ゴルファボ TOP知識片手打ちでゴルフが上手くなる4の理由とおすすめ練習法

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

片手打ちでゴルフが上手くなる4の理由とおすすめ練習法

両手でも打てないのに片手打ちなんて…絶対ムリ!と思っているアマチュアゴルファーの方はたくさんいると思います。しかし、実はその逆なのです。右手、左手の役割を知らないから両手で打てないのです。ゴルフ上級者やプロはこの練習を欠かさずやっています。

出典:youtube.com

ゴルフで両手でもちゃんと打てないのに、片手打ちなんて…絶対ムリ!と思っているあなた!プロだからできると想っていると思いますが、ゴルフ上級者やプロゴルファーはこれができるようになったから、上達したのです。

両手で振って当たれば気持ちがいいのでそれで終わっていたり、調子が悪いと「そういう日もあるさ!」と楽観的にとらえていたりするアマチュアの方はたくさんいると思います。しかし、ゴルフでは、右手、左手などの各パーツの動きを知ることで、劇的にスイングが変わります。

今回は、片手打ちでゴルフが上手くなる4つの理由とおすすめ練習法をご紹介します。

松山英樹プロなどもスタート前の練習からしっかりと取り組んでいます。これで、スイングの調子を上げていくのでしょう。ぜひ、あなたも試してみて、次のゴルフにつなげてください!

ゴルフで片手打ちをする練習の目的

ゴルフのスイングでは、身体のどの部分を動かせばクラブを正しく動かすことができるのかを意識することで、精度高いショットを打つことができます。

両手で打つとどうしても、利き腕に頼ってしまいます。ただクラブを振ってフェースにゴルフボールを当てるだけの練習になってしまい、コースで効果的なショットを打つことができません。

片手打ちを実践し、安定した軌道で振れるようにしましょう。普段のゴルフスイングの他、アプローチやパターのストロークも上達してきます。

ゴルフで片手打ちができない人は…

・手でゴルフクラブを上げる

・トップで出来たコックがすぐ解ける

・体重移動がスムーズにできない

などを繰り返していると思います。特に初心者やダフリ、トップなどのミスショットが多い人は、片手打ちの練習をおすすめします。ミスが多いということは、ゴルフスイングの仕組みが理解できていないことの証明です。各体の動かし方が分かればナイスショットも増えてきます。

片手打ちでゴルフがうまくなる4の理由

ゴルフの片手打ちは、プロも徹底してトレーニングに使用し、スイングのレベルを上げているので、効果があることは証明されています。アマチュアゴルファーが取り入れることで、必ず上手くなると思いませんか?うまくいくメリットを4つ挙げたいと思います。

スイング軌道をコントロールできる

左手1本で、アプローチするドリルを行ったことがあればわかると思いますが、片方だけだとゴルフクラブは結構重くて振り上げるのがしんどいですよね?

でも、脇を締めて身体で振ると以外と軽く持ち上がり、振り下ろすときも楽にクラブを下ろす感覚がわかると思います。ヘッドスピードが遅くてもしっかりとゴルフボールにあたり、芯に当たる確率が増えます。

左手は、スイングをコントロールする役割を持っていますので、方向性がよくなります。ただ振るだけで、正しい軌道になります。

飛距離が伸ばせる

逆に右手を使うと、トップでできた手首の角度をキープしないとボールに当たらないことがわかると思います。ゴルフのレッスン書などで、「手首の角度をキープしなさい」と書かれていると思いますが、そのことを言っています。

右だけで打つ練習をすると、手首の角度を維持する重要さがわかります。右手はスイングの「エンジン」と言われています。キープしてリリースするタイミングがつかめると、ヘッドを加速させることができるので、飛距離をアップさせることができます。

下半身も一緒に連動するともっと飛ばせます!飛ばしたいアマチュアゴルファー必見です!

体と腕の一体感がわかるようになる

両手で振るとどうしても手で”ヒョイ”と上げてしまう傾向にありますが、片手だと力が入りにくいので、体全体で振ろうとします。それが、身体と腕の一体感となり捻転が十分にされたゴルフスイングを作ることができます。

ボールが曲がりにくくなる

各身体のパーツの動き方がわかると、連動した動きができるようになり、軌道がブレることが少なくなるので、芯にも当たりやすくなります。ゴルフクラブと身体が同調すると余計な力が腕に伝わらず、インパクトが安定するので曲がるボールが少なくなります。

ゴルフ|片手打ちおすすめ練習法

左手

出典:みんなのゴルフダイジェスト

使うクラブは、最初はウェッジの方が短くて扱いやすいでしょう。いつものアドレスで構え、グリップは短く握ります。それから右手を外して左手1本でテークバックを取ります。ゆっくりの素振りからで構いません。

素振りが終わったら実際にゴルフボールを打ってください。最初は、膝から膝までの小さな振り幅で、しっかりと芯にとらえられてから、徐々に腰から腰、肩から肩へ広げていってください。

注意点として、ゴルフでは、いきなり大きく振ると難しいので、上手くボールを捉えることができず嫌になります。ステップアップ方式で小さく振って、芯に当たるようになってから振り幅を大きくしていってください。

また、腕1本だけだとクラブが重くてフラフラしてスイングできないという場合には、右手で左ひじを抑えながら打つと、振りが安定します。

右手

今度は、右手だけ打ちます。アドレスの取り方などは左手の片手打ちと同じです。打つ時のポイントは、手首の角度です。

ゴルフでは、トップで出来た手首の角度をキープしながらインパクトを迎えます。最初、クラブが上げにくければ、両手で一旦トップまで持っていき、そこで左手を離して、右腕だけで振ります。

SW〜7番アイアンまで打ってみる

ウェッジである程度できるようになったら、余韻を感じたまま両手でも打ってみましょう。

さらに、クラブを長いものに変えながら左右交互、両手で打つドリルをすると、番手に合ったスイングやインパクトのタイミングが、分かってくるようになります。ゴルフの効果的な腕や身体の使い方を身につけることができるでしょう。

松山英樹プロのウォーミングアップです。0分53秒から片手打ちがご覧になれます!

片手打ち練習の注意点

左手で打つ場合の注意点

インパクトからフォローにかけて肘を引かないようにしましょう。しっかりと脇を締めて身体を回転させてインパクトを迎えましょう。少しフェースローテーションを入れてあげると肘が引けなくなり、クラブの抜けが良くなります。

また、左手の1本で振ると、大きなフォローを体験することができます。ゴルフで飛距離アップには欠かせない動きです!

右手で打つ場合の注意点

右脇を開けないことです。脇が開くとプレーンから外れるので、ダフったりトップしたりして、せっかくの片手打ちのドリルの効果が得られなくなります。ゴルフでは、右手の平が空を向き、右肘が地面を向くようにすると自然と脇が締まって良いトップが作れます。

まとめ

片手打ちは練習の前後に行うことで、良いゴルフのスイングが身につくようになります。プロも欠かさずこのトレーニングをしています。反復練習が苦手なアマチュアゴルファーも多いと思いますが、打てないからといってすぐに両手に持ちかえて打つのではなくで、少しの時間でもいいので、ぜひ片手打ちを取り入れてください。通常のショットやアプローチが安定してきますよ!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

センスがいい人と言われるためのポロシャツコーデ3つの鉄則

ゴルフ場の服装でとても恥ずかしい思いをしてしまいました。なんとなく選んだポロシャツが○○だったんです…。ワンランク上の洒落た大人ゴル ...
  • 雑学
  • 201

今治タオルで快適ゴルフ!大人気おすすめアイテムを調査

ゴルフに欠かせないアイテムがタオルです。いまゴルファーの間で『今治タオル』が人気なの知ってました?ラウンド中の不快な汗を、さっぱりと ...
  • 雑学
  • 115

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

パークゴルフとは?親子3世代で楽しめるスポーツ特集

今じわじわと競技人口を増やしているスポーツ。それが『パークゴルフ』です。親子3世代で楽しめて、初心者でもかんたんにプレイできところが ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフボール知っておくべき2つの性能とおすすめの選び方

あなたのパフォーマンスを最大限引き出す『ゴルフボール』は一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧