ゴルファボ TOP知識ゴルフのリーディングエッジとは?3分まるわかり解説

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフのリーディングエッジとは?3分まるわかり解説

今回はゴルフのリーディングエッジについてまとめました。あまり聞きなれない用語ですが、リーディングエッジの使い方が上手くなれば、アイアンやアプローチでのトップやダフリは無くなります。ボールをしっかり捉えたいときに限ってミスが出る方は必見です!

リーディングエッジとはあまり聞かないゴルフ用語なので、初心者の中にはご存知でない方もいらっしゃると思いますが、インパクトでは重要な働きをしてくれます。ゴルフクラブ選びのときにチェックする部分になります。

今回は、ゴルフのリーディングエッジについてご紹介します。

リーディングエッジは、球の捕まり具合に影響してきます。普段の練習のときからリーディングエッジの入射角度を意識することで、トップやダフリを防ぐことができ、あなたのショットの精度が抜群に上がります。ぜひ、役割を理解し、ナイスショットにつなげてください。

ゴルフ|リーディングエッジとは?

リーディングエッジとは、フェースとソールの境界線のことを指します。フェースの最下部にあります。ゴルフクラブの「刃」とも呼ばれることもあります。リーディングエッジは、インパクトでボールを捉えるときにとても大切な部分になります。

リーディングエッジには2つのタイプがある!

ゴルフクラブのリーディングエッジには、2つのタイプがあります。

・ストレートタイプ

・丸いタイプ

ストレート

ストレートには、2つのメリットがあります。

・ターゲットに合わせやすい

・方向性がよくなる

ストレートだと目標に合わせやすくなります。スイング中ヘッドの残像が見やすくゾーンで捉えるイメージが出るので、ナイスショットの確率が高くなります。スイング軌道や方向性が不安定な初心者に向いています。

丸いタイプ

丸いものも同じく2つのメリットがあります。

・ボールをコントロールしやすい

・ヘッドを開いて構えやすい

丸みがかかっているものは、フェースを少し開いて使う前提で作られています。サンドウェッジに多く見られます。開いて使わないと構えづらくて振りにくくなります。

リーディングエッジは構えやすさ、方向性に影響しますので、ご自身の打ち方やレベルに合わせて選んでいきましょう。

ゴルフショップで試打ながら選ぶと自分にぴったりのものが見つかります。特にフィッティングをすると1時間でも変化がでてくるそうですよ!

ダフリ/トップしないリーディングエッジの合わせ方

アイアン

ダウンブローを意識するあまり上から打ち込むと、リーディングエッジが地面に刺さってしまうので、緩やかな軌道でスイングしましょう。

緩やかな軌道で打つには、ハンドファースで構えることです。そして、打ち込みを防ぐには、腕だけでゴルフクラブを上げるのではなく、常に腕とクラブは体の正面に固定して振ることを意識してください。

注意点として、ハンドファースに構えるとき、グリップエンドが左足の付け根から外側に出るような構えにならないように気をつけてください。リーディングエッジが立ち過ぎてダフリやすくなります。

最近のアイアンは、ドライバーショットのようにレベル(水平)でボールを捉えると方向性と飛距離がアップするみたいです…↓↓↓

アプローチ

ストレートのリーディングエッジは、目標に合わせやすく、方向性が出しやすくなります。方向性に不安がある方におすすめです。ストレートの方が構えやすくなり、ナイスアプローチが期待できます。

それに対して、丸みのあるリーディングエッジは、フェースを開いた方が構えやすくなります。高い球、低い球などいろんな球筋を打って寄せたいゴルファーにはとても向いています。

注意点として、ストレートのタイプのヘッドを開くと、まっすぐのエッジが目障りになって構えにくくなりますので、気をつけましょう!

リーディングエッジを使ってナイスショットを打つには…!

クラブを振るときに意識することは、ボールの赤道から下の部分を狙って、リーディングエッジで打ってみてください。そのときは普段のご自身のスイングをしてください。何も変える必要はありません、

赤道を狙って打つとトップしそうな感じになりますが、クリーンにボールを捉えることができます。いきなり長いクラブを使うと振りにくいと思いますので、ピッチングウェッジやサンドウェッジでアプローチから始めるのもいいでしょう。

ダウンブローで打ちたいときは、赤道の下の部分にヘッドを入れることがポイントになります。赤道から上に当たるとトップになりますが、赤道の下に当たるとボールはトップせず、リーディングエッジからスコアラインを駆け上がり“スパーン”と切れ味鋭く飛んでいきます。ロフト角があるクラブだとバックスピンが良くかかります。

徐々にアプローチに慣れてきたら、アイアンの番手を上げていってください。ダウンブローで打つ感覚もつかめてくるでしょう。

ゴルフのスイングでは、アドレスが基本です!参考にどうぞ!

まとめ

いかがだったでしょうか?

日頃あまり意識しないリーディングエッジの部分に、ナイスショットの秘訣が隠されていました。一点に集中することで余計なことを考えることがなくなるので、迷わず無心でスイングをすることができます。ぜひ、練習のときから意識して球を打って試していただき、スコアアップにつなげみてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧