ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識ゴルフ「ザックリ」「チャックリ」を防止する練習法3選

知識

ゴルフ「ザックリ」「チャックリ」を防止する練習法3選

ゴルフ場のアプローチでザックリやチャックリをしてしまうと、ボールを捉えられることができないのでピンに寄せることが難しくなります。特に簡単なグリーン周辺や花道でやってしまうと、これまでのマネジメントが台無しになりますので防いでいきましょう!

ゴルフのショットで一番がっかりするのが、ダフリ系のミスです。特にボールの手前を大きく外して地面を叩くと手は痛いし、飛ばないし、精神的なショックが大きくなり、次のショットもまた同じミスをしてしまうのではないかと心配でラウンドが楽しくなくなります。

今回の記事では、ゴルフの「ザックリ」「チャックリ」を防止する練習法をご紹介します。

ラウンド中にスイングのことを考えていると、ゴルフになりません。狙い場所に運ぶのに集中するためにはショットを安定させることが求められます。ご紹介する記事の内容をチェックしていただき、ご自身の振りを確認してみてください。

ゴルフ|ザックリとチャックリの違い

用語は違えど、同じものと認識している人が多いのが現状です。しかし実は違います。説明しますと、両方とも手前の地面を打ってしまいますが、ザックリはダフリよりも球が半個分手前、チャックリはそれより球が半個分手前にヘッドが下りてきます。

9番アイアンの通常の距離が120ヤードとすると、ザックリは50〜70ydの半分ほど飛びます。チャックリは、その半分の20〜30ydくらいしか飛びません。ターゲット、風、クラブ選択など考えてショットを打ったのに、想定外の距離だとほんとにがっくりきますね…!

その原因は…?

ダフったりするには、やはり原因があります。その代表的な3つをご紹介します。

インパクトが緩んでいる

アマチュアゴルファーがよくやるショットです。バックスイングを大きく上げてしまうと、飛びすぎないようにするためどうしてもフォローが小さくなるのでインパクトが緩にザックリする傾向にあります。

合わせるのではなく、どんなに短くてもしっかりと振り切らないと、手前の地面にあたってしまいます。

ゴルフボールを上げようとしている

グリーン周辺のアプローチが苦手な人は、球を上げようとしてヘッドをしゃくり上げてしまいます。

そうなるとフェースの打点が不安定になるので、最下点が右寄りになったり、リーディングエッジ(フェースの刃)に当たりトップやホームランになったりしてしまいます。

体が回転していない

これもアマチュアゴルファーに多く、グリーンまで短いので手打ちで合わせにいってしまい、体が回転しないのでクリーンヒットすることができません。これだと芯でヒットさせる確率が低くなり、しっかりとスピンをかけることができません。

スイングが上手くいかない原因はグリップの握り方にもあります。一度チェックしてみましょう!

ザックリとチャックリを防止する3つの練習法

ミスを減らすことで、寄せワンの確率が上がりスコアをまとめることができます。しっかりゴルフの練習をしてレベルアップを図りましょう。

わざと打ってみる

わざと打つことで、原因を知ることができます。通常のアプローチのスタンスで構えます。ゴルフボール1~2個分右側にヘッドを置き、しゃくり上げるように打ちます。

球の位置を変えたり、打ち方を変えたりするなど、どんな状況でザックリが出るかがわかるので、コースで防ぐことができます。

ビジネスゾーンの練習

ゴルフクラブのヘッドの動きが「腰から腰までの範囲」のことをいいます。画像をみてください。インパクト前後の動きになります。

最初は、アドレス幅の足から足まで動かし、膝から膝、最終的には腰から腰と振り幅を大きくしてスイングをしていきます。そうすることで、ゴルフクラブの動きを安定させることができますので、インパクトの緩みを防止することができます。

ビジネスゾーンをマスターするレッスン方法です!今日の練習で試してみてください!

右手首の角度を固定する

ゴルフでザックリしないようにするには、アドレスで構えた時にできた胸の前にある両腕の三角形と右手首のテイクバック→インパクト→フォローまで固定することが重要です。

固定するコツは、ハンドファースト気味にゴルフクラブを構え、その時にできた右手首の角度をキープしたまま打ちます。テイクバックとフォローが同じ振り幅になるように意識してスイングしましょう。

注意点として、無理にコックを作らないようにしましょう。急激に作ってしまうと意識しすぎて上体が突っ込んだりする可能性があるので気をつけましょう。

コースで急に出た時の応急処置!

突然ゴルフコースでザックリやチャックリが出た時は、下記の3つを試してみてください。応急手当でしのぐ方法です。あくまでも緊急処置ですので、ラウンド後はどこか悪かったのかしっかりとチェックしてみましょう。

ボールを右寄りに置いてみる

急にコースで出てしまうと、スイングを直しがちですが、それをやるとリズムなどが狂ってしまい、残りのホールはゴルフどころではなくなってしまいます。

そうならないためには、球の位置を少し右寄りに置いて、ヘッドが落ちる場所にボールを移動させましょう。そうすることによって、付け焼刃的ですが当たるようになります。その時は忘れずに体も回転させましょう。

ゴルフクラブを短く持つ

ゴルフで打ち損じしないためには、手や腕、肩などにできるだけ余計な動きをさせないことが大切です。ショットを打つときは、緩まないアドレスやインパクトを作らないといけません。

そのためには、足を揃えてクラブを短く持ってボールの近くに立ちます。小さく構えることで軸がブレないのでヘッドの操作性が良くなります。ゴルフ場で急に調子が悪くなると、グリップを短く持つことでコンパクトな振りになるので、大崩れしなくなります。

グリーン周りを効率よく攻めるためには、1つの型をマスターすることをおすすめします!

まとめ

ザックリとチャックリを防止する3つの練習法はいかがだったでしょうか。アマチュアゴルファーはなかなかパーオンができませんので、アプローチの寄せワンでしのいでいかなければいけません。

ゴルフはアプローチが安定するとスコアもアップしてきますので、ぜひご紹介した練習方法などを試していただき、次回のゴルフにつなげてください。

 

↓↓アイアンの「ダフり」の人気記事です。ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

東京都内のゴルフレッスン!おすすめスクール BEST7

東京都内おすすめのゴルフスクールを大特集!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなたのために選 ...
  • 雑学
  • 40

楽天ゴルフ保険がお得!月額たった230円で充実サポート

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 576

ライザップゴルフ体験取材!スコアップ2つの秘訣を調査

結果にコミットのライザップゴルフ。一度は行ってみたいと思ったことありませんか?これまでのレッスンプログラムといったい何が違うのか?ど ...
  • 雑学
  • 114

飲み会続きで疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り戻す …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 87

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 197

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる2つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 629

特集一覧