで正しいスイングが身につきます。今どきのゴルフクラブはヘッドが大きく慣性モーメントがよく働きますので、右腕のパワーがしっかりとゴルフボールに伝えられたら、もっと飛距離が伸びるでしょう!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

センスがいい人と言われるためのポロシャツコーデ3つの鉄則

ゴルフ場の服装でとても恥ずかしい思いをしてしまいました。なんとなく選んだポロシャツが○○だったんです…。ワンランク上の洒落た大人ゴル ...
  • 雑学
  • 201

今治タオルで快適ゴルフ!大人気おすすめアイテムを調査

ゴルフに欠かせないアイテムがタオルです。いまゴルファーの間で『今治タオル』が人気なの知ってました?ラウンド中の不快な汗を、さっぱりと ...
  • 雑学
  • 115

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

パークゴルフとは?親子3世代で楽しめるスポーツ特集

今じわじわと競技人口を増やしているスポーツ。それが『パークゴルフ』です。親子3世代で楽しめて、初心者でもかんたんにプレイできところが ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフボール知っておくべき2つの性能とおすすめの選び方

あなたのパフォーマンスを最大限引き出す『ゴルフボール』は一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧