ゴルファボ TOP知識ゴルフの正しい左足の使い方!飛ばすための練習法4選

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフの正しい左足の使い方!飛ばすための練習法4選

飛距離を伸ばしたいけど、いつも威力のないボールしか打てない…そんなあなたでも左足を正しく使うだけで、プロのように糸を引くショットで飛ばすことができます。思い切り振っても振らなくても球の距離がいつも一緒というゴルファーは必見です!

ゴルフボールをまっすぐ遠くに飛ばすためには、左足の使い方がとても重要です!ゴルフスイングでは、体重移動に欠かせない役割を果たしています。またインパクトのときにパワーを受け止めているので、ズレたり、開いたりするとボールも曲がり、飛距離もガクンと落ちます。ライによっては10~20ヤード落ちる可能性もあります。

今回は、ゴルフの正しい左足の使い方と飛ばすための練習法をご紹介します。

上手く使えれば、傾斜地やバンカーでも柔軟に対応できますので、スコアもまとまってきます。ぜひ習得していただき次のラウンドにつなげてください。

ゴルフスイング|左足の役割

ゴルフで構えた左足は、ターゲット方向側にあるので、インパクトからフォロースルーにかけ軸をつかさどり、飛距離と方向性決めます。ゴルフのスイングにおいて、回転運動の「軸」になります。

ゴルフでは、トップポジッションで作ったパワーを、左足を軸に回転してインパクトを迎え、フォロースルーを経てフィニッシュではほぼ全体重を支えます。もし、この軸がブレてしまうと軌道も乱れるので、方向性も悪くなります。また、ヘッドスピードも遅くなるので飛ばなくなります。

ゴルフでは、とても重要な役割を持っていますので、意識していきましょう。

ゴルフ|左足の正しい使い方は…

アドレス

軽く膝を曲げて、少し内側に絞ります。そうすることでどっしりと安定したゴルフのアドレスが取れます。注意点として膝を曲げすぎないように気をつけましょう。必要以上に曲げると下半身のフットワークが使えなくなり、トップでパワーが作れなくなります。

トップ

ゴルフのトップの位置では、体重がほぼ右股関節に移動していますので、アドレスの時の膝の角度をキープしてインパクトに備えます。その時は右半身の支えになります。

注意点として、膝を前に突き出してしまわないように気をつけてください。突き出してしまうと、リバースピボット(ぎったんばっこん)になり、ダフリやトップの原因になります。

ゴルフのトップポジションで肩をスムーズに回すコツです。手打ちが防げます!

ダウンスイング

ダウンスイングに入って左足を踏み込むと、「軸」になりますのでしっかりとターゲット方向に移動します。ゴルフ初心者はその場で回転しようとしてしまうので積極的に移動しましょう。

インパクト

インパクトにかけて、踏み込みながら腰を回転させて、すべての体重を左足に乗せて壁を作ります。ゴルフでよく「左側に壁を作れ」と聞いたことがあると思いますが、それがこれです。この壁がないとヘッドスピードが加速しません。飛距離をアップしたい時は意識して壁を作りましょう。

この時、あまり膝を伸ばしすぎないようにしてください。目一杯伸ばすとケガにつながりますので、少しだけ曲げて伸ばしきらないように気をつけましょう。

フォロー~フィニッシュ

しっかりと左足で体重を支えられると、腰のスウェーも防げて、フォローでゴルフボールを押して飛ばすことができます。フィニッシュでも体制が崩れないのでキレイなフォームになります。

「ヒールアップ」vs「ベタ足」

ヒールアップ

ゴルフでは、踵(かかと)を上げることを「ヒールアップ」と言います。

<メリット>

・ねん転がしやすくなる

・体重移動がしやすくなる

・飛距離が出る

ヒールアップをすることで、肩のねん転がしやすくなります。特に体の硬い人は十分に肩を回すことができます。上げた踵を下ろしてからダウンスイングができるので、タイミングがとりやすくなります。

<デメリット>

・オーバースイングになりやすい

・上体が上下しやすい

・左足がズレやすい

上半身が回転しやすくなるので、回し過ぎてしまいオーバー目になりやすい傾向にあります。また、踵が上がった分、上下運動しやすくなり、ダフリやトップの恐れが出てきます。かかとを下ろすときに滑ってズレたりする場合もあります。

ベタ足

ゴルフでは、かかとを上げないことを「ベタ足」と言います。

<メリット>

・上下運動が減る

・ミート率が上がる

・方向性がよくなる

踵を上げないようにすることで、上下の運動がなくなり、ミート率が上がるので方向性も良くなります。ゴルフ初心者にはオススメです。劇的にスイング軌道が安定しますので、狙った位置にゴルフボールを運ぶことが簡単になります。

右の下半身を粘ると、ドライバーの飛距離と方向性がグンとアップします!

<デメリット>

・肩が回りきれない

・手打になりやすい

下半身が固定されたようになるので、体が硬いと上体のねん転不足になりやすくなります。また、踵を気にするあまり体重移動を忘れて、上体だけが回転し、手打になりやすい傾向にあります。

どちらがいいのか悩むところですが…

・飛ばすなら「ヒールアップ」

・方向性を高めたいなら「ベタ足」

がいいでしょう。しかし、最近のプロゴルファーはベタ足でも飛ばしているので一概には言えませんが、ドラコンの選手は、ヒールアップをすると下半身のフットワークを使って飛ばせるので多くの選手が使っています。ねん転が十分にできれば、どちらでも問題ありません。

左足のよくある悪い例

プロでもここ一番で飛ばしたいときは、勢い余ってシューズの裏がめくれてしまうときがありますが、アマチュアゴルファーの場合は、かかと体重になっていることが多く、普段のスイングでも開いてズレて、フィニッシュでめくれてしまうので気をつけましょう。

めくれると軸が右側に動いている証拠ですので、ダフったりトップしたりして軌道が安定しなくなります。

ゴルフで飛ばすための左足練習法4選

地面をねじる

振り下ろすときに踏み込んで、地面を”ギュッ”とつかんで左側にねじりましょう。そうすることで、シューズの裏がめくれずにしっかりとフィニッシュまで力が抜けずに振ることができます。いつも腰が後ろに引けているスイングをしているゴルファーにはとても良い練習になります。

このドリルもゴルフの踏み込む感覚が身につきます!参考にどうぞ!

ゴルフボール挟み

ねじる感覚を掴みにくい場合は、左足小指側にゴルフボールを挟みスイングしてみましょう。踏ん張る感覚がつかめますので、開きや、めくれの原因の防止になります。

片脚(あし)打法

片方で打つことで、左足に体重が乗る感覚がつかめます。また、スタンスがクローズになり、左腰の開きも抑えられしっかりとゴルフボールをつかむ練習にもなります。インサイドから下ろしやすくなるので、スライスの防止にもなります。

一本足打法

野球のバッティングのように、一本で立ってから踏み込んで打ちます。ドライバーの飛距離アップには下半身のフットワークが必要です。このドリルをすると、体重移動の感覚が身につきます。

注意点として、「ビハンド・ザ・ボール」の形を意識してください。最初は、素振りで感覚を掴み、徐々に振りを大きくして実際に打ってみてください。自分の打ったゴルフボールの勢いの違いに驚くでしょう!

まとめ

いかがだったでしょうか?ゴルフにおいて、左足はとても大切です!海外のプロゴルファーも下半身のフットワークを活かして飛距離アップを図っています。ゴルフスイングでは、パワーをどれだけゴルフボールに伝えられるかが大切ですので、ご紹介した練習法を試していただき、次のラウンドにつなげてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧