ゴルファボ TOP知識ゴルフ前傾角度を維持するための3つのコツと注意点

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフ前傾角度を維持するための3つのコツと注意点

『前傾角度の維持』は思い通りの球を打つためにとても重要です。スイング中のブレがなくなればトップやダフリも減り、再現性の高いナイスショットが打てます。どのポイントに注意すればいいのか?練習方法と共にご紹介します。

ゴルフでナイスショットするためにはスイング中の前傾角度を維持することが重要です。

いつもトップやダフリばかり…当たっても飛距離が出ない…、ゴルフボールが飛ばない大きな原因にスイング中の前傾姿勢の崩れがあります。ゴルフクラブの芯で小さなボールをインパクトするためにはカラダの軸がブレないことが何より重要です。

しかしゴルフクラブを振り上げたり、振り下ろしたりする中で、上体の角度をキープすることは非常に難しいことでもあります。今回は、ゴルフに重要な前傾角度を維持するための3つのコツと注意点について解説していきます。

前傾角度が崩れるとどうなる?

ゴルフで前傾姿勢が崩れるとカラダが上下に動きます。それに合わせてクラブの軌道も上下に動いてしまうのでインパクトでボールを正しくとらえられません。

前傾角度が起き上がると…

トップ(ボールの上を叩いてしまいライナーの様に低く飛んでしまいます。度合いが強いとチョロっと前に転がるだけです。)いずれにせよ飛距離は出ません。

前傾角度が下がると…

ダフリ(ボールの手前を叩いてしまい深く芝が削れます。しっかりインパクトできないのでボールは手前に少し転がるだけです)こちらも飛距離は出ません。

ゴルフでは、この前傾姿勢(上下の動き)をキープすることがナイスショットに欠かせないポイントです。

前傾角度を維持するメリット

前傾姿勢を維持することでスイング軌道が安定し、最初に構えたところをゴルフクラブが通るので、体重移動なども上手くいき、再現性の高い回転運動が出来ます。

そして、体の軸を中心にコマのように回って打つことが出来るので、ヘッドスピードも上がりボールにしっかり力が伝わって飛距離が伸びます。

ゴルフで飛距離、方向性を獲得するうえで非常にメリットの大きいポイントです。

崩れやすいポイント

もっとも崩れやすいポイントはテイクバックです。テイクバックと共にカラダが起き上がってしまいがちです。反対にボールを見過ぎたりすると顔が沈みこんで下がったりもします。

正しい前傾姿勢と角度とは?

どの角度が一番良いかは、ゴルファーごとの体形や体力等にもよりますが、基本的な前傾姿勢の作り方としては…

①足は肩幅くらいに広げまっすぐ立ちます。

②お辞儀をするように上体を前に傾けます。この時、お腹や胸を曲げるのはNGです。股関節を中心に曲げるのが正解です。背中を丸めずにまっすぐして前傾してください。

③膝を適度に曲げてください。重心は若干つま先側にあるのが理想的です。

この時に設定した角度をインパクトまで維持することがポイントです。股関節を上手く意識することで作りやすくなります。

↓↓↓ゴルフ上達!スイートスポットに当てるための7つの方法

前傾角度を維持するコツ

ゴルフに重要な前傾角度を維持するコツを体の部位別で解説します。ポイントで取り入れても良いですし、全部取り入れてもOK。あなたのフォームにマッチするところを上手に取り入れてください。

頭の位置

頭の位置を維持するためのコツは「視線」です。ゴルフで、飛ばしたい!当てたい!という気持ちが強過ぎると、スイングに合わせて頭の位置が上下左右にブレます。大事なのは頭が動かないことで、顔は動いても構いません。

ボールを左目で(右打ちの場合)見てください。顔が若干右を向くかと思います。こうなるとカラダがスムーズにバックスイングしやすくなり頭の位置のブレが軽減できます。スムーズにバックスイング出来ると頭の位置もキープしやすくなります。

背中の角度

背中は常に「まっすぐ」を意識しましょう。背中が曲がっていたり、反り過ぎていたりすると前傾角度が動きやすくなります。まっすぐな背中を確認するために背骨に沿ってゴルフクラブを当ててみましょう。

ゴルフクラブが背骨全体に当たっていれば、まっすぐになっています。逆に背骨中央だけ当たっていたり、首元だけに当たっている場合は、背中が曲がり過ぎ、反り過ぎの可能性があります。

■膝の角度

両膝が伸びたり曲がったりすると、それに合わせて前傾角度が変化してしまいます。とはいえ、膝を曲げたままだとバックスイングがしにくいというゴルファーもいると思います。そんな時は両ひざが伸びないように注意してください。

片膝が多少伸びても、もう片方がキープできていればインパクトに影響はないでしょう。

↓↓↓ゴルフスイングの基本中の基本だけを総まとめしました!

効果的な練習方法

前傾姿勢をキープする練習方法の一つにゴルフクラブを抱えて回転する方法があります。胸の前でゴルフクラブを持って回転してください。

首の後ろ(肩)に回して行うのが一般的かもしれませんが、肩にゴルフクラブを回すと必要以上に背中を反り過ぎてしまい、実際のフォームと違ってしまう可能性があります。胸の前で構える事で実際のスイングの様に前傾角度をキープしたまま回転することが出来ます。

練習時の注意点

ゴルフクラブをもって回転運動をする時、背中の筋肉に注意して、背中をまっすぐキープするよう心がけましょう。頭の位置が動かないようにすることがポイントです。正面に鏡などがあればチェックしながら練習すると効果的です。

現在ではスマホなどで簡単に動画撮影が出来るようになりました。可能であれば自宅、ゴルフ練習場問わず、自分のフォームを撮影し、正しい前傾角度が出来ているか確認すれば練習効率は2倍になるでしょう。

↓↓↓ゴルフのおすすめ練習法BEST5!打ちっぱなしでぜひ試してみてください。

前傾姿勢のお手本

アドレス時に決めた前傾姿勢が、インパクト、フィニッシュまでしっかりとキープされています。

アドレスからフォロースルーまで頭の高さが変わりません。背中もピンとまっすぐ伸びで回転に適した軸を作っています。プロゴルファーのフォームを見るとフォローで顔が斜めを向いたままです。

アマチュアゴルファーはフォローですぐ顔が起き上がってしまい、その結果、前傾姿勢も早く崩れがちです。フォロースルーは斜めのままボールを見るという事を意識することも一つのポイントです。

まとめ

ゴルフスイングの再現性を高めるためには前傾角度の維持が欠かせません。頭の位置、まっすぐな背中、膝の角度に注意しましょう。力んでしまうとカラダが固くなり、軸がブレてしまいますので、リラックスして打つことも大きなポイントとなります。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

センスがいい人と言われるためのポロシャツコーデ3つの鉄則

ゴルフ場の服装でとても恥ずかしい思いをしてしまいました。なんとなく選んだポロシャツが○○だったんです…。ワンランク上の洒落た大人ゴル ...
  • 雑学
  • 201

今治タオルで快適ゴルフ!大人気おすすめアイテムを調査

ゴルフに欠かせないアイテムがタオルです。いまゴルファーの間で『今治タオル』が人気なの知ってました?ラウンド中の不快な汗を、さっぱりと ...
  • 雑学
  • 115

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

パークゴルフとは?親子3世代で楽しめるスポーツ特集

今じわじわと競技人口を増やしているスポーツ。それが『パークゴルフ』です。親子3世代で楽しめて、初心者でもかんたんにプレイできところが ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフボール知っておくべき2つの性能とおすすめの選び方

あなたのパフォーマンスを最大限引き出す『ゴルフボール』は一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧