ゴルファボ TOP知識ゴルフはボディーターン!飛距離を伸ばす4つのステップ

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフはボディーターン!飛距離を伸ばす4つのステップ

ゴルフで飛距離を出したいけど、いつも手前に落ちてしまう…そんなあなたでも、ボディーターンの4つのポイントを習得するだけで、簡単にゴルフボールを遠くに運ぶことができます。スライスやフックが出てしまう方、もっと飛ばしたい方は必見です!

ゴルフボールを捕まえるにはリストターンが基本ですが、ボディーターンを合わせることによって、良いゴルフのスイングになります。

ゴルフでは、右手首のコックとボディーターンを一緒に連動させることで振りが安定してきます。安定することによって、曲がることが少なくなるので、大叩きが減りスコアがどんどん伸びてきます。

自分が、ゴルフで手打ちと感じている方は、ぜひ体の回転の使い方を身につけてみてください。

先日アップされた「正しい手首の使い方」の記事をお読みになられていない方は先にご覧ください。ゴルフボールの捕まえ方もわかると、風にも負けない強い球を打つことができます。

ゴルフ|ボディーターンとは?

ゴルフでのボディターンは、上体は右肩・左肩、下半身は右足、左足を使って、身体を回転させます。体の回転を使うことで、方向性が安定し、距離感の出しやすいショットになります。

体を回転させることで、腰が先行して上体が捻れ、それに伴いヘッドの重みを感じ、ゴルフクラブのシャフトをしならせてヘッドスピードを上げることができます。また、手先でコントロールできないので、クラブヘッドの軌道も安定してきます。ゴルフスイングの理想的な形になります。

ボディーターンで飛距離を伸ばす4つのステップ

ゴルフでよく、身体の回転と反対の意味で使われるのが、リストの動きです。手首を意識的に使うことによって、ヘッドスピートが上がりボールが遠くに飛んでいきます。またスピンをかけたい時とか、ラフやバンカーから出すときにはとても必要です。

しかし、ゴルフでその動きを効率よくするためには、体の回転は必須です。ほとんどの方が、分けて振ってしてしまうので、スライスが出たり、インパクトの直前でしゃくったりして、思うようなゴルフスイングができていない状態です。

これから、簡単にボディーターンができる方法をご紹介していきます。しっかりカラダを使うことで、トップの位置やフィニッシュの位置も安定しくるので、振りも早くなり、ゴルフボールを遠くに飛ばすことができます。

片手打ち|ゴルフスイングの軸を安定させよう

片手打ちにはウェッジを使います。ゴルフ練習場のティーアップしたボールを打ちます。このときゆっくりと片手で打ちます。

短いゴルフクラブを使って練習する理由は、球と体が近いからです。遠いとどうしてもゴルフボールとの間隔が変わってしまうので、手首を使って調整しようとする動作が入ってしまいます。

ゴルフの片手打ちの注意点として、フィニッシュまでの動作を止めないということです。バックスイングを上げて、トップ、そしてダウンスイング、インパクトと動きを止めないでフィニッシュまで同じ速度で振っていきます。

その時は、フェース面は変えずに行います。あまり速く振るとバランスをくずしますので、ゆっくりと行ってください。両腕で交代して行うと効果的です。もし、片手でゴルフクラブを支えるのが無理な場合は両手でも構いません。その際も慌てずゆっくりのスピードで行ってください。

ボディーターンが出来ているかのポイントは、ゴルフクラブのヘッド。上を向いている場合は出来ている証拠です。垂れ下がっていると手で振っていますので、気をつけましょう。

グリップは常に胸の前|グリップエンドをおへそに向ける意識

ボディーターンをする時は、グリップエンドの指す方向は常に身体の中心「おへそ」を向く状態にしましょう。そうすることで、軌道から外れてクラブが遠回りすることがなく、最短でインパクトを迎えることができます。

イメージとして、クラブのグリップエンドをおへそにつけてください。グリップはシャフトを持ってください。おへそにつけてまま、振ってみてください。手ではなく身体が回るイメージができると思います。

注意点として、フィニッシュの時のおへそは、なるべく飛球線方向に向けるようにします。そうすることでスイングアークが大きくなり遠くに飛んでいきます。

グリップと身体の距離を保つ|右腕と左腕の三角形と距離の維持

手打ちの人は、身体を回す感覚がわからないと思います。簡単に感覚が覚えられる方法をご紹介します。

まず、アドレスを構えてください。その時、胸の前に三角形ができていると思います。その三角形を崩さないようにテークバックを上げて、トップ、インパクト、フィニッシュまでキープして振ります。最初はシャドウか素振りでもOKです。

三角形をキープできれば、ボディーターンが出来ている証拠です。クラブフェースもスクエアに戻りますので、再現性の高いインパクトを迎えることができます。

小平智プロもしっかりと三角形をキープしています。だから強い曲がらない球が打てます。アマチュアゴルファー必見です!

トップで「間」を取る|切り返しが最高のボディーターンを生む

トップで「間」を作ることによって、腕より身体の回転が先行します。下半身から始動させることがゴルフスイングでは理想的です。切り返しの瞬間に右腰から左側にパワーが移り、左腕主導で振ることができます。

そうすることで、自然と下半身から回転し、上体が捻れ、打球は遠くに飛んでいきます。そしてあなたの最大飛距離が生まれます。

腰の動きはゴルフではとても大切です。プロのレッスン動画です!飛ばしたい人必見です!

まとめ

ゴルフのスイングは腕だけでも、ボディーターンだけでもうまくいきません。ボールを捕まえて、真っ直ぐ遠くに飛ばすためには、腕のスナップが必要です。また、方向性や距離感を出すには体の回転が必要になってきます。お互いのバランスが崩れると球を思い通りのところに運ぶことはできません。

ぜひ、ボディーターンもうまく取り入れて、飛距離を伸ばして次回のラウンドでは、仲間のゴルファーを驚かせてください!ゴルフコンペでの優勝、ドラコンも夢ではなくなります!!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

センスがいい人と言われるためのポロシャツコーデ3つの鉄則

ゴルフ場の服装でとても恥ずかしい思いをしてしまいました。なんとなく選んだポロシャツが○○だったんです…。ワンランク上の洒落た大人ゴル ...
  • 雑学
  • 201

今治タオルで快適ゴルフ!大人気おすすめアイテムを調査

ゴルフに欠かせないアイテムがタオルです。いまゴルファーの間で『今治タオル』が人気なの知ってました?ラウンド中の不快な汗を、さっぱりと ...
  • 雑学
  • 115

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

パークゴルフとは?親子3世代で楽しめるスポーツ特集

今じわじわと競技人口を増やしているスポーツ。それが『パークゴルフ』です。親子3世代で楽しめて、初心者でもかんたんにプレイできところが ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧