ゴルファボ TOP知識ドライバースイングの基本!ゴルフが10倍楽しくなる秘訣

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ドライバースイングの基本!ゴルフが10倍楽しくなる秘訣

ゴルフで飛ばすとラウンドが楽しくなります。しかし、曲がることはあってもボールがバカっ飛びすることは滅多にありませんよね…チョロやOBに怯えながら振るのも嫌ですよね。今回は、ドライバースイングの飛ばしの基本が知りたいという質問にお答えします!

ドライバーを打ってボールが曲がると、OBになったり、飛ばなかったりして、「また大叩きか〜」、ゴルフなんてつまらないと思っていませんか?

実は基本を少し知るだけで、まっすぐ飛ばすコツをつかむことができます。長いクラブが振れるようになると、ユーティリティやフェアウェイウッドも一緒に上達することができるでしょう。

今回は、ゴルフのドライバースイングの基本をご紹介します。

ゴルフでまっすぐ飛べば、余計なペナルティーを受けなくいいので、スコアメイクなんて簡単です!コントロールショットができると飛距離も伸びてくるので、ゴルフがもっと楽しくなります。ぜひ、基本を知って次のラウンドにつなげてみてください!

ゴルフ|ドライバーのミスと原因

ゴルフでミスが多いのは、アウトサイドインやインサイドアウトで振ることで起こります。この軌道だと、スライスやフック、チーピンになってしまいます。

飛ばない

ゴルフ初心者に多いのですが、ゴルフクラブを腕だけでスイングしてしまう傾向があります。腕を主導にすると外側や内側からクラブが降りてきます。そうなると軌道が不安定になり、芯に当たらず飛ばなくなります。

ヘッドスピードが速くても軌道が安定しなければ飛びません。手にも衝撃がくるので、最終ホールに近づくにつれて疲れてしまいます。

スライスが出る

アマチュアゴルファーに多いミスです。ドライバーでスライスが出るのはヘッドが開いて、アウトサイドインの軌道で振っているからです。トップでの切り返しの「間」がないので、下半身が止まって上体だけで打ったり、体重移動ができなかったりするのが原因です。

フックが出る

ゴルフでは、手首を返し過ぎるとフックが出る原因になります。クラブが外側、また内側から入ってきて、インパクトのタイミングが合わずに手首で合わせて返すと、フェースがかぶるので左に飛んでいきます。ゴルフボールにドロー回転がかかるので転がりやすく、OBゾーンに入る確率が高くなります。

これを読めばゴルフスイングのコツが一気にわかります!参考にどうぞ!

ドライバーが楽しくなる秘訣

現在、ゴルフのドライバーは、大型ヘッドになっているのでフェースが開かないスイングが求められます。

理想的なゴルフスイング軌道とは?

理想的なドライバーの軌道は、インサイドインです!強いインパクトを生み、あなたの最長不倒の飛距離を出してくれます。

理想の軌道は、構えた時の上半身の角度をキープすることで生み出されます。軸がしっかりし、ゴルフクラブが外側から入ることがありません。また、ゴルフボールの位置も大切です。左足かかと線上を基準にしましょう。そうすることで、インサイドインに振りやすくなります。

球の位置のゴルフ応用編として、アゲインストの風が強い場合には、少し右側に寄せてティーアップは低めにすることで、風に強い球が打てます。逆にフォローの風に乗せたい場合には、左足つま先くらいにして、ティーも少し高くすることで弾道が高くなり風に乗せることができます。

ドライバーをコントロールしてぶっ飛ばす方法

ゴルフでマン振りするとスライスになる方が多いと思います。なぜ、そうなるのでしょうか?それは、ヘッドが開いたままインパクトを迎えているからです。それを防ぐために手を使うと、逆にフックやチーピンになってしまいます。

では、どうしたらいいのでしょうか?

それは、「シャットフェース」でスイングすることです。シャットフェースとは…トップポジションでドライバーのフェースが空(真上)を向いて閉じた状態のことをいうので、シャット(閉じる)フェースと言います

昔のゴルフでは、シャットフェースは「フックが出る」とか「引っかかりやすい」と悪評が高かったのですが、今どきの大型のドライバーは開きやすいので、シャットフェースの方がコントロールしやすくなります。マン振りしても開くことが少なく、飛んで曲がらないボールが打てるようになります。

事実、世界のトッププロたちは、みなシャットフェースになっています。そこに曲がらない飛ばしのヒントが隠されています!

USゴルフツアー屈指の飛ばし屋ダスティン・ジョンソンのトップポジションをご覧ください!このトップで433ヤードを1オンする飛距離を生み出しました。

スライサーでもドライバー飛距離を出す方法

スライスでゴルフボールが飛ばない原因の一つに、クラブヘッドの失速があります。フォロースルーでグリップが体に近くなり、左ひじが引けてしまうからです。肘が引けると体の回転が止まり、腕を引く動きしかできないために、失速を余儀なくされ、インパクトでゴルフボールに力が伝わりません。

アウトサイドイン軌道で飛距離アップさせるには、ダウンスイングからフォロースルーにかけて、左腰と左肩を思いきり回転させてください。フィニッシュで少しフラつく位にオーバーに回してもOKです。

腰と肩がしっかり回れば体の左側にスペースが生まれます。アウトサイドインで振っても、体が回ることによって生まれた左サイドのスペースにグリップが入ってきますので、失速せず飛距離を保つことができます。注意点として、回しすぎて怪我をしないようにしてください。

フォロースルーにかけてヘッドスピードを加速させるための練習ドリルをご紹介します。

ゴルフクラブの長さで軌道を変えるとキレが増す!

ゴルフのドライバーと7番アイアンでは、ご覧のとおり長さが違います。長さが違うので、バックスイングを上げるときはプレーンを変えなければいけません。

アイアンと1Wでは、軌道が異なるので、打つ時には同じ方向に上げるのではなく、それぞれのシャフトの長さに合わせて、テークバックしていかなければいけません。

ドライバーはフラット気味に上げていきます。7番アイアンはアップライトに上げていきます。ゴルフクラブの長さが長くなるほどフラットになり、短くなるほどアップライトになります

注意点は…

注意する点として、変えるといっても1番手で0.5~1度のわずかな変化です。アイアンは頭の上、1Wは腰辺りで横に振るような極端に変わるものではありません。

アドレスで構えてできたクラブと地面の角度を維持するようにすると、テークバックで迷うことがなくなりますので、リズム良く振ることができます。

長い、短いクラブの扱い方わかります。ゴルフの好不調がなくなり、ミスショットが激減するでしょう。

まとめ

基本のドライバーのスイングができれば、飛距離や方向性がアップするので、狙ったところにボールを運ぶことができます。その結果、スコアも伸びてきます。ゴルフが心から楽しく思えるでしょう!

今回ご紹介した方法を、日頃の練習やラウンドで試していただき最高のショットを打ってください!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

酒好き必見!二日酔いに効くサプリメント7選と飲み方のポイント

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 83

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧